量産の中から傑作を見つける!本当に面白いおすすめゾンビ映画8選





昨今の流行に乗り量産されているゾンビ映画。状況、ストーリー、登場人物、ゾンビの定義、対策方法etc…様々な部分に趣向を凝らした作品が製作され続けていますが、本当に面白いと言えるものはごくわずか。今回は、そんなゾンビ映画の中でも特にオススメできる8作品をご紹介します。

『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年/イギリス)

ロマンス、ゾンビ、そしてコメディ!


ショーン・オブ・ザ・デッド [Blu-ray](出典:Amazon)

今作は、ゾンビ映画の金字塔とも言われるジョージ・A・ロメロ監督作『ゾンビ』(原題:Dawn of the Dead)を下敷きにしたコメディ映画。公開時の“Rom Zom Com”(ロマンス、ゾンビ、コメディ)というキャッチコピーの通り、1:3:6ほどの割合で物語が構成されています。コメディ多めです。ふざけまくってます。国民性を揶揄するブラックジョークを織り交ぜたりと自虐ネタも忘れておらず、ゾンビに襲われるという危機的状況でも何度も笑わせてくれます。

ゾンビ映画デビューの方にはうってつけの作品

前述の3つの要素に加え、30歳を目前に自堕落な生活を送っている主人公の成長物語も見どころです。プライベートでも仲の良いサイモン・ペグとニック・フロスト、そしてエドガー・ライト監督の三人は相性が良かったようで、その後も何度か手を組んでいます。監督特有の、細かいカット割りで魅せるスピーディな演出とユルい笑いの不思議な融合はこの頃から発揮されていて、ゾンビ映画デビューの方にはうってつけの作品です。

『REC/レック』(2008年/スペイン)

モキュメンタリーの特性が活かされて恐怖倍増!


REC/レック [Blu-ray](出典:Amazon)

最近増えている映画ジャンルの一つに、モキュメンタリーというものがあります。「モック(見せかけの)」と「ドキュメンタリー」を組み合わせた造語で、つまり架空の話をドキュメンタリー風に撮影した映画のことを指します。今作では全編でその手法が用いられていて、他の作品と違いゾンビの恐怖がより身近なものとして感じられます。また、逃げ場がないという閉塞感も相乗されているのでモキュメンタリーの特性がさらに活かされて恐怖増し増しです。

ハリウッドでもリメイクされるほどの完成度に注目

今作に出てくるゾンビは一般的に定義されているゾンビとは少し違い人間的な怖さも含まれていて、登場人物たちが襲われた時の痛々しさや終始続く緊張感はとてもリアルで手に汗握ります。続編も製作されハリウッドでもリメイクされましたが、やはりオリジナルの今作が最も興奮します。ゾンビ映画では珍しいまさかのラストにも満足です。

『ザ・ホード -死霊の大群-』(2010年/フランス)

ゾンビよりも怖いヤツらが大暴れ!


ザ・ホード 死霊の大群 [DVD](出典:Amazon)

「人々がなぜゾンビ化したのか?」や「最善の対策方法は何か?」といった、近年のゾンビ映画で提示される疑問を完全無視したノンストップゾンビ殺戮映画!仲間を殺された刑事たちが復讐のために乗り込んだマフィアのアジトにゾンビが次々と現れるのですが、最初こそゾンビのパワーとスピードとタフさに恐れを抱くものの、この刑事チームとマフィアチーム、そして途中参戦の隠れキャラが強すぎて逆にゾンビの方が気の毒になっていきます。

目まぐるしく変わる人間関係とその結末から目が離せない

刑事VSマフィアVSゾンビ・・・最後に生き残るのは誰か?復讐要素も並行して描かれながら、手を組んだり裏切ったり喧嘩したり、短時間で目まぐるしく変わる人間関係とその結末から目が離せません。「死霊の大群」というサブタイトルもぴったりで、いつ終わるんだというくらい大量に出てくるゾンビとのバトルは見もの。アイデアばかりに注力したゾンビ映画に飽きた頃に、ぜひお楽しみください。

『ゾンビランド』(2010年/アメリカ)

生き残るための“32のルール”が面白い


ゾンビランド [Blu-ray](出典:Amazon)

ゾンビ映画には大きく分けて2種類あります。1つは、ゾンビの発生から拡大までを描いているもの。そしてもう1つは、すでにゾンビが世界中に蔓延しているもの。今作は後者にあたり、生存者がほとんどいない荒廃したアメリカ“ゾンビランド”が舞台になっています。ジェシー・アイゼンバーグ演じる貧弱な主人公は、自らに“32のルール”を課すことによりこの“ゾンビランド”で何とか生き延びている状況。このルールが他作品とは違い独創的で面白いです。