2期OPはユニゾン!『血界戦線』シリーズOP・EDの魅力を総まとめ





『血界戦線』シリーズOP・ED曲はそれぞれが作品の世界観に沿った内容となっており、見事に作品を彩っています。特にユニゾンの「シュガーソングとビターステップ」はパロディ動画がたくさん作られるほどの人気ぶりで話題となりました。こちらでは公式動画などを織り交ぜながらシリーズOP・EDを全てご紹介します。

『血界戦線』とは

内藤泰弘原作のSFアクションストーリー


出典:TVアニメ『血界戦線』公式‏Twitter

『血界戦線』は内藤泰弘原作の漫画で、ジャンプスクエアの2009年2月号より『血界戦線 -魔封街結社-』として連載が開始された作品です。その後は「ジャンプSQ.19」2010年創刊号から2015年Vol.18まで連載され、SQ.19の休刊後は「ジャンプSQ.CROWN」にて『血界戦線 Back 2 Back』が2015年SUMMER号から連載中です。コンセプトは「技名を叫んでから殴る漫画」。

異界と人界とが交差して一晩で変わり果て、常に「普通ではあり得ない」現象や犯罪が起こっている街、エルサレムズ・ロットを舞台に、そこの均衡をなんとか保とうと暗躍する「秘密結社ライブラ」の活躍が、主人公レオナルド・ウォッチ(レオ)の目から語られるという形でストーリーは進行していきます。個性豊かなメンバーたちがそれぞれの能力を発揮したかっこいい必殺技に注目です。

2017年10月より『血界戦線 & BEYOND』放送

『血界戦線 & BEYOND』放送直前PV

『血界戦線』は第1期が2015年4月より6月まで放送され、そして第2期『血界戦線 & BEYOND』が2017年10月より放送されています。そして、1期・2期ともに作品のための書き下ろし曲がOP・EDに使用され、『血界戦線』の世界を見事に彩っています。以下、その4曲を詳しくご紹介していきます。

1期OP曲|『Hello,world!』BUMP OF CHICKEN

メンバーが皆『血界戦線』ファン!

TVアニメ『血界戦線』PV第3弾(「Hello,world!」ver.)

『血界戦線』1期のOP曲を担当したのはBUMP OF CHICKENです。元々メンバー全員がこの作品のファンだったため、声がかかった時はツアーなどの忙しさから作曲期間もあまりなかった中でも、迷わずオファーを受けたそう。特にベースの直井がこの作品にはかなり深い思い入れがあったようです。

また、1期アニメの監督である松本理恵はそれまでも彼らのライブに足を運んだりと、意気投合していた部分はあったようで、そういった面からもスムーズに話が進んだのでしょう。

歌詞に反映されている、当時の自分たち


Hello,world! / コロニー(出典:Amazon)

イントロから歌の始まりはとても淡々とした感じになっており、「普通に考えたら日常的ではない世界」をなんともさりげなく表現しています。また、元々原作のファンだったという彼らならではの、作品の世界観に沿った歌詞もとても印象的です。特にサビの部分の「ハロー どうも 僕はここ」というフレーズは主人公レオナルド・ウォッチがこの世界に呑み込まれないために常に冷静に心の中で唱えている言葉のようにも聴こえます。

また、「昨日どうやって帰った 体だけが確か」や「おはよう これからまた迷子の続き」などは、この曲を作った時のメンバーのリアルな様子を表現したものとのこと。でもそれはまだきちんと地に足をつけられていない状態のレオと重なる部分もあるとのことで、当時の自分たちとレオの立場をリンクさせ、反映したものになっています。これらを踏まえてこの曲を聴くと、くっきりと『血界戦線』の世界が目の前に広がってくるようですね。

1期ED曲|『シュガーソングとビターステップ』UNISON SQUARE GARDEN

『血界戦線』のための書き下ろしソング

UNISON SQUARE GARDEN "Sugar song and Bitter step"

1期のED曲を担当したのは3人組のロックバンド、UNISON SQUARE GARDENです。彼らはこれまでも『TIGER & BUNNY』のOP曲「オリオンをなぞる」や、『夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜』のOP曲「桜のあと (all quartets lead to the?)」などアニメとのタイアップも何度かしているアーティストで、この「シュガーソングとビターステップ」は『血界戦線』のために書き下ろされた曲です。

歌詞はメンバーによると「原作冒頭での非日常な日常風景という現実世界とのギャップを歌詞に込めた」とのこと。たしかに出だしの「超天変地異みたいな狂騒にも慣れて」や「揺さぶられながら見失えないものは何だ?」、サビの「甘くて苦くて目が回りそうです」などはまさにレオの心情を表しているように感じます。そういった、ちょっと苦味のある歌詞が軽快なリズムとメロディに乗っていくのが特徴です。