劇中の謎を徹底解説!映画『エイリアン コヴェナント』を考察してみた





傑作SFモンスター映画『エイリアン』シリーズの最新作『エイリアン コヴェナント』が公開されました!今作は様々な芸術作品の引用があり、キリスト教的な文脈を読み解く必要がある作品ですので、それらと合わせて今作の裏テーマを考察していきます。

初代『エイリアン』の前日譚シリーズ第2作目!

「エイリアン」誕生の真実とは!?


出典:20世紀フォックス映画公式‏Twitter

『エイリアン』シリーズの最新作である今作『エイリアン コヴェナント』は、初代『エイリアン』の生みの親であるリドリー・スコットによって、「エイリアン」誕生までの謎が描かれます。

シリーズの前作『プロメテウス』では、人類の創造主とされる「エンジニア」に会うためにLV-223という惑星に降り立った調査隊が、「エンジニア」が所有していた生物兵器によって襲われ、その生物兵器が後の「エイリアン」になることを示唆して映画は終わりました。

今作は、人類の新天地「オリガエ6」という惑星に向かっていた入植者たちを乗せた宇宙船「コヴェナント号」が、途中の惑星に降り立ったことから惨劇が始まるという、SFパニック映画のお約束のような展開でストーリーが進みます。

主人公はイケメンのアンドロイド!?


出典:20世紀フォックス映画公式‏Twitter

今作の主人公は「世界一美しい顔」ランキング1位になったことのあるイケメン俳優、ミヒャエル・ファスベンダーが一人二役で演じるアンドロイド、デヴィッドとウォルターです。デヴィッドは前作『プロメテウス』にも登場し、前作の主人公エリザベス・ショウと共に生物兵器の手を逃れ、「エンジニア」の宇宙船を使って宇宙へ飛び立ちました。

そんな彼が今作では、ウォルターら「コヴェナント号」の乗組員たちを生物兵器から救出するのですが、彼は助けた乗組員たちを媒介として、自身が育てていた生物兵器を更に進化させて、完璧な生物を生み出すことを計画していました。この後半からの展開を許せるかどうかで、今作の評価が変わってくる作品ではありますが、ここで語られているテーマは、実はこれまでのリドリー・スコットの映画にも一貫して通じているテーマでもあります。

リドリー・スコットの作家性をおさらい!


出典:20世紀フォックス映画公式‏Twitter

今作ではこれまでの『エイリアン』シリーズと同様にグロテスクな表現が頻出しますが、『ハンニバル』の調理シーンや、『悪の法則』の「ボリート」のシーンなど、これまでのリドリー・スコット作品でもグロ描写は何のためらいもなく出てきます。

重要なのは、ただ単に「露悪趣味」としてグロ描写を入れているのではなく、「現実の残酷さ」を描くためにグロ描写をリアルに描いているということです。リドリー・スコットは徹底した現実主義者であり、彼の作品には神秘的な表現というものは一切ありません。

そのため、「現実の残酷さ」を覆い隠す存在である「宗教」というものに対しては、かなり攻撃的な態度を示しており、特にキリスト教に対しては、これまでの作品の中で様々な嫌がらせを行っています。具体的な事例は以前書いた記事に載せてあるので省略しますが、これらのリドリー・スコットの思想が『エイリアン コヴェナント』でも重要になってきます。

今年はこの人に注目!リドリー・スコット監督作品のオススメ映画BEST5

2017-04-26

今作の謎に込められた意味とは?

ワーグナーの曲の意味とは?

映画のオープニング、真っ白な部屋の中でデヴィッドと彼の創設者であるウェイランドの会話シーンで、ピアノに座ったデヴィッドはワーグナーの戯曲『ニーベルングの指環』の序夜『ラインの黄金』の第四場にある『ヴァルハラ城への神々の入城』を演奏します。この戯曲は一つの指環を巡って巨人と神々が争う物語ですが、第四場はローゲという炎の神が神々の世界の終わりを悟り、世界を焼き尽くそうとすることを独白する、という場面です。

ローゲとは北欧神話に登場するロキという神がモデルとなっているのですが、ロキは悪知恵の働く狡猾な者の象徴であり、今作におけるデヴィッドの立ち位置と重なります。

登場人物の名前に注目!

今作のタイトルにもなった「コヴェナント」とは「約束」、「契約」という意味であり、新約聖書、旧約聖書の「約」でもあります。宗教的な言葉に用いられる言葉なのですが、今作では登場人物の名前にも宗教的な意味が込められています。

主人公デヴィッドは、オープニングの真っ白な部屋の中に置かれたダヴィデ像を見て「デヴィッド」と名乗るのですが、ダヴィデは旧約聖書において、ゴリアテを倒したことから「強者を打ち負かす存在」の象徴です。