イケメン毒舌がカッコいい!『ハイキュー!!』月島蛍の成長を名言とともに振り返る





春高全国大会へと進んだ漫画『ハイキュー!!』烏野高校の面々。今回は、烏野高校のブロック司令塔と言っても過言ではない月島蛍を取りあげます。1巻登場時から毒舌がさえわたり、バレーに対して本気になれなかった月島ですが、88話を境に大きく成長!トラウマとなった兄のことなどを毒の効いた名言とともに振り返ります。

漫画『ハイキュー!!』月島蛍のプロフィール

まずは漫画『ハイキュー!!』の月島蛍(つきしま けい)のプロフィールについておさえておきましょう。

超クレバー!烏野のブロック司令塔・月島蛍


出典:アニメ「ハイキュー!!」公式Twitter

月島蛍は烏野高校1年生でポジションは主人公の日向と同じMBです。身長は当初188.3㎝でしたが、190.1㎝と順調に成長中。日向と違い、体格に恵まれ、バレーのセンスも。

進学クラスに所属する蛍は、超クレバー。ブロッカーとしても優秀で、殻を破ってからは、1年生ながら烏野のブロック司令塔として機能しつつあります。
しかし、毒舌家で皮肉屋という面も持ち合わせており、蛍には毒舌名言が多数存在!こんな性格になった原因の一つとしては、兄・明光の存在が挙げられます。

アニメ版声優=内山昂輝


出典:アニメ「ハイキュー!!」公式Twitter
(写真中央)

漫画『ハイキュー!!』は、2014年にアニメ化されており、2015年には2期が放映されるなど、アニメ版も人気です。アニメ版で月島蛍の声を務めたのは、『キングダム ハーツII』のロクサス役で注目され、以来、数多くのアニメ作品に出演している内山昂輝です。どこか影のある役を演じることが多い内山にとって、月島蛍 役はまさにハマり役!

【月島蛍の毒名言】鍵は88話!月島の変革を見る


出典:アニメ「ハイキュー!!」公式Twitter

物語前半で月島は、皮肉屋で毒舌家で、チームメイトたちと仲良くする気なんてサラサラ無く、バレーに対しても全く熱いものを持っていないクールなイケメンという印象でした。月島が変わったのは、10巻88話「幻覚ヒーロー」。86話から続く「月島神回」と呼ばれる覚醒シーンを、月島の毒名言とともに振り返っておきましょう。

毒名言①「そんな風にやるから あとで苦しくなるんだろ」

「そんな風にやるから あとで苦しくなるんだろ」by月島蛍

出典:10巻86話「月の出」より引用

インハイ前の東京合宿。そそくさと自主練を切り上げる蛍に対して音駒の黒尾が、蛍と日向とを比較するような発言をします。それに対する蛍の返答は「しょうがない」。その後、一生懸命自主練習を続けるメンバーたちの様子を目の当たりにして蛍から発せられた毒名言が上記のもの。

毒名言②「カッコ悪」

「カッコ悪」by月島蛍

出典:10巻87話「エースの意地」より引用

蛍の毒名言は聞いていて辛くなるものが多いんですが、この「カッコ悪」は、そんな蛍の毒が良い方向に作用した代表格の名言です。

蛍には小学生の頃からの付き合いの山口という親友がいます。小学生の頃、山口はいじめっ子たちにいじめられていました。その様子を見た蛍がいじめっ子たちを見下したように放った一言が「カッコ悪」!

毒名言③「絶対に一番になんかなれない どこかで負ける」

「絶対に一番になんかなれない どこかで負ける」by月島蛍

出典:10巻88話「幻覚ヒーロー」より引用

蛍の苦悩がよく現れている名言です。一番になれる保証なんかどこにも無いのに、キツイ練習を続けるその原動力はいったいどこからくるのか…この当時の蛍は、仲間たちのことをまるで言葉が通じない異人種を見るかのような目でしか見ることができませんでした。

毒名言④「僕がぐだぐだと考える事より 山口の一言の方がずっとカッコ良かった」

「僕がぐだぐだと考える事より 山口の一言の方がずっとカッコ良かった」by月島蛍

出典:10巻88話「幻覚ヒーロー」より引用

真っ向から人と対話することが苦手な蛍は、気持ちを他人にガツンとぶつけた経験は無いようです。しかし、88話「幻覚ヒーロー」で真っ向からぶつかってきた山口から、蛍は浮上のヒントとなる言葉をもらいます。

それは「プライド」です。山口は、頑張る原動力=プライドだと言い切りました。カッコ良いことが好きで、プライドも高い蛍。山口の言葉が一体どんな内容を意味するのかを確かめるため、黒尾や木兎のもとへ向かいます。

【月島の兄・明光の名言】月島の兄・明光の溢れすぎる弟への愛


出典:アニメ「ハイキュー!!」公式Twitter

東京合宿で一つの殻を破った月島蛍。しかし月島蛍にはまだ超えなければならないトラウマがありました。兄の明光のことです。月島蛍がどのように乗り越えていったのかを今度は月島の兄・明光の弟愛が溢れすぎる名言とともに振り返ります。

【考察】蛍との関係性、トラウマとは?

トラウマというと、二人は一体どんな関係なんだ!? とほの暗いものを想像してしまいますが、元々の関係性は決して悪くないものでした。というより、むしろ良いほう。中学時代バレー部だった明光は、エースとして主将としてチームを引っ張る存在で、蛍にとって明光は憧れの存在だったんです。

しかし、烏野高校に入学した明光を待っていたのは、自分よりも低身長で身体能力も高く、バレーの資質も優れている「小さな巨人」。明光は「小さな巨人」にエースの座を奪われる形で、結局高校時代はベンチにも入れず終わってしまいます。

明光は、そんな状態であることを、自分に憧れてくれている蛍に言えず、嘘をつき続けます。明光が烏野のエースと信じて疑わない蛍は、ある日友達と連れ立って兄の晴れ舞台を見ようと試合見学に訪れます。そこで目にしたのは、スタンドでメガホンを持って応援している明光の姿。この時のことが蛍にとっては大きなトラウマとなり、バレーに対しても兄に対しても距離を取るようになってしまったんです。

弟愛溢れる名言①「気が済むまで本気でやれる場所にいたい」

「気が済むまで本気でやれる場所にいたい」by月島明光

出典:11巻98話「会話」より引用

その事件以来、蛍は明光のことを避けるまでもはいきませんが、明光に対して心を開かなくなったようです。そんな蛍のことを人一倍気にしていたのは明光でした。蛍がバレーにのめり込めないのは、自分のせいだと思っているところがあったのでしょう。

烏野高校に入学した蛍のことを気にかけ、実家に帰省した明光は、自分がなぜバレーを続けているのか蛍に語ります。高校で思うようなバレーができなかった明光が今も前向きにバレーを続けているという事実。このことは、何よりも蛍をバレーに全力で向かわせるきっかけとなったと考えて良いでしょう。

弟愛溢れる名言②「うちの弟はね ガッカリするぐらい冷静なんです」

「うちの弟はね ガッカリするぐらい冷静なんです」by月島明光

出典:17巻153話「3本目」より引用

蛍に試合を見に来ないよう釘を刺されていた明光ですが、春高地区予選白鳥沢との決勝には、居ても立っても居られず、かなり浮いた変装をして見学にやってきます。