料金や画質、再生機器は?dTVのメリット&デメリットまとめ





dポイントが貯まる

dTVを利用しているとdポイントが貯まります。貯まったdポイントは、dストアの買い物や、dTVの単品購入にも使用できます。ドコモ以外の他社キャリアの利用者でもポイントを貯められるのでお得に動画を楽しめます。

【関連リンク】dTVへの登録はコチラから

dTVのデメリット

ゲーム機に未対応

他の動画配信サービスではプレイステーション4やWii Uなどのゲーム機でも動画を再生できますが、dTVでは対応していません。

同時に複数再生できない、登録できる端末は5つまで

パソコンやスマホでdTVを利用する場合、事前にアカウントを設定する必要があり、登録できる端末は5つまでなので、いろいろな環境で利用したい人にとっては注意しておきたいポイントです。登録したデバイスでも同時に再生することはできないので、家族と共用するのは難しそうです。

最新作など一部有料の動画がある

すべての動画が見放題ではなく、最新作や一部の動画を視聴するには有料で課金が必要な場合があります。

海外ドラマが少ない

日本向けの動画配信サービスなので、国内のドラマ・アニメはかなり強いのですが、定番の海外ドラマでも、他の動画配信サービスと比べると少なく、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

たくさんの動画をお手頃価格で楽しみたいならdTVがオススメ

動画配信サービスの中で動画数、価格で考えるとコスパが一番いいのはdTVだと言えます。特に日本のドラマ・アニメを楽しみたい人にはdTVをオススメします。

【関連リンク】dTVへの登録はコチラから