『ジョジョ』4部の愛されキャラ・広瀬康一の魅力は成長性と人の良さ?





『ジョジョの奇妙な冒険』第4部で最も愛される広瀬康一の魅力についてまとめました。その真っ直ぐな性格や成長性から、ある意味第4部のもう一人の主人公ともいえる彼は、作中でも重要な位置を占め、ここぞという時に活躍するキャラクターです。彼の魅力を知って、第4部にもっとハマってください! 映画のキャスト情報も!

成長性No.1の普通(?)の高校生・広瀬康一

広瀬康一(ひろせ こういち)のプロフィール


出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式Twitter

『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』の登場人物。主人公・東方仗助(ひがしかた じょうすけ)の友達で、同じぶどうが丘学園高等部の1年生。長身のキャラクターが多い中、康一の身長は157cmと15歳の男子としてもかなり小柄です。

作中最も親しみやすく読者に近いキャラクターで、物語への導入や語り部的な役割も担っており、第5部冒頭でも第4部からの橋渡し役として登場します。康一は作中でいろんな人に気に入られていて、特に変人や悪人にいつの間にか友達だと思われていることが多いです。勝手に寄ってこられて正直迷惑に思うこともあるようですが、それでも嫌と言わず付き合ってあげる人の好さが康一にはあります。且つ、ここぞという時には正義感で悪に立ち向かい成長していく雄姿に、周りの人間や読者は惹かれるのです。『ジョジョ』第4部は康一の成長物語でもあり、康一はもうひとりの主人公ともいえます。

『ジョジョ』4部主人公・東方仗助!荒木飛呂彦お気に入りの魅力とは

2017-02-27

音から重力まで操るスタンド「エコーズ」の強さは“成長性”!


出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式Twitter

スタンド「エコーズ」
虹村形兆(にじむら けいちょう)に矢で射られたことによって康一が得たスタンド「エコーズ」。最初は卵のような姿で全く動きませんでしたが、康一が危機に立ち向かうたびに成長し、姿も能力も3段階に変化していきました。以下、その過程ごとに説明します。

ACT1 【破壊力 – E / スピード – E / 射程距離 – B / 持続力 – B / 精密動作性 – C / 成長性 – A】

卵が孵化する形で成長したしっぽの長い小動物のようなスタンド。能力は音を文字にして相手の体にしみこませ、何度も聞かせること。それによって精神的にダメージを与えるという攻撃方法が主に用いられます。

ACT2【破壊力 – C / スピード – C / 射程距離 – B / 持続力 – B / 精密動作性 – C / 成長性 – A】

音が文字(擬音)となり、その文字の元となったエネルギーがそのまま攻撃となります。例えばドジュウウという焼き付く擬音は触れたものを焼き、風の音なら吹き飛ばします。見た目はややいかつくなり、しっぽの先が擬音の形に変形するようになりました。

ACT3 【破壊力 – B / スピード – B / 射程距離 – C / 持続力 – B / 精密動作性 – C / 成長性 – A】

重力を操り、人や物を重くします。射程距離は5mと短くかつ人体なら片手くらいの範囲にしか使えませんが、その重さは強力。スタンド自体は人型に近く自我があり、康一とは言葉で意思疎通をします。

愛されすぎ!?由花子や露伴を惹きつける人の好さと成長性

山岸由花子は広瀬康一の将来性に恋をする


出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式Twitter

康一の魅力のひとつである成長性を最も早く見出し、恋い焦がれたのが同級生の山岸由花子です。康一がエコーズACT1で初の戦いを終えた頃から、彼の男らしさに気付いたという由花子。なかなかの慧眼(けいがん)です。由花子によると、男の魅力は将来性であり、康一にはその輝きがあり、そこを好きになったとのことでした。