『3月のライオン』幸田香子は悪女!? 零や後藤との関係は?





羽海野チカ原作漫画『3月のライオン』の中で、登場当初からザラザラとした違和感たっぷりの存在感を発揮していたのが、幸田香子。気が強くてプライドが高くて他人の不幸が大好き…そんな風に見える香子ですが、本当に香子は悪女なんでしょうか!? 気になる零や後藤との関係も総ざらい!

幸田香子の基本プロフィール


出典:TVアニメ「3月のライオン」公式Twitter

まずは簡単に幸田香子のプロフィールをおさらいしておきましょう。幸田香子は零が引き取られた幸田家の長女。零より4歳年上ですが、零に将棋で負けることが続き、父・柾近に落伍者のレッテルを貼られます。

美人でカリスマ性もある香子ですが、以後は荒れた生活が続き、父と同じプロ棋士で妻帯者である後藤と不倫関係に。嵐のように激しく、プライドの高い繊細な女性です。

【関連リンク】アニメ『3月のライオン』はhuluで全話配信中!

幸田香子と桐山零の関係は?


出典:TVアニメ「3月のライオン」公式Twitter

原作漫画登場時から何だか不穏な空気を醸し出している二人ですが、原作漫画が12巻まで進む中で徐々に二人の幼いころからの関係性が明らかになってきました。

ここでは幼いころの二人の関係性と、零が家を出るまでの関係、零が家を出てからの関係についてまとめます。

幼い頃から強気でプライドが高かった香子

零が引き取られた幸田家の長女として君臨していた香子。幼いころから香子は気の強さを発揮!零のことを「ゼロ」と呼び、「何も無い」と罵倒。さらに零に負けたときには零の顔をひっぱたくほどの激しさを見せます。その度量の狭さを父に責められ、庭に出されても、香子は一切ひるむことはなく、決して零にも父にも謝ろうとはしませんでした。その凛々しい立ち姿には幼いながらにして既にカリスマ性さえ感じるほど。

香子には歩という零と同い年の弟もいます。歩は香子よりも穏やかな性格ということもあり、将棋の才があるのは香子のほう。零が幸田家に来るまでは幸田家の中でプロ棋士にと期待されていたのは香子だったはず。つまり、零が来なければ香子は一身に父・柾近の愛を受けていたということです。父の愛をかっさらっていった零に香子は激しい憎悪を抱くのも当然ですね。

父・柾近の一言で居場所を失った香子

香子は中2のころ、父・柾近から「零に勝てないなら…」とプロへの道を諦めるよう諭されます。零と香子は4歳違いですから、そのころ零は小学5年生。以後、香子は街で遊ぶような荒れた生活に。

たった14歳で未来への希望を絶たれてしまった香子の絶望は計り知れません。香子は零や柾近が腫れ物に触るかのように香子と接することも耐え難い屈辱だったよう。零に対し「居場所がない」と言い放った香子ですが、実は幸田家の中で居場所を失ったのは香子のほうでした。

零の部屋で添い寝した時の心境とは?

原作ではいつのころの話なのか明示していませんが、香子が零の部屋へ忍び込んで添い寝をするという描写があります。二人の間にどんなやり取りがあったのかはわかりませんが、零と香子は一般常識でははかれない何らかの結びつきがあると言えるでしょう。

零への感情は恨みや憎みだけじゃない?

零はプロ棋士になり、とうとう幸田の家を出て独立することに。と言っても、家を出るきっかけは香子でした。香子が不倫相手の後藤と会いたいがために家を出ると言っているのを見かねて、零のほうが家を出る決断をしたのです。

嫌っていた零が家を出る…このことは香子にとって喜ばしいことなのでは?と思いますが、香子はこの零の行動を「自分から逃げる」と感じ、寂しさを感じていたようです。

その後香子は、零が大切な対局を迎えるときに相手の棋士の嫌な情報を持ち込んだりと、零を混乱させるような行動を平気でとるようになります。零が嫌なら会わなければいいのに、自ら会いに行き、零にとってマイナスとなる情報を吹き込む…ここまでくると、自分から離れようとする零を繋ぎとめようとする香子の不器用すぎる行動が愛おしくさえ感じますね。

香子は零との関わりで変わるのか?

零と香子のこの微妙な関係。3巻あたりまでは、香子に関わればきっとグジャグジャにされて骨の髄までしゃぶりつくされてしまうと分かっていながらも、関わらずにはいられない香子の魅力にハマる桐山零少年の図…が浮かんでいました。しかし!零が川本姉妹と関わり温かい棋士仲間たちと交流するようになり…12巻現在の段階では、その図は崩壊したと言って良いでしょう。

羽海野チカ先生も、実写版『3月のライオン』試写を観た感想の中で「香子と零の2人の関係性については、原作でまだ描いていない部分もありますが、この2人は過去にいろいろあったんだなぁということがちゃんと伝わってきた」とコメントしており、零と香子の関係は過去のものであるということが分かっています。

ただ、零にとって香子が大切な人であることには変わりありません。今後、零の関わり方によって香子がどのように変わっていくのか、が注目ポイントです。