『文スト』太宰さん♡な芥川龍之介の心の闇と異能について考察してみた





漫画『文豪ストレイドッグス』は朝霧カフカ×春河35が描く、イケメン文豪たちの異能力バトルが見ものの真面目なバトル漫画。派手なバトルが魅力ですが、芥川に関しては、太宰が絡んでくる心の葛藤が見ものなんです。太宰に認められたい一心で命を懸けた戦いに挑む芥川の心の闇と今後の可能性を考察します。

『文豪ストレイドッグス』芥川龍之介のプロフィール

まずは、『文スト』の芥川ってどんなキャラなのかを簡単におさえます。

僕(やつがれ)の好むもの=太宰


出典:アニメ「文豪ストレイドッグス」公式‏Twitter

漫画『文豪ストレイドッグス』の芥川龍之介の一人称は「僕(やつがれ)」。172㎝で体重は50㎏とかなり華奢な体型で、たまにというかよく、咳き込んで血を吐いています。

性格は実に攻撃的であり、孤独を好みます。異能は「羅生門」で、羽織っている黒マントを「黒獣」に変身させ、空間を含むすべてのものを喰らいます。羅生門には様々な攻撃パターンがあり、その全てに名称が付いています。

漫画『文豪ストレイドッグス』は決してBLものではありません。が、芥川の太宰愛は異常。これは芥川の出自に関係しています。現在は、同じく太宰門下の敦と組んで「新・双黒の時代」を造ろうとしている…かもしれません。

アニメ版声優=小野賢章


出典:小野賢章公式‏Twitter

漫画『文豪ストレイドッグス』は、2016年にアニメ化されており、2018年初春には劇場版『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』が上映予定。アニメ版で芥川の声を務めたのは、幼いころから子役として活躍し、『ハリーポッター』の吹き替えや、『黒子のバスケ』黒子テツヤ役などで有名な小野賢章です。

小野は俳優としても活躍するなど、素顔はかなりイケメン。芥川の線の細さとはまた違った雰囲気ですが、声質自体は繊細で華奢な印象なのでハマっています。

太宰に翻弄される芥川が可愛い件


出典:アニメ「文豪ストレイドッグス」公式‏Twitter

芥川はポートマフィア所属。『文スト』の中では探偵社=正義、ポートマフィア=悪という位置づけなので、本来ならば完全に敵役のはず…なんですが、『文スト』女子ファンから「芥川が可愛すぎる♡」という声多数!キュートな芥川の魅力に迫ります。

ヴィジュアルからして可愛い芥川

芥川が女子をキュンキュンさせる理由の一つは、そのヴィジュアル!172㎝50㎏というその辺の女子よりも華奢な体型に加え、大きめの漆黒の瞳はいつも潤んでいるようです。気管支系統が弱く、ここぞという場面でもいつも咳き込んでいます。無理を押してでも戦いに挑む姿には、樋口ならずとも「ご自愛をぉ~!」と叫びたくなるはず!

冷酷非道なくせに部下を庇う!

ポートマフィアに属し、上の命令とあらば(命令でなくとも)血なまぐさい現場には高確率で出現する芥川。性格は実に冷酷非道です。その上、孤独を愛し、「誰の助けもいらぬ」とばかりに一人で行動することもしばしば。

そんな性格の芥川ですが、非力な樋口が虎化した敦に襲われそうになれば速攻で助けますし、裏切りを犯した鏡花のことも許そうとします。部下思いの芥川の姿にキュン死寸前女子多発!

太宰さんを好きすぎる件①太宰さんのために戦いますっ!


出典:アニメ「文豪ストレイドッグス」公式‏Twitter

芥川が戦う理由は、ポートマフィアの上から命令されているから…というだけではありません。時には、上からの命令も無いのに、単独、決戦の場に挑んだりします。ポートマフィアには与謝野先生のような異能の医者はいませんから、決戦で命を落とすことも考えられます。それなのになぜ、こうまでして戦い続けるのでしょうか?

それはもちろん、太宰のためです。芥川は太宰に認めてもらいたいというその一心で、命を懸けて戦い続けるのです。

太宰さんを好きすぎる件②敦に嫉妬心メラメラ

これは、太宰の策略ということも考えられるのですが、敦を探偵社に入社させた後、太宰は芥川に対し、敦のほうが優秀というようなことを言ってしまいます。ポートマフィア時代、太宰が手塩にかけて育てた芥川よりも、つい最近出会ったばかりの敦のほうが優秀だと…。