朝顔に込められた意味とは!?映画『サマーウォーズ』を考察してみた





夏休みになると観たくなる映画に『サマーウォーズ』を挙げられる方も多いのではないでしょうか。今回は『サマーウォーズ』に込められたテーマと演出の意味を考察していきます。これを読めばもう一度『サマーウォーズ』が観たくなるかも!?

細田守監督の長編アニメーション映画三作目!

細田守の経歴は?


サマーウォーズ [Blu-ray](出典:Amazon)

今回取り上げる映画『サマーウォーズ』はアニメーターである細田守の、監督作品としては三作目、オリジナル作品としては初の長編アニメーション映画です。

細田守は今作以前から短編映画である『劇場版 デジモンアドベンチャー』シリーズの監督として注目され、2006年に公開された『時をかける少女』が、興行規模がわずかだったにも関わらず大ヒットを記録し、一躍日本を代表するアニメーターの一人として認められました。

そしてその次の作品であり、今回紹介する映画『サマーウォーズ』も大ヒット。以来3年ごとに『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』とヒット作を連発し、「細田守監督作品」はスタジオジブリ作品に匹敵するほどのブランド力を確立しました。

躍動感溢れるアニメーションに注目!

「主人公が様々な空間を駆け巡るアニメ」と聞いて宮崎駿作品を思い浮かべる方も多いかと思いますが、宮崎作品から強い影響を受けたことを公言している細田守も、躍動感溢れるアニメーション演出を多く盛り込んでいます。

映画『サマーウォーズ』で言えば、OZの中におけるキングカズマの動き、『時をかける少女』のタイムリープする場面、『おおかみこどもの雨と雪』の雨と雪が走り回るシーンなど、キャラクターの生き生きとした躍動感がとても素晴らしいです。

丁寧に演出された「日常」

地味な部分ですが、細田守が意識的に描いているのが「アニメの中における日常」の風景です。

「日常の何気ない仕草をアニメで表現すると、そこにそのキャラクターが生きているように感じられる」と細田守本人も言っているように、「日常」の場面を丁寧に描くことで、彼の作品の中には本当にそのキャラクターが実在しているかのような感覚にさせられます。『おおかみこどもの雨と雪』の中で、花が雨と雪の世話する日常描写が印象的だった、という方も多いかと思います。

アニメで描くリアルな「日常」の風景

陣内家の実家感


出典:スタンリー@金曜ロードSHOW!公式Twitter

それでは、今作における「日常」の風景はどのように描かれているのでしょうか。まず特筆すべきは、劇中の舞台である陣内家での生活の様子がリアルだということです。家の中の細かなディティールによって、本当にそこで陣内家が生活しているかのような気分にさせられます。料理を作ったり、お風呂に入ったり、子供たちは走って遊んだり、我々が普段見ている光景がアニメの中で繰り広げられていきます。

子どもを使った日常表現

アニメの中の日常性を体現する存在として、子供たちは欠かせません。彼らが遊んでいる様子を見るだけで、そこに日常があるように感じられます。

今作の中盤で、栄おばあちゃんに突然の死が訪れ家族全員で悲しんでいる状況で、赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたためその子の母親が乳を与えにいく場面がとても印象的でした。大切な人の死という悲しい状況においても、それでも生活は続いている、ということを強く印象付ける演出だったと感じます。

映画における「フード理論」とは!?


出典:スタンリー@金曜ロードSHOW!公式Twitter

今作で最も日常性を表しているのは、食事のシーンではないでしょうか。陣内家が一堂に会しての食事のシーンは、食べているキャラクター全員が生き生きとしています。

ここで映画の演出力を判断する基準である「フード理論」というものを紹介したいと思います。「フード理論」とは、お菓子研究家である福田里香さんが『ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50』という著書の中で提唱したもので、映画などの物語において登場人物の特性と食べ物の扱い方にある種の法則性がある、というものです。

この「フード理論」は「フード三原則」から成っており、「1、善人は、フードをうまそうに食べる 2、正体不明者は、フードを食べない 3、悪人はフードを粗末に扱う」というもので、さらにこの三原則を発展させて、「一緒に食事をすれば、それは仲間になった証」などがあり、古今東西の良い映画とされている作品はこの「フード理論」に当てはまる演出をしているそうです。

映画『サマーウォーズ』を「フード理論」の観点から見てみると、間違いなく良くできた演出になっていると言えます。健二や陣内家の人々はみんな美味しそうに食事をすることによって、親しみやすさを感じます。また、陣内家に入れない存在であった侘助は、最初は一人でビールを飲んでいますが、彼が陣内家に受け入れられた後はみんなと一緒に食事をしています。食事によって彼と彼の周囲との関係性を見事に表現した演出です。今作を見直す時は、特に食事のシーンに注目してみるのも面白いでしょう。

「日常」からかけ離れた「OZ」の世界

「OZ」の名前の由来は?


出典:スタジオ地図公式Twitter

「日常」の描写を大切にしていた細田守ですが、今作は「日常」と、ネット世界である「OZ」の中の世界の双方が舞台になっています。今作ではこのネット世界「OZ」の中の混乱が、健二たちが暮らしている「日常」の世界も混乱に陥れますが、これは細田守が監督を務めた短編アニメ『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』の新種デジモンによって世界が混乱していく様子と重なります。

ちなみに、この「OZ」という名前ですが、これは細田守監督が現在の東映アニメーションに所属していた頃にスタジオの近くにあったスーパー「LIVIN OZ」から取ったそうです。当時の感覚としては自宅とスタジオと「OZ」の三ヶ所だけが細田守監督が所属している世界だったためこの名前を用いたそうです。

現在の人工知能を予言していた!?


出典:スタジオ地図公式Twitter

「OZ」の中で他のアバターを次々と乗っ取っていく「ラブマシーン」なるAI(人工知能)が登場しますが、2017年現在における、AIが人間の知能を超えてしまうことへの先見性を持っているあたりが、2017年現在にこの作品を鑑賞した時に驚く部分ではないでしょうか。