笑って、泣いて・・・、失恋した時に本当に観るべきオススメ恋愛映画10選





一言で失恋と言っても、その形は様々です。片思いにしてもカップルにしても、人の数だけ失恋の数もあります。今回は、そんな失恋をした時に本当に観るべき恋愛映画10作品をご紹介します。笑って、泣いて、自分と重ねて・・・次の恋愛に向けて新たな一歩が踏み出せる映画と出会ってみませんか?

『エターナル・サンシャイン』(2005年/アメリカ)

恋と記憶にまつわるSFラブストーリー


エターナル・サンシャイン(出典:Amazon)

別れた恋人との記憶を消すことを決意した男のSFラブストーリー。記憶を消すというアイデアは映画では多く使われていますが、今作が面白いのはその描き方です。このSF的要素が日常に寄り添うような形で描かれることによってリアルさを帯びているため、自身の経験に重ねて感情移入することができます。これを機に恋の記憶と向き合ってみるのもいいかもしれません。

綿密なシナリオの仕掛けに唸る

アカデミー賞で脚本賞を受賞したのも頷けるほどの綿密なシナリオも今作の特筆すべき点です。冒頭で頭に浮かんでいた「?」が、物語が進むにつれて取り払われていき、最後には唸る仕掛けが待っています。失恋した時に観るべき物語ですが、その完成度の高さに失恋の記憶も飛んでしまうかもしれません。

『小さな恋のものがたり』(2005年/アメリカ)

苦くて甘い初恋の記憶がよみがえる!


小さな恋のものがたり(出典:Amazon)

幼馴染に恋をした少年が、恋の甘さも苦さも知りながら成長していく物語。今作は主人公の少年・ゲイブの視点を通して描かれているのですが、初々しくありながらもどこかリアルで、かつて初恋をした時の記憶がよみがえる隠れた名作です。失恋した時にこそ、初恋を思い出して恋というものを見つめ直してみませんか?

微笑ましくて温かい気持ちになる

今作の登場人物は少年少女だけでなく大人にも微笑ましくて魅力的な人物が多く、クスりと笑わせてくれるユルいコメディ要素もあり、鑑賞後にはとても温かい気持ちになります。もちろん全てが丸く収まるわけではなく、うまくいかないこともしっかりと描かれているため、説得力のある「恋のものがたり」で心を癒してくれるはずです。

『そんな彼なら捨てちゃえば?』(2009年/アメリカ)

多種多様な恋愛観に触れられる恋愛群像劇に共感


そんな彼なら捨てちゃえば?(出典:Amazon)

様々な悩みを抱えた男女が、恋愛を通して自分なりの道を見つけていく恋愛群像劇。夫婦やカップル、そして恋人がいない男女など、多種多様な恋愛観を持った登場人物たちを通して恋愛のカタチが描かれています。登場人物たちのセリフには共感できる部分が多いため、今抱えている悩みと向き合うきっかけになるかもしれません。

単なるハッピーエンドでは終わらないのが面白い

当然のことですが、全ての登場人物の物語がハッピーエンドで終わるわけではありません。うまくいく恋もあれば、うまくいかない恋もあり、曖昧なままの恋もある。そのリアルな恋愛模様が私生活とリンクしてさらなる共感性を得ることができ、そして、それでも次の道へ進む彼らを見れば新しい恋への活力を取り戻すことができるはずです。

『(500)日のサマー』(2010年/アメリカ)

全ての失恋男子に捧げる最高で最悪の500日


(500)日のサマー(出典:Amazon)

魅力的だけどどこか掴めない女性に恋をした男の、出会いから別れまでの500日間を描いた物語。はっきり言って今作は失恋男子こそ見るべき作品です。主人公トムが恋愛観のまったく異なる女性サマーと出会うのですが、翻弄されているのが分かっていても好きになってしまう男の性(さが)のようなどうしようもなさに共感すること間違いなしです。

500日間の描き方が秀逸で映像面も文句なし!

今作で特筆すべきなのが、500日間の描き方です。時系列をバラバラにすることで最後まで何が起こるか分からないドキドキ感を味わいつつ、トムの心情をより身近に感じることができます。また、ミュージックビデオ畑出身のマーク・ウェブ監督による映像表現は文句のつけようがないくらい独創的で、この点も楽しめるポイントになっています。

『ルビー・スパークス』(2012年/アメリカ)

理想の相手について考えさせられる作品


ルビー・スパークス(出典:Amazon)

落ち目の小説家と、現実の世界に現れた“彼が書いた女性”の出会いを描いたラブストーリー。理想の相手が目の前に現れるという誰もが妄想したことがあるシチュエーションを題材にした今作では、たとえ理想の相手であっても自分の行動次第で是非が変わるという皮肉が幻想的に描かれています。理想の相手は、自分自身と向き合うことで初めて出会えるのかもしれません。

ゾーイ・カザンの魅力と才能に惚れる

今作で製作総指揮、脚本、そしてヒロインのルビー役を務めたゾーイ・カザン。今作の完成度を見ればその才能は身に染みるほど感じることができますし、ルビーを演じた彼女の一挙手一投足がまた魅力的で、惚れずにはいられません。失恋した時の傷を癒やすと同時に、彼女の才能と魅力でその辛さを忘れることができる作品でもあります。

『世界にひとつのプレイブック』(2013年/アメリカ)

心に傷を負った男女のヒューマンラブストーリー


世界にひとつのプレイブック(出典:Amazon)