ハラハラドキドキが堪らない!緊張感あふれるサスペンス映画11選





数ある映画ジャンルの中でも、「いち早い観客の感情移入」と「スピード感あるストーリー展開」が最も求められるジャンル、サスペンス映画。今回は、そんなサスペンス映画で特にハラハラドキドキさせてくれる、緊張感があふれる11作品をご紹介します。

『新幹線大爆破』(1975年/日本)

世界から絶賛されたパニック・サスペンス


新幹線大爆破(出典:Amazon)

爆弾が仕掛けられた新幹線を舞台にしたパニック・サスペンス。公開当初こそ興行的に恵まれなかったものの、世界各国での公開をきっかけにその完成度の高さが絶賛され、40年経った今でも人気がある作品です。「時速80kmを下回ると爆発する」という爆弾が仕掛けられた新幹線を主軸に、警察と犯行グループの攻防、国鉄と乗務員の奮闘が描かれ、目を離すことができない緊張感が味わえます。

交錯する人間ドラマもアツい!

それぞれの登場人物たちの視点が交錯する人間ドラマも今作の見所です。視点を限定せず、犯行グループ、警察、政府、国鉄職員、乗務員のそれぞれの視点で物語が進んでいき、思惑がぶつかり合う展開はアツいです。犯行グループを単なるテロリストとして描かず、犯行に至るまでの背景も描かれているので、警察との攻防の行く末もハラハラしながら楽しめます。

『パニック・ルーム』(2002年/アメリカ)

パニック・ルームがある家で繰り広げられる母娘VS強盗団の戦い!


パニック・ルーム(出典:Amazon)

不法侵入者などからの一時的な避難を目的としたパニック・ルーム付きの新居に越した母娘と、“ある目的”を持った強盗団との攻防を描いたサスペンス映画。完全防備の部屋に隠れたから安心かと思いきや、引っ越してきたばかりで機能設定が完了していなかったり、強盗団の中にパニック・ルームの詳細を知る人物がいたりと、なかなかにドキドキ感を与えてくれます。母娘と強盗団の知恵比べ的な戦いも面白いです。

子役時代のクリステン・スチュワートなど、出演陣にも注目

母娘と強盗団の攻防を描いた物語のため登場人物が少ないですが、ジョディ・フォスターやフォレスト・ウィテカーといった当時からの有名どころを始め、子役時代のクリステン・スチュワートや、徐々に活動の場を広めつつあったジャレッド・レトなどが出演しているのも注目です。特にクリステン・スチュワートは子役時代から貫禄たっぷりで、ふてぶてしく生意気な娘の役がハマり役すぎて笑ってしまいました。

『96時間』(2009年/フランス)

誘拐された娘を救い出すアクション・サスペンス


96時間(出典:Amazon)

何者かに誘拐された娘を救い出すために立ち上がった、元CIA工作員の姿を描いたアクション・サスペンス。娘の行方や犯人の情報などが物語中盤まで観客にも与えられないため、主人公と同じ父親目線でハラハラさせられます。CIA時代に培った能力や人脈を駆使して、数少ない情報をもとに娘を捜し出すスパイ映画要素もあり、1本で2つの味を楽しめます。

タイムリミットは96時間!戦う父親の追走劇に興奮

今作の邦題にもなった『96時間』とは、「誘拐事件の発生から96時間を過ぎると被害者の救出がほぼ不可能になる」という統計からの引用で、つまり娘を救い出すためのタイムリミットのことを指します。タイムリミットがあるため父親も手段を選ばず、犯行グループを追いかけ片っ端から容赦なく叩きのめします。中途半端な正義感などは一切介入させず娘のためだけに力を行使する姿はある意味爽快で、緊張感が途切れない追走劇にも興奮します。

『[リミット]』(2010年/スペイン・オーストラリア)

棺の中だけで展開するワンシチュエーション・サスペンス


[リミット] コレクターズ・エディション(出典:Amazon)

棺に閉じ込められた男を描いたワンシチュエーション・サスペンス。これはすごいです。ほぼ全編が棺の中だけで展開していくのに、約90分間飽きることなく没頭してしまいます。映画の底なしのような可能性を感じました。イラクで拉致され棺ごと地中に埋められた男が、携帯電話、ライター、ボールペンなどといった限られたアイテムを活用して脱出を試みるのですが、その結末には正直驚きます。

こちらにまで伝わってくる閉塞感に冷や汗!

棺の中で物語が展開していくわけですから、当然始まりから終わりまで主人公は横になったまま行動します。この閉塞感を伝える見せ方が上手いので、こちらも観ているだけで息苦しくなってきて冷や汗ものです。また、棺の中からアメリカという国家の暗部をえぐっていて、主人公の置かれた絶望的な状況に否が応でも没入させられます。鑑賞後も「自分が同じ状況になったらどうするだろう?」という妄想で軽く一時間は楽しめます。

『アルゴ』(2012年/アメリカ)

失敗は許されない!実話を基にした救出作戦


アルゴ(出典:Amazon)

1979年に発生したイランアメリカ大使館人質事件を題材に、CIAによる救出作戦を描いたサスペンス映画。イランの反米デモ隊による大使館占拠の際に脱出した6人の大使館員を見つからずに救出するためCIAが立てた作戦は、『アルゴ』という架空の映画を創作し、彼らをカナダ人の映画スタッフとして出国させるというものでした。見つかれば公開処刑という危険と隣り合わせの状況での救出劇は終始緊張感に包まれ、アカデミー賞作品賞受賞も納得の内容です。

ハリウッドへの風刺も効いた、ベン・アフレック監督作第3弾

俳優としてだけでなく、監督としても手腕を発揮しているベン・アフレック。そんな彼の監督作第3弾の今作では、ハリウッドへの風刺を効かせた表現が多く見られます。アラン・アーキンが演じたベテラン監督やジョン・グッドマンが演じた特殊メイク技師のセリフからは特にそれが読み取れて、シリアスな内容でありながらも、クスりと笑わせる場面もあり絶妙なバランスで、作品をより楽しませてくれます。

『サプライズ』(2013年/アメリカ)

別荘に集まった家族を襲う謎のアニマルマスク集団!


サプライズ(出典:Amazon)