『夏目友人帳』レイコの夫は誰?死因やニャンコ先生との関係も考察





『夏目友人帳』の謎多き人物といえば、夏目の祖母レイコです。特に死因やニャンコ先生との関係については、ネット上でも様々な考察がされていますが、回想シーンにしか登場しないレイコやニャンコ先生からみえる伏線に焦点をあてて考察していきます。

夏目貴志の祖母・夏目レイコとは?


出典:Amazon

緑川ゆき原作による『夏目友人帳』は、2003年から「LALA DX」で連載中のファンタジー漫画。コミック本は2017年2月現在21巻まで刊行されている人気作品です。そのなかの登場人物のひとり夏目レイコは、すでに故人として『夏目友人帳』の回想シーンでのみ登場する夏目貴志の祖母です。妖を見ることが出来るだけでなく、強い妖力をもっていたので、妖を祓うこともできました。

しかしその力は、普通の人間には当然理解できないものです。人間が誰も近寄らなくなったレイコは、妖を相手に勝負を挑み、負かした妖には友人帳に名を書かせていました。貴志の推測では、名を奪われた妖怪が返してもらいにくるのを待ってたのではということ。レイコはそれだけ寂しい思いをしていたのではないかと考えていました。

しかし、中には心良く思わない妖もいたようで、レイコの死後は夏目を襲うものもいたのです。

レイコが友人帳を持つ理由と妖に狙われる理由

普通の人間にとってレイコの力は理解しがたいものなので、誰もレイコのそばに近寄ろうとはしません。だからレイコは妖を相手にいつも勝負を挑んでいました。そして、負かした妖には友人帳に名を書かせていましたが、実は妖怪にとって名はとても重要なものなのです。

古くからの言い伝えによると、人間が妖怪に名前を知られたら呪われてしまい、逆に人間に名を知られた妖怪は、その人間に服従しなければならないといわれています。

だから、友人帳に名を書いた妖たちは、たとえどんな嫌なことでも、レイコに従わざるを得なくなる。妖のなかでレイコに好意を抱いていた妖もいましたが、恨みを抱いていた妖も多く、何とかして名を取り返そうと狙っていたのです。これがレイコの死因に繋がるかどうかは不明ですが、いつも妖に狙われていたということは確かです。

レイコが友人帳に名を書かせていた理由としては、妖を従わせるためではなく、妖たちのなかだけでも自分の存在を覚えておいて欲しいと願ったからなのかもしれませんね。

夏目レイコの夫(祖父)は誰かを考察

レイコの夫なる人物(人間説)

夏目貴志の母はレイコの娘ですが、人間と関わらなかったはずなのに、どうして夏目の母を産むことが出来たのでしょうか。レイコは結婚はしていなかったようなので、いわゆるシングルマザーということですよね。若い頃、木の下で亡くなったということだけ明かされていますが、それ以上のことはまったく謎です。

最近、変わった人に会ったのよ。人間のくせにこの私に話しかけてくるの。木に登ったら危ないとか、もう遅いのに外を出歩くなとか。男のクセにこうるさくて苦手なんだけど、たぶん他の町に住んでいてふらっとこの町にくるみたい。その人が時々おまんじゅうを買ってくれるの。

アニメ『夏目友人帳 伍』1話より引用 

アニメ5期1話では、レイコに近寄ってくる人間の男性の話が出ています。妖を見抜く目はあると思われますので、たとえ妖が人間に化けていたとしてもレイコにはわかるはずです。また、このセリフから男性のほうも、レイコを心配する様子が伺われますので、レイコの夫のような存在に一番近いのではないでしょうか。

レイコの夫なる人物(妖説)

一方で、相手は妖ではないかという考察もあがっていますが、レイコがそういったことで妖を相手にするでしょうか。たとえそれが最上級の斑だとしても、レイコにとっては妖にしか過ぎないはず。