『黒執事』26巻のあらすじ・謎・伏線のまとめと27巻の発売と内容予想





女性から絶大な支持を得ている『黒執事』の最新刊では新たな謎も浮上してきました。いよいよファンが待ち望んだあの瞬間も近づきつつあるようです。ここでは26巻についての謎や伏線考察、次なる27巻の発売時期を予想します。

※2017年12月31日更新

『黒執事』最新刊26巻のあらすじ


黒執事26巻(出典:Amazon)

『黒執事』の26巻では、ファントムハイヴ家のタウンハウスが襲撃され、ソーマが重傷を負い、アグニはソーマを護り抜いたまま殺害されました。一方で、シエルが坊ちゃんの前に現れたことで、かつてない展開を迎えています。そして、待ちに待ったファントムハイヴ襲撃事件の真相にも近づいていくのです。

*ここでは双子を区別しやすいよう現シエルを坊ちゃん、本物をシエルと表記しています。

シエルと”シリウス”の存在

蒼い星はシエルの”指輪”と関係している?

ブラバッドを初め、お星様がたが”蒼き星”と呼ぶのは何なのか、それは坊ちゃんがつけている「ファントムハイヴ家当主を示す指輪」だと考えています。コミックはモノクロで書かれているので分かり辛いと思いますが、指輪の色は深い青。26巻でヴィンセントの妻も、シエルにこう話していました。

「綺麗でしょう 星のきらめきを閉じ込めた深い青」

『黒執事』26巻133話から引用

まさしく、キラキラを閉じ込めた”蒼き星”そのものです。また、坊ちゃんの血液型がシリウスであること、双子ならば同じ血液型なので、シエル復活のための血液採集をしていたと考えていいでしょう。

”お星様がた”とは一体何者なのか?

25巻では、スフィアミュージックホールの首謀者と思われる4人の人物は、現在ホールが置かれている状況について焦りを見せていました。「どうなさるの」という言葉使いから、女性も含まれているようです。”お星様がた”の部屋は星ひとつ、星ふたつといった星の数で分けられています。

また、他の3つの部屋にいる人物は言葉を発しましたが、ひとつ星の部屋にいる人物は、一言も発していません。でも、ブラバットがこの部屋に向かって「何とかします」と報告しているようなので、ひとつ星の部屋にいる人物が、この事件の黒幕と考えられます。

この中にいるのは一体誰なのでしょうか。それは、オスロの言う人物にヒントがあります。

「人間が持たない知恵を持つ何者かが ちょっかいをかけることによって 関わる者の人生が変化したりするんだ」

『黒執事』25巻124話から引用

まさしくアンダーテイカーのことですね。彼が関わったピザール・ドールは、亡くなった人たちの、死後がすっかり変わり果ててしまいました。こういった事から、黒幕はアンダーテイカーであると考えています。

アンダーテイカーの目的は?

アンダーテイカーの目的は、なぜシエルを生き返らせたいのかという、理由にもあると考えています。アンダーテイカーが”誰か”を生き返らせようとしていることは分かっていますが、過去シーンで、双子の区別がつかなかったことにも意味があると。

「まぁどっちでもいいや 小生にとってはどっちもファントムハイヴだ」

『黒執事』26巻131話から引用

このセリフから、シエルに固執しているようには見えません。ただ、ヴィンセントの写真を見て涙を流していたことから、シエルの体を土台にして、ヴィンセントのシネマティックレコードを繋いだのではないでしょうか。

ヴィンセントが殺害されたとき、魂を回収した様子は描かれてませんし、シエルの魂をセバスチャンが喰らってしまったのであれば、シエルの中に入っているのは、シネマティックレコードが繋がれたヴィンセントの魂。

そして、アンダーテイカーにとってのファントムハイヴ伯爵はヴィンセントのことで、双子は「ファントムハイヴ」でしかないということ。アンダーテイカーの目的は、本来の”ファントムハイヴ伯爵”の復活なのかもしれません。

『黒執事』ミステリアスな葬儀屋アンダーテイカーの謎に迫る

2017-03-06

ソーマ襲撃事件を考察

かがんだソーマと、向けられた銃口の位置との関係

失血死事件により魂の回収にきたグレル・サトグリフの意味深なセリフが、この先の展開の大きな伏線となっています。スフィア・ミュージックホールの裏側を暴いた坊ちゃんが、事件の手はずを整えているころ、ファントムハイヴ家のタウンハウスには不穏な空気が漂い始めます。

大雨が降るなか、誰かが馬車でタウンハウスを訪れます。

「おお お前か!寒かったろう早く入れ!ちょうどアグニのグラブ・ジャムンができたてだぞ」

『黒執事』25巻125話から引用