予告動画も!映画『ちはやふる 結び』のキャストとファンの反応をまとめてみた





末次由紀が原作、映画『ちはやふる』の「上の句・下の句」の続編となる「結び」が2018年3月17日に公開決定となりました。それに合わせて予告動画が解禁され、いよいよ動き出したという感じがしてワクワクしてきます。こちらでは新キャストを含め主なキャスト情報、解禁された予告動画などをまとめてみました。

映画『ちはやふる-結び-』は18年3月公開!

「ちはやふる -結び-」特報

末次由紀が原作の漫画『ちはやふる』は2016年に上の句・下の句共に実写映画が公開されましたが、このたび完結編として『ちはやふる-結び-』の公開が2018年3月17日からと決定しました。

舞台となるのは前作「下の句」から2年後。千早たちは高校3年生になっています。高校最後の全国大会に賭ける彼女たちの思い、そして戦い、競技かるたを通して描かれていく等身大の青春模様…。「結び」というタイトルからもいよいよ終わってしまうのだなと感じますね。そして気になるのはやはり千早をめぐる恋のお話。こちらも「完結」するのでしょうか?原作でもまだ描かれていない部分なだけに、ファンとしてはここが一番気になるところかもしれません。

そしてそれに向けて予告動画が公開されました。…が、なにやら波乱の予感!?瑞沢高校かるた部に一体なにが起きたのでしょうか、千早たちは無事全国大会に出られるのでしょうか、公開が待ち遠しいです。

それでは以下、「結び」からの新たな登場人物も含め、キャスト情報をまとめていきます。

『ちはやふる』を支えるメイン3人をピックアップ!

ヒロイン・綾瀬千早 役|広瀬すず


出典:ちはやふる公式‏Twitter

「結び」でのヒロイン綾瀬千早を演じるのはもちろん、上の句・下の句でも千早を演じた広瀬すずです。広瀬すずは2015年『学校のカイダン』で連続ドラマ初主演、同年出演した映画『海街diary』での演技が高く評価されたことをきっかけに数々の作品に出演するようになりました。下の句の舞台挨拶のときに続編の発表がサプライズでされた際に涙を流していたのが印象的でしたね。

彼女は「かるたの練習が始まると畳のにおいがなつかしくて『帰ってきたんだな』と思い、足の甲をすりむいたりするとスイッチが入りました」と語り、また「緊張して寝られないことなどないのに、クランクインの前日に、楽しみすぎて初めて寝られませんでした」とコメントをしており、今回の映画を非常に楽しみにしていたことがとてもよく伝わってきます。

千早の幼馴染み、なんでもできるイケメン・真島太一役|野村周平


出典:ちはやふる公式‏Twitter

千早の幼馴染みで彼女に想いを寄せる男の子、真島太一も野村周平が続投します。野村は、2014年公開の映画『日々ロック』や2016年公開の映画『ライチ☆光クラブ』などで主演をつとめるなどして知名度を上げてきた俳優です。今回は「みんな、いろんな作品に出て、成長が見られて、レベルアップした『ちはやふる』が見られると思います」と語り、「2年前にできた足の甲やひざの傷ややけどがまたできました」と、撮影現場で出演者たちが作り物ややらせではなく本気で競技かるたをしているのだということが分かるコメントをしています。

新キャストである周防名人役の賀来賢人について、役者としてももちろんプライベートでも尊敬できる先輩で、周防名人が彼でよかったと言っているのが印象的でした。原作では太一にとって周防は彼の成長の上で欠かせないキャラとして描かれているので、映画でもどのように絡んでいくのか非常に楽しみです。

千早にかるたの楽しさを教えた人・綿谷新 役|新田真剣佑


出典:ちはやふる公式‏Twitter

綿谷新もまた、これまでと同様、新田真剣佑が演じます。「大好きなかるたがまたやれると思いました。海外にもかるたを持って行って『パシフィック・リム』の劇中でも使ってしまいました。体型も新に戻したくて、11kg落としました」と語り、本作にかける意気込みの大きさが伝わってきます。

