『ゴールデンカムイ』11巻考察&12巻予想!尾形の過去と変化に注目





『ゴールデンカムイ』第11巻の内容考察と、第12巻の発売日&内容の予想をしています。第11巻の肝は、これまで一匹狼(山猫?)の立ち位置を貫いていた尾形の凄惨な過去とかすかな心境の変化です。それらは今後どういった展開につながるのでしょうか。

第11巻のあらすじ|刺青人皮×2と尾形の過去


出典:ゴールデンカムイ公式Twitter

第10巻では裏切者疑惑の晴れた白石を連れ、第七師団の追手から逃げおおせた杉元&アシリパ一行。尾形を含めた4人で行動中です。2017年8月18日に発売された、5か月ぶりの第11巻の内容を大まかにまとめると、以下の3点に集約されます。

1.「稲妻強盗」坂本・お銀 VS 鶴見中尉小隊
2.尾形百之助の過去回想
3.動物偏愛家・姉畑支遁の犯行による谷垣の冤罪(未解決)

1の稲妻強盗夫婦はともに斃れ、2の姉畑の件はまだ解決はしていないものの、おそらく次巻あたりで決着がつき、彼も退場することでしょう。よって今後の展開を考えるならば、注目すべきはついに明かされた尾形の過去です。彼の冷徹さを形成したと考えられる幼少期と家族関係をメインに考察します。

内容考察①|尾形の家族関係とかすかな変化?

冷徹でバアチャン子の尾形を作った“父母殺し”の過去


出典:ゴールデンカムイ公式Twitter

尾形の過去が語られたのは、第103話「あんこう鍋」。尾形がエリート軍人である花沢幸次郎中将の息子だということはすでに明かされていましたが、今回さらに尾形の母は芸者上がりの妾であるため、父の姓を名乗れなかったことなどがわかりました。

しかしそれよりも特筆すべきは、父・母・兄を手にかけたのが尾形自身であったことでしょう。しかも母を殺した動機を、彼女が待ち焦がれた父に葬式で会わせてやるためだったと淡々と語る尾形。サイコパスのテスト問題にも似たエピソードであり、父を待ち続けて狂った母と過ごした幼少期が、彼の冷徹な人格を形成したと考えてよさそうです。

そして尾形が自分を“バアチャン子”と称するのは、母が狂ってからは母方の祖母に面倒を見てもらっていたためでしょう。また彼の射撃の才能の芽生えとして、幼少期からの鳥猟についても語られ、これまで謎の多かった尾形百之助という人間の本質に、一気に迫る内容となりました。

谷垣ら杉元一行に対する尾形の態度の軟化


出典:ゴールデンカムイ公式Twitter

尾形の過去が紐解かれ、彼の孤高のスナイパー然とした振る舞いにも合点がいった第11巻。しかしそれとは裏腹に、尾形の態度は杉元らと行動を共にするうち、徐々に軟化しているようにも感じられます。

杉元一行に加わるまでは全く考えが読めない不気味なスナイパーだった尾形。鶴見中尉から土方に寝返ったことも、彼が人に心を開かず自分の利害のために行動しているゆえでしょう。しかし獲物を撃ち取って得意げな表情を見せるなど、少しずつ人間味が表れています。

そこにきて今回の回想です。これはおそらく、読者の心を尾形に近づけるのが目的。つまりこの先、彼が決定的に変わる、あるいは彼の内面が掘り下げられる展開があるということでしょう。

鯉登・尾形とのやりとりからうかがえる鶴見中尉の人心掌握術


出典:ゴールデンカムイ公式Twitter

尾形の回想から得られたのは、彼の人格形成の基盤だけではありません。人の心を絶妙に掌握する鶴見中尉のやり口も明らかになりました。革職人・江戸貝の時も元マタギの谷垣の時も、そして今回の尾形の時も、鶴見中尉は相手の心の軸となる部分に触れ、理解を見せることで懐柔してきたようです。中でも親にも理解されなかった性癖を認められた江戸貝などは、鶴見中尉に対し信仰にも近い気持ちを抱いたことは理解できます。

では江戸貝に負けずとも劣らない鶴見中尉信仰を抱く鯉登少尉は、そうなるまでに一体どんな経緯があったのでしょうか…。これは今後明かされるのを待つしかなさそうですが、非常に気になるところです。