努力、友情、青春!少年少女の活躍を描いた青春部活映画10選





人生で一度しか経験できないものは数多くありますが、その中でも矢のごとく過ぎ去る青春は、どんな経験にも増して記憶に深く刻まれます。今回はそんな青春を描いた作品の中でも、少年少女たちの努力や友情に焦点を当てた青春部活映画10作品をご紹介します。

『シコふんじゃった。』(1992年/日本)

廃部寸前の相撲部が勝利を目指して立ち上がる!


シコふんじゃった。(出典:Amazon)

廃部寸前の相撲部に入部した大学生が、自分の弱さと向き合い仲間と共に勝利を目指す物語。部員それぞれの葛藤を描きながら、相撲部としての成長も同時に描き、そしてキャラクターを活かしたコミカルさも忘れない。その後の部活モノの映画にかなりの影響を与えた作品です。カット割りで誤魔化されていない、体と体がバチンッとぶつかり合う場面は最高です。

相撲の魅力を交えつつ、「文化」が持つ暗部を照らす

単なる力比べでは終わらない相撲の楽しさや魅力を交えつつも、文化というものが持つ暗部を照らしているのも今作の面白いところです。人種、性別、世代など、様々な異なる視点から文化の必要性を問います。「そういうものだから」と理由もなく受け入れてきたものを、若者たちが自分なりに解釈して取り入れていく様は一種の通過儀礼のようなインパクトがあります。

『ウォーターボーイズ』(2001年/日本)

男子シンクロブームを巻き起こした青春部活映画の金字塔


ウォーターボーイズ スタンダード・エディション(出典:Amazon)

シンクロナイズドスイミングをやることになった男子水泳部が、様々なトラブルを乗り越えながら公演を目指す物語。男子シンクロ部が全国各地で設立されたりドラマ化も成功したりと、一大ブームを巻き起こした青春部活映画の金字塔ともいえる作品です。対立するライバル校などの存在がない分、トラブルや人物描写を際立たせていてワクワクしながら楽しめます。

輝かしい日々ばかりではないのが青春だと思い出す

青春という言葉はどこか輝かしいものを連想させますが、そこを輝かしいままで終わらせないのが今作の良いところです。高校生たちが抱える鬱屈としたものがコミカルに描かれているため、「わかるわかる」と思いながらクスりと笑ってしまいます。特に玉木宏演じる佐藤のセリフにはハッとさせられます。

『コーチ・カーター』(2005年/アメリカ)

不良だらけのバスケ部と名コーチの絆を描いた実話


コーチ・カーター スペシャル・コレクターズ・エディション(出典:Amazon)

不良だらけのバスケ部に赴任したコーチが、それまでにない方法で彼らの実力を引き出し勝利に導く物語。のちに全米で有名になったケン・カーターという実在のコーチを題材にした作品で、最初は反発していた部員たちとの絆が深まり躍進していくサクセスストーリーが、爽快かつ重厚に描かれています。キャストたちが実際にプレーしている試合のシーンも見応えバツグンです。

合理的な指導方法がリアルで面白い

物語を感動的にするために感情論を主体にする作品が多いですが、今作は実話に基づいているため、指導方法が合理的に描かれていてリアルで面白いです。バスケットボールだけでなく、学生の本業をおろそかにしないことや、互いに敬意を払うことの必要性を教えるなど、何かに本気で向き合うのに必要な“姿勢”を体に覚えさせる方法にこちらの背筋も思わず伸びてしまいます。

『ボックス!』(2010年/日本)

生まれつきの天才と努力の天才がボクシングでぶつかり合う


ボックス! スタンダード・エディション(出典:Amazon)

高校のボクシング部を舞台に、生まれつきの天才カブと努力の天才ユウキのぶつかり合いを描いた作品。こういう題材は無条件にワクワクします。カブに憧れていたユウキが努力を積み重ねて強くなっていき、やがて天才と同じ土俵でぶつかり合うまでの過程がテンポよく描かれています。カブが天才ゆえの挫折を味わった時の葛藤もあり、互いに色々なものを抱えた状態で向き合う、青春街道まっしぐらな作品です。

親友だからこそ本気で挑む姿に感情が高ぶる

カブに憧れるユウキと、ユウキを見守るカブ。物語中盤までは2人の関係は微笑ましいですが、ユウキの実力が上がるにつれその関係性が変化していきます。しかしそれでも2人の互いを想う気持ちに変化はなく、親友だからこそ遠慮せずに本気で挑む姿には心を揺さぶられ感情が高ぶってしまいます。市原隼人と高良健吾のファイトシーンにも注目です。

『幕が上がる』(2015年/日本)

弱小演劇部が全国大会を目指す!


幕が上がる (出典:Amazon)

目立った成績のない弱小演劇部が、自分というものを模索しながら全国大会を目指して結束していく物語。他の部活と違い明確な勝敗のラインがない演劇と、自分というものを模索する思春期の少女たちという2つの要素がうまく重なった見事な青春映画になっています。登場人物のキャラクター性を際立たせながらも、微妙な心情の変化も捉えられていて、年代を問わず共感できる作品です。