新田真剣佑は俳優の千葉真一の息子で『ちはやふる』までは海外での活躍が多い俳優でした。2017年には実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』に虹村億泰役で出演し、話題となりました。前作までは「真剣佑」として活動していましたが、改名し、「新田真剣佑」となりました。その苗字の「新田」は、この綿谷新の新からとったものだそうで、彼が本当に『ちはやふる』を、そして綿谷新というキャラクターを愛しているのだなということが感じられてなんだかとてもほっこりしますね。尚、彼は2017年『ちはやふる -上の句- / -下の句-』で、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。

千早らと共に活動する瑞沢高校競技かるた部のメンバーたち

瑞沢高校かるた部の頭脳「机くん」・駒野勉 役|森永悠希


出典:ちはやふる公式‏Twitter

机くん、こと駒野勉には、森永悠希が続投。森永は2013年公開の『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で山崎蒼太役で出演、その後NHKの朝ドラ『べっぴんさん』で小澤龍一役を、大河ドラマ『花燃ゆ』で杉敏三郎役などを演じています。かるたは初心者の机くんですが、千早らに引っ張られるようにしてそこで自分の居場所を見つけていくことになる姿はただただ「応援したくなる」キャラ。それを森永が好演していたのが印象的でした。個人的には原作よりイケメンだなと思います。

原作では奏に告白するシーンがあるのですが、本編ではこのあたりは描かれるのでしょうか?楽しみです。

かるたは初心者だけど誰よりも熱心・大江奏 役|上白石萌音


出典:ちはやふる公式‏Twitter

瑞沢高のかるた部創立メンバーである大江奏役には上白石萌音が、彼女もまた続投です。奏はかるたは初心者ですが百人一首など和歌に対する知識がハンパなく、歌を大切にする姿勢は千早にも影響を与えています。

演じる上白石は2014年公開の映画『舞妓はレディ』で主演・西郷春子役を演じ、その演技力・歌唱力によって第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど若いながら実力を持った女優です。また2016年8月に公開されたアニメ映画『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉の声を演じたことでも話題になりました。

彼女が演じる奏は原作の奏と見た目もそうですが雰囲気などもとても似ていて、違和感を感じませんでした。今回どのような奏を演じているのか楽しみです。

チームのムード―メーカー「肉まんくん」・西田優征役|矢本悠馬


出典:ちはやふる公式‏Twitter

肉まんくんこと西田優征役にはこちらも続投で矢本悠馬が演じることが決定しています。

矢本は2003年公開の映画『ぼくんち』で子役としてデビュー、注目を集めました。以降、2014年放送のNHK朝ドラ『花子とアン』など数々のドラマ・映画に出演しています。下の句ではクイーンである若宮詩暢との対決で完敗はしたものの必死に食い下がってなんとか1枚札をとってやろうとする気迫がとても印象的でした。

『ちはやふる』のサイドを固めるキャラクターたち

北央高校かるた部のエース・須藤暁人役|清水尋也


出典:ちはやふる公式‏Twitter

下の句まで、北央高校のエースとして千早らの前にライバルとして立ちはだかっていた須藤暁人も、2年後のこの世界に登場します。演じるのは2014年公開の映画『渇き。』のボク役、2015年公開の映画『ソロモンの偽証』で大出俊次役などを演じた清水尋也、彼もまた続投です。

学年は千早たちの2年上なので「結び」の世界では高校を卒業している設定のはずです。高校時代は「ドS」と呼ばれ、たびたび千早らに辛辣な言葉を投げかけたりもしましたがここぞというときにアドバイスをくれる人でもありました。原作では読手としての実力を買われ、東京都予選の決勝戦で読手を担当もしていましたが「結び」でもおそらくそういった立場から千早らと接触するのかなと思います。

現競技かるたクイーン・若宮詩暢役|松岡茉優


出典:松岡茉優 staff blog公式‏Twitter

『ちはやふる』界、現かるたクイーンの若宮詩暢には松岡茉優が続投します。松岡は2008年に「おはガール」としてデビュー後、フジテレビドラマ『She』で主役の西澤涼子や、TBSドラマ『コウノドリ』シリーズの下屋加江役、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』では主人公・真田信繁の正室・春役を演じた女優です。