『サイコパス』狡噛慎也・ファンが知りたいポイントを考察してみた





劇場版の公開から2年以上が過ぎ、ファンの間ではアニメ3期も待たれる『サイコパス』は未だに人気が根強い作品です。こちらではアニメ1期主人公を務めた狡噛慎也について、プロフィールや声優、吸っているタバコやその意味、常守朱や槙島聖護との関係などを劇場版まで含めて考察してみました。

『サイコパス」狡噛慎也の年齢・身長・声優紹介

インテリかつ鍛え上げた肉体を持つスーパー刑事


出典:PSYCHO-PASSサイコパス公式‏Twitter

狡噛慎也は2084年8月16日生まれ、『サイコパス』1期の世界は2112年だったのでこのとき28歳という設定です。身長180㎝に体重66kgと羨ましいような体型、よけいなものを一切削ぎ落したような肉体は毎日のトレーニングの賜物です。劇場版ではかなり筋肉量が増えて逞しくなってましたから(ファンの間ではもはやゴリラとまで言われていました)もう少し体重が増えたかもしれません。

彼は単に身体能力が高いだけではなく、推理力や洞察力も優れていて、事件のたびに論理的に物事に対処しようとする姿勢をみせています。また、犯人の心理を読み解く能力もずば抜けており、それが事件解決へとつながったケースも多いです。肉体派かと思えばまさかの頭脳明晰、そのギャップもいいのですが、推理力・洞察力で犯人を追いつめ、執行する際はその優れた身体能力を遺憾なく発揮する、そのさまはまさに「スーパー刑事」であり、かっこいい人だなと思います。

狡噛慎也を演じるのは声優の関智一


出典:PSYCHO-PASSサイコパス公式‏Twitter
(写真左)

狡噛慎也を担当するのは声優の関智一です。関は1972年9月8日生まれ、声優としての活躍の他にナレーターを務めたり、舞台役者として活躍したり、CDを出したり、と多彩な才能を発揮しています。2014年4月には落語家の立川志ら乃に弟子入りをしたりも。

狡噛慎也の声はやや低音でとてもハリのあるかっこいい声ですが、関はさまざまな声色でキャラを演じ分けることができる声優です。たとえば『ドラえもん』のスネ夫の声の人、と言っても狡噛しか知らなかったらおそらくピンと来ない人も多いのではないでしょうか。まさにそれが形となって表れたのが2017年1月の声優総選挙で第5位を獲得したことで、その時には「ギャップが魅力の天才声優」と紹介されました。

関はその他『機動戦士Vガンダム』のトマーシュ・マサリク役、『Fate/stay night』のギルガメッシュ役、『妖怪ウォッチ』のウィスパー役、『昭和元禄落語心中』の与太郎役など、多数作品に出演しています。

狡噛慎也が吸うタバコの秘密

銘柄は「SPINEL」 由来は『踊る大捜査線』

ファンであればおそらくほとんどの人が「狡噛さんが吸ってるタバコの銘柄はなんだろう」と思ったことでしょうし、調べたことと思います。彼が吸っているのは、アニメ内画像から「SPINEL」という銘柄のようです。

この銘柄は実際には存在しませんが、モデルはおそらく『踊る大走査線』シリーズの主人公、青島刑事が好んで吸っていた「アメリカンスピリット」ではないかと言われています。そのシリーズと『サイコパス』シリーズの監督は同じ、ということからもなるほどと思わせる考察です。

彼がタバコを吸うのは佐々山を忘れないため


出典:PSYCHO-PASSサイコパス公式‏Twitter

アニメ内でも狡噛がタバコを吸うシーンは結構多く見られますし、デスクにカートンで積まれていますので喫煙量も相当なのでしょう。狡噛がタバコを吸うようになったのは、同僚だった佐々山が「標本事件」で殺されてからのことです。彼と同じ銘柄のタバコを吸うのは、あの時部下を救ってやれなかったことや、彼が命を落としてまで、直前まで犯人を追い詰めておきながら事件を迷宮入りさせてしまったことの戒め、そしてなにより佐々山を忘れないため、そうも思えます。

実際、筋力トレーニングに喫煙はあまり良いものではありません。あれだけストイックなのにどうしてタバコはやめないのか、疑問でもあります。彼の精神力であれば禁煙なんて簡単なことじゃないかなとも思います。それを考えると元々愛煙家というわけではなく、やはり上記の理由で吸い続けているのではないかと思えます。

ちなみに1期ラストでもまだタバコを吸っている描写がありましたので、犯人である槙島を殺しても彼の中ではまだ「終わっていない」のだなと思いました。

狡噛慎也と常守朱の関係…2人の間に恋愛感情は?

狡噛は朱を1人の監視官として認めていた


PSYCHO-PASS サイコパス VOL.7(出典:Amazon)

あんたは、何が正しいかを自分で判断した。役目より正義を優先できた。そういう上司の下でなら、俺はただの犬ではなく、デカとして働けるかもしれない。

アニメ第2話「成しうる者」より引用

狡噛と、ヒロインである常守朱の間に「恋愛感情」があったか否か、これはファンの間でも意見が分かれているところです。公式単行本「PSYCHO-PASS サイコパス OFFICIAL PROFILING 2」に収録されていた本広総監督のインタビューには「愛情を超えた信頼関係」などと語られていましたが、男女という枠、そして恋愛とかいう枠を超えて、これこそが「理想の人間同士の間柄」ということではないのかとも解釈することができると思います。

そんな狡噛と朱の出会いは、就任しょっぱなから朱が犯人ではなく狡噛をドミネーターで執行するというなんとも衝撃的なものでした。明らかに他の執行官たちとはオーラの違う狡噛、そして着任したばかりの朱、おそらくほとんどの人が狡噛と朱の間には溝ができ、ちぐはぐした関係が今後描かれていくのかなと思ったのではないでしょうか。

ところが狡噛は、見舞いに訪れた朱に上記のセリフを告げます。怒っているどころか、朱の判断を「正しい」とした上で「監視官」としてまた「上司」として認めた瞬間だと言ってもいいと思います。そしてこれがストーリー通じての2人の関係に尽きるのかなと思います。