『ボールルームへようこそ』がファン待望のアニメ化!本格ダンス漫画の魅力





20017年7月からアニメが放送される『ボールルームへようこそ』。原作は竹内友が月刊少年マガジンに連載中の本格ダンス漫画で、2013年にはマンガ大賞で第2位にもランクインしたことのある人気作品です。アニメ放映開始前に、この作品の熱すぎる魅力を教えちゃいます!

男も女も熱い!本格ダンス漫画『ボールルームへようこそ』

月刊少年マガジン連載中、竹内友原作の王道スポ根ダンス漫画


出典:Amazon

月刊少年マガジンで大好評連載中の本格ダンス漫画『ボールルームへようこそ』。作者は竹内友(たけうち とも)で、何も打ち込めることがなかった中学生・富士田多々良(ふじた たたら)が、多くのライバルや指導者たちとの出会いを通じて社交ダンスの世界に熱中していく姿を描いています。

多々良がダンスに興味を持ったきっかけは、中学生にしてすでにダンスでの海外留学を視野に入れている同級生の美少女・花岡雫(はなおか しずく)と、世界的プロダンサーの仙谷要(せんごく かなめ)のダンスの“熱”に圧倒されたことでした。その日から、心と体に火が付いたようにダンスにのめり込む多々良。彼の熱がライバルたちにも火をつけ、全力の切磋琢磨の中、少年たちと少女たちは強く美しくダンスの世界で成長していきます!

ファン待望!多々良たちがアニメで動く!踊る!

TVアニメ「ボールルームへようこそ」 第2弾PV

原作の熱のこもった筆致によるダンス描写もゾクゾクするほどですが、だからこそ、アニメで本当に動く『ボールルームへようこそ』の世界を見たいというファンの声は以前から上がっていました。その待望のアニメが、ついに2017年7月からTV放送されることが発表されました。現在PVは第2弾まで発表されていて、監督の根津匡覧(『電脳コイル』作画監督)を始め、シリーズ構成の末満健一、キャラクターデザインの岸田隆宏、音楽のゆうきらの名が挙がっています。製作は『攻殻機動隊』シリーズなどで有名な「Production I.G.」。キャストなどは続報に期待です!

“本格”ダンス漫画といわれる秘密!作品の魅力とは?

徹底した取材と画力で紡ぎ出される社交ダンスの世界

「ダンス漫画」に分類される作品は少なからずありますが、ここまでリアルな社交ダンスの世界を描いた作品は他にはないでしょう。その秘密は作者の徹底した取材と画力にあります。とにかくダンス描写が熱いのです! 常に笑顔を絶やさず踊るダンサーたちの美しさだけでなく、その裏にある並々ならぬ緊張や筋肉の動き、そしてあふれるほどの高揚感。それらすべてを、竹内友は画面いっぱいに描き出します。ここはアニメ化でもどう表現されるかが期待される点ですね。

そして物語にリアルさを与えているのが、中学から高校さらにその先へと進路を進める主人公の多々良たちが、プロを視野に入れている点です。ただ部活で踊るのが楽しいという作品もあっていいわけですが、実際問題として高校生がそうメジャーな競技でない社交ダンスを続けるにあたって、どこを目指すのかという問題があります。多々良たちは悩みつつ壁にぶち当たりつつも、自分の才能と熱意をフル回転させて、厳しいプロの世界に挑んでいくのです。ここに『ボールルームへようこそ』のリアルな熱さがあります。