『マギ』七海の覇王シンドバッドのジンや魔装、仲間の解説&考察





『マギ』外伝の『シンドバッドの冒険』は、シンドバッドの幼少時代から七海の覇王となるまでが描かれています。シンドバッドには、なぜ未来を見通す力があるのか、ダビデとの関係や魔装など本編では語られていない情報を、考察を交えて紹介します。

七海の覇王シンドバッドとは

ユナンによって”その力”を与えられた


出典:TVアニメ「マギ シンドバッドの冒険」公式Twitter

シンドバッドは未来を見据える力があります。『マギ』では、この「未来を見据える力」によるトラブルが起きています。この数年後、船乗りだったシンドバッドの父の船に潜り込み、それを知らずに船を出した父親は、幼いシンドバッドは、嵐にみまわれました。何とか命拾いしましたが、帰る方角も分からなくなってしまった父。

すると、シンドバッドが帰る方向を教えたというエピソードがありますが、この力はシンドバッドが生まれる直前、ユナンがシンドバッドを「王の器」に選んで与えた力によるものです。簡単に言ってしまえば、「世界を変えてくれる」と期待したわけですが、ユナンはシンドバッドがあまりにも「王の器」に近しいから、怖いとも言っていました。これが『マギ』で言う、「半堕転の特異点」と「ダビデ」に繋がるということなのです。

シンドバッドとダビデとの繋がり


出典:TVアニメ「マギ シンドバッドの冒険」公式Twitter

シンドバッドがダビデと繋がったのは、シンドバッドが初めて建国したシンドリア王国でのことです。シンドバッドは、若くして複数の迷宮をクリアし、各国を旅しながら仲間を増やしてきました。その結果「八人将」と呼ぶ信頼する仲間が出来たわけですが、その頃は、自分の幼少期の悲惨な経験から、平和で平等な国を創ることが唯一の願いでした。

パルテビア王国の指揮官バルバロッサとの約束の元、パルテビアにある小さな島を買い取ったのです。そこが最初のシンドリア国誕生となりました。しかし、ある事態が起きて、パルテビア王国に宣戦布告してしまったシンドバッド。これが原因で、パルテビアが進軍しシンドリア国は滅ぼされ、一瞬にして平和が崩れ去ってしまったのです。

この戦争により、多くのシンドリア国民が堕転……。シンドバッドは、彼らの黒くなったルフを、すべて自身に取り込んだことで、ダビデと繋がり、声が聞こえるようになったのです。

最初に建国したシンドリア国はなぜ滅んだのか?

バルバロッサの野望とセレンディーネの堕転

平和を望むシンドバッドに、いったい何が起きたのでしょうか? バルバロッサは、パルテビアでクーデターを起こし、王国制度ではなく「独立国民党」の当主という形で、国の実権を握っています。要は、体よく国を乗っ取り、表向きは国を良くしようと振舞っていますが、裏では闇が蠢いている人物。

パルテビアの皇女セレンディーネとの婚姻によって、権力を得たわけですが、当時、セレンディーネはバルバロッサの本性を知りませんでした。しかし、バルバロッサの真の目的を知ったセレンディーネは、憎み恨むようになり、奴の思い通りにはさせないと堕転して「人間をやめた」のです。

シンドバッドの力とシンドリア国の勢力を利用した?

そこでシンドバッドに目をつけ、シンドリア王国の勢力を以ってバルバロッサを打ちのめそうとしました。もちろん、それを言ったからといってシンドバッドが同調してくれるわけではないので、自身のジンの力「ゼパル」でシンドバッドの精神を操って、バルバロッサに宣戦布告させたというわけです。

いくら精神を操られていたからといっても、バルバロッサはそんなことが通用する人物ではありません。シンドバッドは、バルバロッサと戦う決心をせざるを得なくなってしまいました。まだ、建国したばかりのシンドリアと、パルテビア軍の勢力の違いは明らかで、シンドリア国は無残にも、滅ぼされてしまったのです。

仲間のミストラスとルルムはなぜ『マギ』に登場しないの?

ルルムの死はパルテビアとの戦いではない?


出典:TVアニメ「マギ シンドバッドの冒険」公式Twitter

『シンドバッドの冒険』では、ササン王国で仲間に加わった「ミストラス」という人物と、ヒナホホの妻ルルムという人物が登場しています。しかし、本編『マギ』では、ふたりとも登場しておらず、ミストラスに関しては、弟のスパルトスが八人将となっています。

また『マギ』の32巻317夜で、ヒナホホにシンドバッドは、「奥さん(ルルム)が死んで、男手ひとつでよく頑張ったよ。」というほか、死因が分かるようなことには触れていません。ただ、パルテビア軍との戦いで、亡くなったのだとすると、ミストラスと同じように偲ぶはずですよね。

しかもルルムは、シンドバッドがバルバロッサの「独立国民党」と取引きしていた頃に、4人目を身ごもっており、その後ヒナホホが4人を育てているので、パルテビア軍との戦いで亡くなった可能性は低いかもしれませんね。

ミストラスはパルテビア軍との戦いで亡くなっていた!


出典:TVアニメ「マギ シンドバッドの冒険」公式Twitter

ミストラスは、『シンドバッドの冒険』166夜でのパルテビア軍とシンドリア国との戦いの中で、シャム=ラシュに串刺しにされ、死の間際で力を求め眷族と同化しました。しかし、シャム=ラシュの魔力操作によって体の中を破壊され、体内から爆発が起きて跡形も無く消え去ってしまったのです。最後に浮かびあがるミストラスの笑顔と、それを思い出して大粒の涙を流し、ミストラスの亡骸を抱きしめているピピリカの姿が、何ともいえない深い悲しみを表しています。

スパルトス「…兄が、死んだときは……涙が枯れず……国をも守りきれず心だ兄の無念は、永遠に私と共にあると信じてきたのですが……最近は兄との美しかった思い出だけが蘇えるのです。」

ピピリカ「それは君があの場にいなかったからだよ。私は忘れない。人の焼けるにおい……あの人の、無残な死に顔……」