この人が主演をしていれば間違いない!ハリウッドのコメディ俳優BEST5!





「海外のコメディ映画って気になるけど、本当に面白いの…?」。そんなあなたの疑問にお答えして、今回はハリウッドの実力派コメディ俳優5名の紹介と共に、その俳優の代表作を紹介していきます!海外のコメディ映画をスルーされていた方は必見です!

サイモン・ペッグ┃1970年2月14日生まれ

当代きっての売れっ子コメディ俳優!


宇宙人ポール [Blu-ray](出典:Amazon)

コメディ俳優として現在最も売れている人物と言えば、まず一番にサイモン・ペッグの名前が挙がるのではないでしょうか。

このイギリス人コメディアンはドラマ『スペースド』で注目を浴び、その時の監督エドガー・ライトと共演者ニック・フロストと共に製作した映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』が大ヒット。以降、コメディ映画のみならず、『ミッション・インポッシブル』シリーズや、『スター・トレック』シリーズなどの大作映画にも引っ張りだこの俳優です。

名作のオマージュが満載!『宇宙人ポール』(2011年)

今作も監督エドガー・ライト、主演サイモン・ペッグ&ニック・フロストの「イギリス人トリオ」で製作が進められる予定でしたが、エドガー・ライトが別作品の撮影のため降板。そして、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で知られるアメリカ人監督グレッグ・モットーラと初めてタッグを組み、今作を大成功させました。

『未知との遭遇』など名作映画へのオマージュをふんだんに盛り込んだ今作は、アメリカに憧れるイギリス人のオタクが、現実のアメリカを知りながら道中現れた宇宙人“ポール”を宇宙へ返そうと奔走するSFコメディ。ギャグの密度もさる事ながら、『未知との遭遇』のテーマでもあった「他者と理解しあうこと」を、イギリス人俳優がアメリカ人の監督やキャストに囲まれながら製作しているというメタ的な構造も含めて体現した傑作コメディです。

スティーブ・カレル┃1962年8月16日生まれ

風変わりなオジサン役は天下一品!?


40歳の童貞男 [Blu-ray](出典:Amazon)

コメディ・ニュース番組のレポーターとして注目されたスティーブ・カレルは、2005年に主演・脚本・製作総指揮を務めた映画『40歳の童貞男』が大ヒット。その年にスタートしたドラマ『ザ・オフィス』も大ヒットシリーズとなり、一躍ハリウッドを代表するスターコメディ俳優になりました。

コメディ映画だけでなく、映画『フォックスキャッチャー』の無表情な富豪役や、映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の金融市場での不正を暴く熱血漢など、一癖ある役での評価が高いです。

風変わりなオジサンの極地!?『40歳の童貞男』(2005年)

「40歳なのに童貞」という設定は普通に聞いたら信じられないと思うところを、風変わりの名士スティーブ・カレルが演じてみたらあら不思議、本当にそうなんじゃないかと思える説得力のある演技力で、見事に40歳で童貞のフィギュアオタクであるアンディを演じきっています。果たして、アンディは無事に童貞を卒業できるのか笑!?

日本では当初、劇場公開の予定はありませんでしたが、アメリカでの大ヒットもあり、DVD発売の直前に劇場公開された作品です。

鶴瓶も良いけどカレルも聞いて!『怪盗グルー』シリーズ!

風変わりなオジサンの役ばかり演じているせいか、CGアニメ映画『怪盗グルー』シリーズでは主人公のグルーの声を担当しています。

シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』が2017年7月に公開になり、笑福亭鶴瓶が吹き替えを担当していることが日本では話題となっていますが、ぜひスティーブ・カレルのひねくれ演技の声も聞いてみて下さい!

ウィル・フェレル┃1967年7月16日生まれ

『俺たち』シリーズが大人気!


俺たちニュースキャスター [Blu-ray](出典:Amazon)

アメリカの人気コメディショー『サタデー・ナイト・ライブ』で人気者になったウィル・フェレルは映画界にも進出。『サタデー・ナイト・ライブ』時代に脚本を担当していたアダム・マッケイ作品に多数出演します。

彼が出演する作品の邦題には『俺たち~』というフレーズが入るのが特徴で、『俺たちニュースキャスター』、『俺たちフィギュアスケーター』、『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』などが日本でも人気があります。

また、彼の人気を決定づけた2003年の映画『エルフ ~サンタの国からやってきた~』は、アメリカではクリスマスに家族みんなで観るコメディ映画として定番化した作品です。

バカバカしいのに実話がベース!?『俺たちニュースキャスター』(2004年)

70年代のアメリカの地方TV局を舞台にしたコメディ映画。当時ニュース番組の司会は男性が行うのが常識とされていた時代に、一人の女性が司会になろうとすることから騒動が起こります。映画の中ではバカバカしく描かれていますが、司会になろうとする女性にセクハラなどの嫌がらせを行ったことなどは実話を元にしており、「70年代の男社会におけるカッコよさ」をコメディとして描くことで、女性差別を批判している作品になっています。