刺さる!爆笑!東村アキコのおすすめ漫画ランキングBEST8





育児漫画『ママはテンパリスト』で一気に人気に火が付いた東村アキコ。『海月姫』『主に泣いてます』『東京タラレバ娘』などは実写化されており、『かくかくしかじか』ではマンガ大賞も受賞!「刺さる!」「爆笑必至」と話題の東村作品のおすすめランキング8選!

漫画家・東村アキコ


出典:東村アキコ公式‏Twitter

1975年、宮崎に生を受け、高校卒業後、金沢美術工芸大学に進学・卒業しています。美大卒業後は、OLの傍ら、漫画創作に勤しみ、1999年にデビュー。デビュー当初はシリアス路線でしたが、2001年発表の『きせかえユカちゃん』をきっかけにギャグ路線に変更します。

最初の夫・IKKANとの間に一子(ごっちゃん)を儲けており、ごっちゃんとの生活を綴った育児漫画『ママはテンパリスト』で大ブレイクを果たします。実写化された『海月姫』『主に泣いてます』『東京タラレバ娘』をはじめ、第8回マンガ大賞受賞の『かくかくしかじか』など評価が高い作品多数!大変筆の速い漫画家であり、常に連載を数本抱えていることでも有名。

8位:『主に泣いてます』


主に泣いてます(出典:Amazon)

講談社『モーニング』にて2010年14号~2013年4・5号合併号まで連載。全10巻。2012年に菜々緒主演でドラマ化。

死にもの狂いで非モテ道! あり余る美貌が故、絶対的不幸に苛まれる美人絵画モデル・紺野泉(こんの・いずみ)。涙腺、ゆるゆる。幸せ、ぽろぽろ。あの手この手で”非モテ道”に邁進する川沿い美人協奏曲、開演。これこそ、誰も描かなかった不幸――東村ワールド、炸裂です!!

出典:Amazonより『主に泣いてます』引用

【魅力はコレ!】シリアスなのにギャグ!シュール感がたまらない

そもそも設定自体はかなりシリアスな本作。主人公は絶世の美女であるにも関わらず、頭が弱く、気が弱いがために、不幸道をまっしぐら!美人に対するドロドロとした嫉妬心も描いているし、真面目に描いたら昼ドラにしかならない内容です。(※昼ドラを批判しているわけではありません!)

そんな内容なのに、本作の読後感は実に軽いんです!不幸街道を行く泉にはさすがに少しは同情の気持ちが沸きますが、そこまで親身になれない、この感じ…。なぜなら…そのシリアスストーリーにバンバン東村アキコお得意のギャグをかましてくるからです!

シリアスなのにギャグ!もはや不幸なんてどうでもいい…というレベルまでにギャグを落とし込んでくるこの手腕!素晴らしいです!実にシュールなラブコメ作品。

【こんな人におすすめ!】30代後半~40代にドストライク!

シリアス物語にギャグをまぶしにまぶした作品であると書きましたが、そのギャグはまさに30代後半~40代がかつてハマったであろう『お父さんは心配症』(岡田あ~みん著)や『マカロニほうれん荘』(鴨川つばめ著)由来!東村アキコ自身、1975年生まれでまさにこういったギャグ漫画に育てられたそう。

絶世の美女過ぎてまともな職にもつけないというインパクト大の設定に負けぬよう、ギャグで物語を牽引していくという確固たる決意さえ感じさせる展開に、脇腹が痛くなります。ちなみに…蛇足かもしれませんが、不幸ストーリーを真面目に読みたい方には不向き。

7位:『きせかえユカちゃん』


きせかえユカちゃん(出典:Amazon)

2001年~現在に至るまで集英社の『Cookie』にて連載。ただし、2007年11月号以降は不定期連載という形になっており、以来2回しか掲載に至っていません。現在は事実上、休載状態で既刊11巻。

ユカちゃんは、オシャレで生意気な小学6年生。少し口は悪いが気はやさしい。そんな彼女が起こす騒動の数々!? 乙女のおしゃれ心を刺激するモード系コミック登場。

出典:Amazonより『きせかえユカちゃん』引用

【魅力はコレ!】ファッションを楽しむ&コメディ要素満載

本作の主人公は、小6のくせにファッションモデルばりの容姿を持ち、誰にも媚びることなく本能の赴くままに生きているユカちゃん。オシャレ大好きで友人の古着屋でレンタルした衣装を1話の中で何度も着替えます。美大卒の東村のファッションセンスが活かされている漫画。

東村節も炸裂しており、少女漫画なのにコメディ要素が満載!キャラ設定も良い意味で振り切れていて、主人公のユカはワガママで自由奔放ですが、知能は6歳並みのため周囲の言動にいちいち右往左往し振り回されるまたは振り回す様子が軽快で面白い作品です。また、同時に周囲のキャラもユカ同様に振り切れたアイデンティティの持ち主で、ガッツリ本音でぶつかっていく様子は実に爽快!

【こんな人におすすめ!】少女漫画は面映ゆい…オシャレ&軽め恋愛好きに!

東村はこの作品を機に、シリアス路線からコメディ路線へと大きく作風が変化。時代が求めているものを考えた末の決断だとか。でもその路線変更が大当たり!ギャグをまぶすことによって、少女漫画にありがちなちょっとイラっとする片思い展開や、ドロドロ嫉妬心渦巻く恋模様など、一切ないため、サラッと楽しく読める作品と幅広い年代から支持を受けています。

よくありがちな少女漫画は面映ゆくて苦手…という方でも、オシャレ大好きでちょっと軽めの恋愛が絡んでいる作品が好きなら、どハマりすること間違いなしです。ファッションはもちろんですが、恋愛に関しても、小学生のユカちゃんの視点を通すことで、大人たちが鋭い一撃を喰らわされることも多く、恋愛の真理を見つめ直したい…という方にも密かにおすすめ!

