バッドエンドでも鬱映画でもない?『秒速5センチメートル』を考察してみた





新海誠監督の3作目となるアニメーション映画『秒速5センチメートル』。文学的と言われる新海節が炸裂している叙情的な内容で、鑑賞後の感想ではかなり評価が分かれる作品です。「鬱映画」「バッドエンドが辛い」という感想がある一方、「心に残る名作」「映像美がヤバい」「儚さがいい」という感想も。あなたはドッチ派!?

観た人によって評価が分かれる『秒速5センチメートル』


秒速5センチメートル [DVD](出典:Amazon)

『秒速』は観た人によってかなり評価が分かれる作品です。よく聞かれる低評価をまとめると、「鬱になる」という声を多く聞きます。

みなさん、やはりラストの救われない感がたまらず、鬱になりそうだったということですね。確かに、捉えようによってはそうかもしれません。しかし、一方で作品の深い部分を感じ取れたという方たちは、「救いがある」「心が浄化された」と感想をつぶやいています。

筆者としては、『秒速』は決してバッドエンドでも鬱になるような物語でも無いと思っています。それは何故なのか?『秒速』の魅力をたっぷりとお伝えしたいと思います。

「桜花抄」の感想:電車・手紙・一人語り

まずは、作品の冒頭に描かれている「桜花抄」について感想をお伝えします。ここでキーワードとなるのは、「電車」「手紙」「一人語り」です。

小学校時代の貴樹と明里の絆がハンパない!

「桜花抄」では、お互いに転校生で、学校には居場所が無いと感じている貴樹と明里が描かれています。それゆえに二人はいつも一緒に行動し、図書館で借りる本も一緒、興味がある分野も一緒という、表面的ではない心の繋がりを持ちます。

しかもこの繋がり方がちょっと小学生にしては気持ちが悪いぐらい大人っぽくて、深い深い精神レベルでの繋がりを描いています。この描き方が後々効いてくるわけです。

雪と列車で新海監督の叙情感爆発!

『秒速』といえば、桜の花びらが舞い散る風景を小学生の二人が眺めている後姿が有名ですが、他にもまだまだ名場面がたくさんあります。たとえば、この映画で鍵となっているのが電車。主人公の二人は距離によって引き離されますが、その別れの場面に登場するのが電車なのです。

「桜花抄」の中での最も印象的な電車の使い方を挙げるならば、貴樹が雪の中を電車に乗って明里に会いに行った場面でしょう。ここで雪のために電車がかなり遅れてしまうわけですが、貴樹の一人語り×雪×電車の図が、もうかなり新海監督の叙情文学感を爆発させています。

新海監督は心象風景を実際の場面の背景として描くことが多いようで、まさしくこの場面もその手法を用いています。これを「一人語りが気持ち悪い」と評する方もいますが、そのシーンが心に残ったという方もいます。

貴樹=手紙を無くす 明里=手紙を渡さない なぜ?

貴樹と明里は、転校で離ればなれになってからも文通を続けていました。中1の終わりに貴樹が明里に会いに行くと決断したとき、二人ともお互いへの手紙をしたためて会いに行きますが、貴樹は雪で電車が遅延するというトラブルに見舞われ、道中で書いた手紙を無くしてしまいます。

そして、明里。明里は、貴樹との再会後も書いた手紙を持っていましたが、結局、貴樹には渡さずじまい…。2週間もかけて書いた手紙を渡さない理由とは…やはり、実際に貴樹と会って明里は前を向いて歩く決心が固まったということでしょうか。

小学校卒業からわずか数ヵ月ですが、会わない間に二人の間には隔たりができていたと感じたのだと思います。自分の一部と思えるぐらいに貴樹と同化していた明里ですが、雪原でのキスを経て、貴樹のことを自分とは違う人間なのだということを感じ取ったということではないかと思います。

「コスモナウト」の感想:過去に縛られる男・貴樹v.s.明るい種子島の風景

三部仕立ての『秒速』の中で最も長い尺をとっている「コスモナウト」。しかし、初見での筆者の感想は「コスモナウト…この長さ必要!?」でした。突然、主人公が貴樹から花苗という種子島の女の子に代わり、描写もグンと明るい雰囲気に。この章が意味するものとは何なのかを考えてみました。