『キャプテン翼』の原作は本当につまらなくなった?アニメ始動で再注目にも期待





連載開始から35年以上続くサッカー漫画の代表作『キャプテン翼』。新アニメ始動の情報を受けて原作に再び注目が集まっています。最近の展開はつまらない、そういった意見も多く見かけますがその原因はどこにあるのか、ファンの視点から独自に分析。新アニメに期待するファンの声などもまとめました。

2018年4月『キャプテン翼』15年半ぶりのアニメ放送

声優も一新!大空翼役に三瓶由布子、若林源三役に鈴村健一


キャプテン翼 ワールドユース編12(出典:Amazon)

「ボールは友達」で有名な、1980年代に大人気となったサッカー漫画『キャプテン翼』(高橋陽一原作)はこれまでに何度かアニメ化もされ、劇場版も作られてきました。その人気は、現実の日本のサッカー界にも多大な影響を与え、現在日本のサッカーがワールドカップの常連のようになっているのもこの作品があったからだ、ともよく言われています。

その『キャプテン翼』が声優陣も新たに、2018年4月から新アニメの放送が決定しました。新アニメキャストは、大空翼役に三瓶由布子、若林源三役に鈴村健一、崎太郎役に福原綾香、日向小次郎役に佐藤拓也など、人気声優が演じることが決定しています。

描かれるのは小学生時代

TVアニメ『キャプテン翼』ティザーPV【2018年4月テレビ東京にて放送開始予定】

今回の『キャプテン翼』で描かれるのは、公式動画からも分かりますが小学生時代のようです。小学生編はファンの間でも人気の高いところですし、翼の初登場から描けるので初めて見る層にとっても分かりやすく、取っつきやすいかと思います。また、翼にとって今後もずっと関わっていくことになるライバルたちともこの時代に出会うので、ここで初めて『キャプテン翼』にハマったという方にも、原作コミックに興味を持ってもらえるかと思います。

公式動画を見ると、「バスの下からパスを通す」という例のシーンも含まれるようですし、往年のファンにとっても懐かしく、嬉しいですね。子供が真似したら危ない、という意見も出ているようですが、ここは思い切ってそのまま再現してくれてよかったと思います。このシーンがあるならきっと「京〇線の上りと下りのホームでパスをし合う」あのシーンもあるに違いありません。どこまで原作通りに再現されているのか期待したいところです。

『キャプテン翼』漫画の小学生編以降のあらすじと現在

中学時代、ジュニアユース時代、それ以降のあらすじ


キャプテン翼 GOLDEN-23 6(出典:Amazon)

『キャプテン翼』は小学生編までしか知らない、という方のために、ここで少し、中学生編、ジュニアユース編、その後のあらすじをご紹介します。

岬、若林といった、翼にとって心強い存在だった2人が南葛市から去った後、南葛中学に進んだ翼はそこでもサッカー部に所属、南葛中を2年連続で優勝に導きます。主に描かれているのは3年生の時で、打倒翼を目標にそれぞれ特訓や練習を重ね、攻略法を編み出してきたライバルたちとの激闘が描かれています。特に決勝戦の南葛中VS日向率いる東邦学園中の試合はファンの間でも「名試合」と高い評価を得ているエピソードですので是非読んで頂きたいところです。

ジュニアユース編では、序盤は翼が怪我を理由に参加していなかったり、チームのキャプテンが定まらずに迷走、さらに練習試合でボコボコに負けてしまうという不穏な雰囲気で始まります。しかし翼が復帰、また海外で活躍していた若林と岬が日本チームに合流するとまとまりを見せ、世界の強豪相手に苦戦しながらも前に進んでいく…というストーリーが描かれています。日本チームだけでなくどのチームも魅力的に描かれているので個人的には好きなエピソードです。

ここまでがいわゆる「無印編」で、一旦連載は終了しますが、その後1994年から「ワールドユース編」がスタート、ワールドカップと連動した「ROAD TO 2002」や「海外激闘編 EN LA LIGA」などで高校以降の翼らの活躍を描いた作品が発表されていきました。

『キャプテン翼 ライジングサン』は休載しながらの連載中


キャプテン翼 ライジングサン 3(出典:Amazon)

2018年1月現在、漫画『キャプテン翼』は「ライジングサン」が「グランドジャンプ」にて連載中です。翼たちの世代は「ワールドユース編」以降皆プロの道に進み、このライジングサンでは翼がU-23のキャプテンとしてチームを率い、オリンピックでの優勝を目指すストーリーが描かれています。

これまでのシリーズでもたびたび休載や打ち切りなどありましたが、ライジングサンでも長いこと休載を挟み、また再開したりと無印の頃に比べると安定感はありません。ワールドカップやオリンピックなど、現実の世界の動きと合わせていたりするのでそこは面白い試みだと思うのですが、「キャプ翼」の黄金時代を知っている者からすると最近の漫画はどうしちゃったんだろう?と思わざるを得ない部分もあります。ただ、開始からもう35年以上、連載が続いていることや、全シリーズ合わせて単行本が100巻に到達したことは凄いことだと思います。

『キャプテン翼』はつまらなくなった?原因はどこにあるのか

中途半端なリアリティを追求した結果、キャラの個性が失われている


キャプテン翼 ROAD TO 2002 15(出典:Amazon)

「ライジングサン」に限らず、無印以降の作品については、残念ながら、ファンの間からは「昔ほど面白くない」「つまらない」といった声が多く上がっているのも事実です。では、その原因はどこにあるのでしょうか。