6位:『ひまわりっ ~健一レジェンド~』


ひまわりっ ~健一レジェンド~(出典:Amazon)

講談社『モーニング』にて2006年~2010年まで連載された作品。全13巻で完結済み。

美術大学を卒業したものの、超就職氷河期のせいで父親と同じ会社に就職することになったアキコ。そんな彼女の父親とは、会社で菓子パンをむさぼり、他人(主にアキコ)の話を聞かず、分かりづらい逆鱗をいくつも持つ、先の読めない男・林健一(はやしけんいち)50歳。彼の伝説とアキコの苦悩の日々は、まだ始まったばかり――。父親が普通!?じゃない!! この物語は、破天荒な父親を中心に娘がぐるんぐるん振り回されてしまう、愉快、痛快、限界コメディーです。

出典:Amazonより『ひまわりっ ~健一レジェンド~』引用

【魅力はコレ!】東村アキコの父・健一の破天荒っぷりに爆笑必至!

全13巻の本作。序盤は東村アキコの実父・健一のレジェンドすぎるエピソードのオンパレード!健一は、ちゃんと一流企業(おそらくNT〇)の会社員として勤めているサラリーマンにも関わらず、一般常識でははかれないところで生きており、ほぼ毎日のように周囲を混乱に陥れる天才!基本的には創作に類する作品ですが、健一に関するエピソードはほぼ実話だそう。

例えば、漫画の内容に悩むアキコに対し、健一はアキコが投稿している漫画雑誌で一番人気の作品を指し、「女の子たちの憧れを描いているんだ」と説教。でも実は、健一はその漫画を読んだことがなかったんです(驚愕)。また、弟・タクマに形見分けのような重々しい雰囲気をもって渡した懐中時計をその15分後に「返して」と言って取返しにきたり…。父・健一の破天荒っぷりに爆笑必至です。

【こんな人におすすめ!】東村アキコ ファンなら必読!伝説の始まりを見逃すな!

東村アキコ作品には随所にリアル体験が盛り込まれています。そこにフィクションを混ぜて面白おかしく仕上げているわけですが、その自伝のような内容は、言わば「東村ワールド」とも言うべき確固たる骨子となって脈々と全ての作品に流れています。

その伝説の始まりとも言うべき作品がこの『ひまわりっ~健一レジェンド~』なんです。東村アキコの他作品でファンになった方も、ぜひ本作を読んでみてください。

5位:『ママはテンパリスト』


ママはテンパリスト(出典:Amazon)

集英社『月刊コーラス』で2007年~2011年まで連載された作品。単行本は全4巻。

革命的面白さの、新世代育児エッセイ! 漫画連載を多数かかえる作者は、初育児に毎日テンパりまくり(=あわてて動揺する)!! 息子ごっちゃんの、予想を裏切る驚愕リアクションの数々…。そのデンジャーな魅力に、やみつきになる!

出典:Amazonより『ママはテンパリスト』引用

【魅力はコレ!】東村アキコの愛息・ごっちゃんの奇想天外エピソードで大爆笑!

東村アキコがデキ婚で授かった愛息・ごっちゃんの奇想天外なエピソードをしたためています。いわゆる育児漫画に分類される本作。でも一般的な育児漫画と思って手に取ったら、火傷しちゃいますよ~♪ なんせ筆者はギャグの帝王・東村アキコ。日々繰り広げられる悲喜こもごもをこれでもかと掘り下げ、ひっかきまわし、唯一無二の物語に仕立て上げてくれています。

もうこれはその辺に転がっている育児漫画や育児ブログとは大きく一線を画す秀作!「ごっちゃんみたいな面白い子が特別」と見る目もあるようですが、筆者はそうではないと思うのです。これは、東村アキコの独特の着眼点があるからこそ、ここまで面白いエピソードとして仕立て上げられているのではないか、と。つまりは、東村アキコ×ごっちゃんの怪奇協奏曲ということではないか、と。全4巻。最後まで爆笑間違いなしです!

【こんな人におすすめ!】子育て中の方はもちろんのこと、子育てしてない方にも!

育児漫画というと、子育てされていない方は手に取りにくいかもしれませんが、子育てしていなくても充分楽しめるのが本作のスゴイところです。育児漫画<ギャグ漫画というレベルになっているため、子どもがいない方にもおすすめです!

東村アキコとごっちゃんの面白エピソードでほっこりなりたい方や、何も考えず爆笑したい方におすすめ!万人におすすめできる漫画だと筆者は感じてはいるのですが…唯一おすすめできない方がいます。それは「上品系女子を育てる上品系ママ」です。こういった方々にはどうも「下品すぎる…」とドン引きされてしまう傾向にあるよう…。いや、ギャグなんですけどね。理解できないっスかね!? (…つまんね~人間だな…ボソッ)

4位:『雪花の虎』


雪花の虎(出典:Amazon)

小学館の新雑誌『ヒバナ』の目玉として創刊号(2015年4月10日号)から連載されていた作品。2017年9月10日号をもって『ヒバナ』自体が廃刊決定ということで、『ビッグコミックスピリッツ』または『月刊!スピリッツ』への移籍が検討されているよう。既刊4巻で、2017年11月10日に5巻発売予定。