『おそ松さん』末弟・松野トド松はかわいいだけじゃないからイイネ!





ピンクの末っ子だからかわいいキャラかと思わせておいて、誰よりも強烈な顔芸や、カラ松も真っ青のサイコパスなドライモンスターぶりも見せる松野トド松。あざとかわいさの裏にあるダメなところが、いいスパイスになっているといっても過言ではないでしょう。これまでの名作回を振り返り、トド松を堪能してください。

あざとかわいいドライモンスター!松野家六男・松野トド松

プロフィール


松セレクション「末弟 トド松」 (出典:Amazon)

  • 誕生日:5月24日
  • 血液型:A型
  • イメージカラー:ピンク
  • 特徴:口がω、黒目が大きめ
  • 別名:トッティ、ドライモンスター

あざトッティとさえ呼ばれることもある、あざと可愛く女子力の高い松野家六男。兄弟たちからも言われているとおり、立ち回りが上手く甘え上手。コミュ力も高いようで、自然に女子と会話したりコーヒーショップでバイトしたりする様子が描かれました。松野家の中で唯一、友達的なものの存在をほのめかした男でもあります。着こなしもおしゃれで今風。長男・おそ松と比べると、一回りくらい世代が違うようにすら感じられます。

しかし彼の本性はあざとさや可愛さではなく、兄弟との絆を軽んじ、しれっとひとりで先へ進もうとするドライモンスターぶり。また外界の流行に敏感なせいか、ダメな兄たちへのツッコミは誰よりも厳しいです。しかしそんな彼も、同世代カースト最底辺からは抜けられない運命。外界基準では「なにもなし男」に過ぎないようです。

トッティを作った男!最年少のベテラン声優・入野自由


DARE TO DREAM(出典:Amazon)

トッティを演じた入野自由は、4歳から子役として活躍してきた若きベテラン声優。デビュー当初は俳優活動がメインで、現在もドラマや舞台に出演しています。代表作は『千と千尋の神隠し』(ハク)、『キングダム ハーツ』(ソラ)、『アイシールド21』(小早川瀬那)など。また2006年よりソロ、ユニットなどで歌手活動も行っています。

宮崎駿監督にも認められるリアルな演技に特に定評のある入野は、ドライモンスターと呼ばれるトッティの気持ちがよくわかるし似ている点も多いのだそうです。共演者の中でも最年少でありながら、芸歴は最長。だからこそ現場の空気を読み、注目を集める方法も熟知しているのでしょう。彼の演技力とキャラクターとのシンクロ性がなければ、あれほどまでに「あざとさ」でトド松がキャラ立ちすることはなかったといわれるのも納得です。

まずはかわいさ♡「復活!おそ松くん」など

ピンク担当のおしゃれな末っ子キャラをしらしめたF6回など


トド松 アイドルver デカアクリルスタンド(出典:Amazon)

「末っ子。奇跡のルックス、ビューティーフェアリー松野トド松」

出典:アニメ『おそ松さん』第1話 藤田陽一(監督)

あまりの節操のなさに早々にお蔵入りしてしまった『おそ松さん』第1話。今なお伝説となっているこの回から、トド松は兄弟たちから抜きんでてかわいさアピールのキャラでした。どう見ても彼だけ、目の大きさが違います。そして彼のみ、この回で与えられた女子力の高いルックス担当(自称?)という役割を、本編にも引き継いでいるのです。続く第2話ではさらにハロワの職員と軽口をたたき、女子2人と街を歩くという、まるでリア充のような姿すら見せました。この頃から、「あれ?トド松だけ無職(にせよ)童貞ではなくない?との疑問は浮上していました。

おしゃれだし女子とも普通にコミュニケーションをとれるトド松。そんな彼には、あざとさすらも適度なスパイスであり、徹底してかわいいを貫くのみです。

あざとかわいい女子力「じょし松さん」「トドずきん」


じょし松さん トド子(出典:Amazon)

また、パラレルエピソードなどでも断トツのかわいさを見せるトド松。6つ子が女体化した「じょし松さん」(第13話、第15話Bパート、第18話アバン、第19話Bパート)では、声の高さも相まって普通のゆるふわ女子として、あざとくかわいさを振りまいていました。さらに恐ろしいのが「デリバリーコント本当は悲しい赤ずきんちゃん」における通称“トドずきん”姿で、この時は仕草も口調もかわいさマシマシでした。

それを踏まえてよく見ると、第3話「銭湯クイズ」と第13話「事故?」のお風呂シーン、第22話「希望の星、トド松」の合コンの練習もどう見ても女子! このあたりは狙っているのか素なのかわからないところがなんか怖くもありますね。

トッティの神回「トド松と5人の悪魔」


出典:「おそ松さん」公式‏‏Twitter

「正直に言うよ。僕は兄さん達の存在が恥ずかしい」

出典:アニメ『おそ松さん』第7話 藤田陽一(監督)

かわいい担当として登場したトド松ですが、ファンが選ぶ最高のトド松回といえば、「トド松と5人の悪魔」をおいて他にないでしょう。6つ子全員無職童貞のはずが、なぜかおしゃれの権化スタバァでバイトし、女子と談笑した上に合コンにまで誘われてしまうトド松! その後登場した悪魔たちに向けた「アニメ史に残るいい顔」(一松役・福山潤談)のインパクトもすさまじく、トッティはあざとくかわいいだけでないことが分かった回でした。

兄たちに足を引っ張られるさまはかわいそうではあるけれど、どことなく安心感があってやはり笑えます。兄たちを普段から小馬鹿にしているせいか、理不尽な目に遭ってもどことなく自業自得感が漂うのも、トド松ならではですね。第2期でも早くも第5話で、ことごとく女子との関りを兄総出でぶった切られています。

本性があらわになった衝撃回「トド松のライン」


出典:「おそ松さん」公式‏‏Twitter

「え?え~!トッティえ~!!ジム…通ってんの!?」
「うん」
「聞いてないんだけど!」
「言ってないからね」

出典:アニメ『おそ松さん』第14話 藤田陽一(監督)

「トド松と5人の悪魔」の時点で、兄弟に内緒でバイトしていることに疑問はありましたが、それは単なるドライな氷山の一角でしかないと判明したのがこの回です。兄が知らないうちにスポーツジムに入会し、囲碁や登山までたしなんでいたというトド松。しかもそれはスタバァ女子との合コンで懲りたせいではなく、単に言う必要はないと思ったから言わなかっただけだと、しれっと言い放ちます。しかもその後の兄たちからの渾身の説教にも、まったく共感を示さないトド松。澄んだ瞳にカラ松以上のサイコパスを感じたのは私だけではないでしょう…。

テンポのいい会話劇で、全く飽きさせないという意味でもなかなかに完成度の高い回。トド松役の入野自由のリアルで自然な演技を楽しむにも最適です。ちなみに余談ですが、入野氏も何も言わずに行動することで冷たいといわれることは多いのだそうです。やはりトド松が単なるかわいい末っ子で終わらなかったのは彼のせい!?

兄たちとの関係を考察「おそ松の憂鬱」「事故?」ほか

一言で長男を凍えさせるドライモンスターぶり!「おそ松の憂鬱」


出典:「おそ松さん」公式‏‏Twitter

「どちら様でしょうか?」