空条承太郎が『ジョジョ』最強の男たる理由と意外な魅力を徹底考察





『ジョジョの奇妙な冒険』史上最も長く活躍した主人公・空条承太郎について考察しました。作者が最強と言ってはばからない王道主人公として有名ですが、ファンなら彼の秘めた熱い心や意外な人間臭さにも注目したいところ。実写映画情報もあります。

第3部主人公にして作者・荒木飛呂彦も認める『ジョジョ』最強の男

空条承太郎のプロフィール


ジョジョの奇妙な冒険 第3部 1(出典:Amazon)

  • 身長:195cm
  • 体重:82kg
  • 星座:みずがめ座
  • 血液型:B型
  • 好きな人・もの:千代の富士、久保田利伸、飛行機や船に関する本
  • 口癖:「やれやれだぜ」「オラオラ」
  • 特技:タバコを5本ふくみ口に入れ火を消さずにジュースを飲む

『ジョジョの奇妙な冒険 Part3スターダストクルセイダース』の主人公。第2部の主人公ジョセフ・ジョースターの孫にあたり、第3~6部に登場。1970年または1971年生まれで、第3部作中の1988年時点では17歳の高校生。イギリス系アメリカ人の母と日本人の父を持つハーフ。

行動力と冷静さを兼ね備えた完璧な主人公

冷静沈着で頭脳明晰。かつ根は正義感の強い性格ですが、周りにどう思われるかなどを全く意に介さないため無口で、かつ腕っぷしが強いために周りからはとんでもない不良として恐れられがち。しかし打ち解けた仲間とは深く理解し合うタイプで、また女生徒からは男らしさとルックスで好かれているようです。

しかしそんな男らしに反し、やられたことは根に持ってやり返す、細かくメモを取るといったよく言えば学者気質な面もあり、第4部では海洋学者になっているのもそういった気質からなのかもしれません。

無口なのに存在感抜群!最強の男の学ランと学帽の秘密


出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式Twitter

作者の荒木飛呂彦は承太郎のモデルは西部劇でのクリント・イーストウッドだと述べていて、いつも学帽を被っているのもそのイメージからなのだそうです。また衿に鎖つきの番長然とした学ランもめったに脱ぎません。服装を固定したのはどこから見ても承太郎とわかるようにするためで、特に決して脱がないことからいっそ一体化させてしまおうということで帽子は髪との境目が解らないように描かれているのだとか。

その意図通りにどちらも承太郎のトレードマークとなり、高校卒業後の第4~6部でも学ランに似たロングコートと前につばのある帽子を身につけて登場しています。

恐るべきパワーと精密動作性!最強のスタンド「スタープラチナ」


出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式Twitter

スタンド「スタープラチナ」
破壊力 – A / スピード – A / 射程距離 – C / 持続力 – A / 精密動作性 – A / 成長性 – A→E(完成)

パワーと精密動作性の両方に優れた、作者曰く最強のスタンド。力勝負では他のスタンドに負けることはほぼないでしょう。決め技は通称「オラオララッシュ」で、破壊力のある拳を素早く連打してぶちのめします。

他にも花京院らからDIOの肉の芽を抜く、写真に写ったハエのリアルなスケッチをするといった精密動作性を生かし使い方もできるようです。作者の言葉にもありますが、「パワーとスピード」という王道要素を兼ね備えたまさに主人公らしいスタンド。