CG無しの戦争映画を体感せよ!映画『ダンケルク』を考察してみた





全世界注目のクリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』が日本公開されました!今回はノーラン監督の映画に対するこだわりなど、映画『ダンケルク』の注目ポイントと、今作にも影響を与えた近年のアクション映画のトレンドについても解説していきます。

CG無しの戦争映画『ダンケルク』

クリストファー・ノーラン監督のこだわりとは?


出典:映画『ダンケルク』公式‏Twitter

クリストファー・ノーランと言えば、『ダークナイト』、『インセプション』、『インターステラー』などを生み出した、現在のハリウッドを代表するヒットメーカーですが、彼には映画作りに対して、CGを全く使用しないというこだわりを持っていることで知られています。『ダークナイト』では取り壊しが決まっていた病院を実際に爆破し、『インセプション』では列車にタイヤをつけて道路を走らせ、『インターステラー』もSF映画というジャンルにも関わらずCGはあまり用いられていません。

そんな、現在のハリウッドにおける異質的な存在でありながらも、常に映画界の中心にいるノーラン監督が送り出した最新作は、第二次世界大戦中のフランス、ダンケルクにおける「ダイナモ作戦」を描いています。ドイツ軍によって包囲された四十万人ものイギリス・フランス軍のサバイバルを、臨場感溢れる映像で観客が体感する映画になっています。

戦闘機などを本物で撮影!


出典:映画『ダンケルク』公式‏Twitter

今作の注目ポイントとして挙げられているのは、戦闘機や戦艦などを出来るだけ本物を使って撮影している、という点です。本作に登場するイギリス空軍の戦闘機「スピットファイア」などをレンタルで借り、登場する台数を極力減らすことでCGを使用しなくても済むようにしました。また、何十万人もいるようにいるように見えるダンケルクの海岸の兵士たちも段ボールを使って兵士に見立てています。

全てにおいて徹底的にアナログ的な手法を用いているため、映画のスケールや迫力からするとビッグバジェット映画に見えますが、実はかなり製作費が抑えられた映画にもなっています。同じノーラン監督作品の『ダークナイト ライジング』と比較しても、半額以下まで製作費は抑えられています。

アナログならではの撮影秘話!?

ノーラン監督は撮影手法にもこだわっており、デジタルカメラは使用せず絶対にフィルム撮影で映画を作ります。今作はIMAXカメラという、大きなフィルムを使用するカメラを用いて撮影されたのですが、舞台が海となる場面が多くいため実際にカメラを水の中に沈めて撮影する場面もいくつかありました。

しかし、カメラを保護する箱が壊れてカメラとフィルムが完全に水没してしまうというアクシデントが発生。なんとか、水没したフィルムを取り出してダメ元で現像してみると、なんと無事に現像することが出来て、そのフィルムの映像は本編でも使用されました。デジタルカメラであれば絶対に映像のデータが破壊されていたことでしょう。

ノーラン作品に頻出するテーマとは?

「CGを使わない=リアル」ではない?

「ノーランはCGを使用しない」ということを聞くと、リアリズム的な映画を撮る監督のように思えてしまいますが、ノーラン作品はその様なことは全くありません。むしろ、彼の作品は抽象的な概念をテーマとしていることが多いのです。これは矛盾しているように思えますが、現代劇と能を比較してみると分かりやすいと思います。

現代劇には舞台セットや衣装、具体的な小道具や現代的なセリフなど、現実の我々の世界をそっくりそのまま表現できる演出手法が揃っています。しかし、能はそのような手法の選択肢は無く、限られた手法の中で感情や空間、時間などの抽象的なものを表現していきます。何かを表現するときに、その表現の手法が限られれば限られるほど抽象的な方向に進む、というのは映画や演劇だけではなく、音楽、絵画、文学などあらゆる表現において当てはまります。

過去作に頻出する「時間」の描き方

CGを使用しないが故に抽象的な概念を表現してきたノーランですが、特に「時間」という概念の表現は彼の作品に頻出しています。

ノーランが注目を浴びた作品『メメント』はまさに主人公が「時間」を遡っていく映画でした。『インセプション』では、夢の階層の深くに潜るたびに、現実よりも長く時間が流れていきます。そして前作『インターステラー』は、アインシュタインが唱えた相対性理論に則って、重力の違う惑星にいることによって地球よりも時間の流れが早くなってしまう場面がありましたし、ラストの展開もまさに時間を超えて親子が繋がるという話になっていました。

「時間」という目に見えないものを映画に取り込んできたノーランですが、『ダンケルク』でも「時間」は重要な要素になっています。