ハリウッドの革命児!デヴィッド・フィンチャー監督のオススメ映画BEST5





現在のハリウッドで最も脂がのっている映画監督と言えば、デヴィッド・フィンチャーの名前が挙がるでしょう。今回は新作が公開される度に話題となるフィンチャー映画のBEST5を紹介します。まだ彼の作品を知らない方でも、これを期に鑑賞してみて下さい!

反骨精神の革命児!デヴィッド・フィンチャーとは?

CGを厭わない完璧主義者!


出典:ゴーン・ガール公式Twitter

フィンチャーの映画監督としてのキャリアは、映画『エイリアン3』の監督に抜擢されたところから始まります。リドリー・スコット監督もそうでしたが、映画監督以前にミュージックビデオやCMを手がけていたこともあり、映像に関しては完璧を追求し、彼の映像は画面の隅々までCG加工によってガッチリと制御されています。自分の中のイメージを映像に抽出するためにはCG等どんな手法も厭わないというスタンスの監督です。

描くのは常に「弱者が起こす反逆」の物語

彼の作品で一貫しているのは「弱者が起こす反逆」の物語ということです。これはデヴィッド・フィンチャー監督のキャリアとも関係しています。彼の監督デビュー作の映画『エイリアン3』は批評家から酷評されますが、次作の『セブン』で彼の評価は一発逆転します。

近年でも、映画『ドラゴン・タトゥーの女』が興行的に失敗した後は映画業界から一時的に干されていたのですが、その間にテレビ業界に進出し、Netflix配信ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』を大ヒットさせ、映画『ゴーン・ガール』の監督として、見事ハリウッドに復活します。

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』は一度受けた屈辱を晴らすためにどんな手を使ってでも権力を手に入れていく政治家の物語でしたが、これはまさに、屈辱的な経験を跳ね返して、ハリウッドのトップに君臨したフィンチャーとも重なります。彼の作品を観賞する際は「反逆」「革命」というテーマを念頭に置いて鑑賞してみてください。

第5位『ドラゴン・タトゥーの女』(2011年)


ドラゴン・タトゥーの女(出典:Amazon)

スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエルは意気消沈の日々を送っていた。ある日、彼のもとにスェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人から家族史編纂の依頼が舞い込む。実はヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失踪事件の真相究明だった。ヴァンゲルはハリエットが一族の誰かに殺害されたと信じていた。40年前に一族が住む孤島から何の痕跡も残さず消えた少女。成功の陰に隠された一族の血塗られた過去に気づくものの手がかりの掴めないミカエルは、一族の弁護士から天才的な資料収集能力の持ち主であるとして、ある人物を紹介される。リスベットという名の、顔色が悪く、拒食症患者のように、がりがりに痩せた女。この小柄な女の肩口から背中にかけて、龍の刺青(ドラゴン・タトゥー/ルビ)が異彩を放っていた。

出典:Amazonよりあらすじ引用

「ダークヒロイン」リスベットの誕生!

今作はスティーグ・ラーソンによる推理小説『ミレニアム』シリーズの第一巻を映画化したものです。原作者自身が、レイプされている女性を目撃しながらも助けることができなかったというトラウマを抱えていることもあって、シリーズ全体でスウェーデンにおける女性蔑視問題を取り上げています。

主人公であるリスベット・サランデルは天才的なハッカーでありながらも、精神異常者との烙印を押され後見人を付けられた不自由な女性です。さらに、彼女の新しい後見人は性的な虐待を彼女に行います。しかし、弱者の立場にいるリスベットは反骨の精神でこの後見人をコントロールすることに成功します。まさに、フィンチャー映画に相応しい現代的なダークヒロインが誕生した瞬間です。

今作は予告編にも注目!

今作の予告編は、レッド・ツェッペリンの名曲『移民の歌』のカバーが流れながら今作の映像を断片的に散りばめたもので、スタイリッシュかつダークな雰囲気、なおかつ高揚感に溢れた見事な予告編でした。この選曲はデヴィッド・フィンチャー自ら選んだもので、フィンチャーのCM作りのセンスが光る予告編です。

第4位『セブン』(1995年)


セブン(出典:Amazon)

2人の刑事が追うのは、怜悧な頭脳を持つしたたかな連続殺人鬼。男は七つの大罪のいずれかに該当する者を狙い、おぞましい殺人を繰り返していた。そして最後には観る者の心を食い破る、驚愕のクライマックスが待つ。

出典:Amazonよりあらすじ引用

後味最悪!想像を絶するクライマックス!

世の中には『ミスト』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のように後味が最悪な映画が多く存在しますが、この映画『セブン』も間違いなく「後味最悪映画」の筆頭に挙げられるであろう作品です。ここではネタバレになってしまうので書けませんが、『ミスト』が無理だった人は観ない方が良いかもしれません(笑)。

殺人鬼が救世主になろうとするストーリー

今作の主人公はミルズ刑事とサマセット刑事ですが、裏の主人公はなんといっても配役自体がサプライズの殺人鬼でしょう。

彼はキリスト教における「7つの大罪」を元に連続殺人を行っていくのですが、これは7つの罪を背負った人物をそれぞれ殺害することによって、殺人鬼本人が救世主になれる、という信念のもと実行していきます。社会から阻害されていた彼が、罪に溢れかえった世の中に革命を起こそうとするストーリーでもあります。

第3位『ゴーン・ガール』(2014年)


ゴーン・ガール(出典:Amazon)

『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』の鬼才デヴィッド・フィンチャーが描く男と女の刺激的サイコロジカル・スリラー あなたはこの衝撃の展開に耐えられますか!? 5回目の結婚記念日に姿を消した妻 ダイニング居間の大量の血痕 妻の日記 結婚記念日の宝探しのメッセージ   エイミーに何が起きたのか―

出典:Amazonよりあらすじ引用