『おそ松さん』1期の人気回と話題回をまとめて解説!あの死後の世界説も考察





毎回あの手この手で視聴者を振り回してきたアニメ『おそ松さん』。第2期が始まった今こそ、第1期を見返してみてはいかがでしょうか。ノリやテンポだけでない味わいのある回を、考察&解説とともにピックアップしました。

第5話「エスパーニャンコ」“あの台詞”は実は…

細やかな演出!十四松の表情を彩る夕焼けの妙


出典:「おそ松さん」公式‏‏Twitter

第1話から何でもありのアナーキーなギャグアニメに見せかけておいて、突然のシリアスな展開で視聴者の心をさらにぐっとつかんだのがこの回。猫しか友達がおらずいつも何を考えているかわからない四男・一松。そんな彼を心配した五男・十四松が、良かれと思ってデカパン博士に相談した結果、一松の唯一のトモダチである猫が人の心を代弁するようになり、その能力で一松の本音をさらけ出してしまいます。

それまで謎の多かった一松がにわかに人間味を表し、彼を取り巻く兄弟たちの立ち位置もリアルに浮き彫りにされました。心を読める猫を小道具として、台詞を最小限に抑えて光と影や間で心の機微を表現した演出も見事な、まさに神回。特にその演出が光ったのは、十四松が無言で一松に猫を差し出すシーンです。十四松の「ごめんね」をニャンコに代弁させたことで、彼の兄弟を想う気持ちの純粋さが際立ちました。

夕焼けの陰影を使った演出は他の回でも見られますが、主に十四松の表情にニュアンスを加えるために用いられることが多いようです。第9話「十四松の恋」、第17話「十四松と嘘」などがそれです。

Aパート「カラ松事変」は本当に大オチのため?


出典:「おそ松さん」公式‏‏Twitter

また「エスパーニャンコ」を語るうえで無視できないのが、同じく第5話Aパートの「カラ松事変」です。こちらはおでんのツケの支払いのために、チビ太に誘拐されたカラ松が、兄弟たちに完全に見放されるどころか最後は総攻撃に遭う…という、本家赤塚テイストを想起させる話。このある意味ぶん投げのオチが、Bパートの「エスパーニャンコ」でも丸々存在を無視されるという大オチにつながるという構成でした。

そのため「エスパーニャンコ」はその大オチのための壮大な振りととらえられていますが、脚本の松原秀によると、「エスパーニャンコ」は感動させる目的で書いた話だそうです。かつ6つ子それぞれのお当番回を設定して全体の構成を作っていたとのことなので、どちらかといえば「カラ松事変」でカラ松の、「エスパーニャンコ」で一松のキャラクターを掘り下げたと考える方が正しいかもしれません。

『おそ松さん』次男・松野カラ松ってイタいけど一番カッコよくね?

2017-09-24

第7話「トド松と5人の悪魔」トッティが童貞である秘密

アニメ史に残る“あの顔”が生まれた人気回


出典:「おそ松さん」公式‏‏Twitter

いわば初のトド松のお当番回。兄弟に内緒でスタバァでバイトをし、学歴を偽ってまでリア充の仲間入りを画策したトド松を、偶然見つけた5人の悪魔、すなわち同世代カースト圧倒的最底辺の兄たちが引きずりおろします。全編テンポよく進むコメディですが、トッティの“あの顔”が結局はこの回のすべてではないでしょうか。 “あの顔”は、彼のアイコンとして定着しました。

トッティが童貞なのは兄弟のせい?あの顔のせい?それとも…

またこの回によって、複数の女の子とつきあのあるトド松がなぜいまだ童貞なのかのヒントも得られました。第3話「パチンコ警察」でも見られたとおり、どうやらトド松が一人いい目を見る段になると、5人の悪魔たちがこぞって叩き潰しにかかるようです。トッティの表面的な人当たりの良さに惹かれただけの女子なら、間違いなくここで去ってしまうでしょう。

加えて、キャラクターデザインの浅野直之によると、一見おしゃれに見えるトッティルックは、実は店の人に言われたままのコーディネートで、若干流行遅れなのだとか。第22話「希望の星、トド松」で「何も無し男」と呼ばれているのを見るに、彼の薄っぺらさは女子たちにもバレているようです。悪魔のせいだけじゃない! 付け焼刃の薄っぺらさのせい!

『おそ松さん』末弟・松野トド松はかわいいだけじゃないからイイネ!

2017-11-04

第7話「北へ」“『おそ松さん』死後の世界説”の発端


出典:「おそ松さん」公式‏‏Twitter

『おそ松さん』ファンの間でまことしやかにささやかれているのが、実は6つ子たちの物語は死後の世界を描いているという都市伝説です。そしてその発端となったのが、第7話「北へ」です。オーロラを目指し旅するデカパンとダヨーンのロードムービーで、列車にはねられ、ヒッチハイクで身ぐるみはがれと散々な目に遭いながら北へと進む2人を描いています。

これまでおそ松さんの主線は青で描かれていましたが、この話では最初は主線がすべて茶色なのです。しかしデカパンとダヨーンだけが、列車にはねられてから青の主線で描かれるようになります。ここから、茶色の主線は生者、青なら死者を表しているのではないか、つまり普段の話は死後の世界ではないかという説が生まれました。

確かにデカパン、ダヨーンと彼らと関わる2人のみが青線と徹底しているのは何か意味がありそうですが、あくまで一説にしかすぎないので、そのつもりで。

第9話「恋する十四松」十四松が救ったのは彼女の命か心か

【考察】恋した理由と失恋の理由と彼女の秘密


出典:「おそ松さん」公式‏‏Twitter

こちらも「エスパーニャンコ」と同じくらいの人気回。十四松が海辺で素振り中に出会った自殺志願者の女の子と、ある事故で助けられたことからデートする仲になりますが、女の子のある事情により失恋してしまうという悲恋の物語でした。台詞や説明を最小限におさえ、十四松の新ギャグと包帯とリストバンドをうまく小道具とすることで、切なさと余韻を印象付けたこの回。純粋に女の子を想い、最後は笑って見送った十四松とともに、偶然彼女の秘密を知ってから、弟を優しく見守ったおそ松の包容力も視聴者の胸を打ちました。

出会いと別れのシーンに「あの世説」の法則も

実はこの回も「あの世説」の法則にのっとっているとする見方があります。ラストシーンで新幹線に乗って去っていく彼女だけ、主線が茶色になっているのです。つまり十四松と出会ったときの彼女は、自殺願望から死後の世界(=6つ子たちのいる世界)に入り込んでいて、それを十四松が笑顔にして救ってやることで、生者の世界に返したのではないかと。それはそれで深い話になるし、なかなか粋な演出です。