ジョナサン・ジョースターとディオの運命を示す最高の名言!2人の青春を追ってみた





TVアニメ化以降再評価された『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』。すべての始まりであるこの物語の軸となるのが、主人公ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランド―の関係です。2人の青春を描いた第1部を通して、名言とともに2人の奇妙な関係を追ってみます。

ふたりでひとりの運命…ジョナサンとディオの奇妙な友情

第1部のテーマは2人の青春と絡み合う運命


ジョジョの奇妙な冒険 第1部 1(出典:Amazon)

「ディオ…君の言うように
ぼくらはやはり ふたりでひとりだったのかもしれないな
奇妙な友情すら感じるよ…
そして 今
二人の運命は完全にひとつになった…」

出典:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』文庫版第3巻288ページ

第1部完結間際のジョナサンのモノローグです。『ジョジョ』シリーズは各部のラストで主に主人公の台詞という形で、物語のテーマが語られるようになっています。第1部においてはこの台詞こそがそのテーマであり、2人の関係の結論といえます。

『ジョジョ』は“人間賛歌”がテーマだとされていますが、おそらくそれは、苦境に立ち向かう人間の勇気と成長のこと。襲い来る苦境も運命ならば、それを勇気で乗り越えて切り開くのも運命。第1部で登場してからジョースターの一族の前に立ちはだかり続けるディオは、後に「時を止める」力を得たことからも、まさに襲い来る運命の象徴だと考えることができます。

ディオという“運命”に最初に立ち向かったジョナサン・ジョースター。彼がディオに対し奇妙な友情を感じるまでの物語を、2人を対比しつつ考察します。

少年期|ディオとの出会いとジョナサンの成長

貴族の息子・ジョナサンと貧民街育ちのディオの対比


ジョジョの奇妙な冒険 1(出典:Amazon)

「いいか! ジョジョ
最初に言っておく!
これから君の家にやっかいになるからといって
ぼくにイバったりするなよな
ぼくは一番が好きだ ナンバー1だ!
誰だろうと僕の前でイバらせはしないッ!」

出典:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』文庫版第1巻41ページ

『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』の主人公であるジョナサン・ジョースターは、イギリスの地方貴族ジョースター家のひとり息子。ディオ・ブランド―はロンドンの貧民街でクズのような父親と2人暮らし。母親がいないという共通点以外は正反対ともいえる同い年の少年は、ディオが父の遺言に従ってジョースター家に養子として迎えられることで、初めて出会います。そのときのディオの先制攻撃ともいえる台詞です。

立派な紳士を目指す公明正大かつ温厚なジョナサンは、ジョースター家を乗っ取るためにやって来たディオにとって、最初の標的となった邪魔者でした。甘ちゃんだったジョナサンは何においてもディオに敗北感を植え付けられ、愛犬を焼かれる、恋人のエリナの唇を奪われるといったやり口で、ジョジョに追い詰められていくのです。初対面から長い間、2人の関係はすべてにおいて、苦しい幼少期を味わったディオの圧勝でした。

ジョナサンの爆発力!「君が泣くまで殴るのをやめないッ!」

「君がッ 泣くまで 殴るのをやめないッ!」

出典:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』文庫版第1巻102ページ

温厚なジョナサンはずっとディオに狡猾なやり口で追い詰められるばかりでしたが、愛するエリナの名誉のため、初めてディオに立ち向かった時の台詞です。スポーツ以外で人を殴るなど、温厚なジョナサンには異例のことです。彼がそれほどの激情を駆り立てられたのは、生涯通してもディオに対してのみだったのではないでしょうか。ジョナサンはディオの高圧的で自分勝手な振る舞いによって、ある種の強さを手に入れたのです。

一方ディオは、ジョナサンの宣言通り涙を流し、彼の爆発力を認めると同時に自分の欠点を反省します。つまりこの敗北は、彼にとっても成長の糧となったのでした。実際この時点までのディオのやり口は、少女漫画の悪役さながらの、カリスマには程遠い下卑たものでした。

ジョナサンが自分の爆発力を知り、追い詰めるだけでは逆効果だとディオが認識したことによって、2人はこの後大学時代まで、少なくとも表向きは良きライバルとなります。

学生時代|ディオの陰謀とジョナサンの覚悟

ディオ=純粋な悪「こいつは生まれついての悪だッ!」

「こんな悪には出会ったことがねえほどなァ―――
環境で悪人になっただと? ちがうねッ!!
こいつは生まれついての悪だッ!」

出典:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』文庫版第1巻238ページ

父を救いたいというジョナサンのまっすぐな心根と覚悟に感銘を受けたスピードワゴンが、彼に付き添って屋敷で初めて対面したディオに言い放った台詞。つい直前の「ゲロ以下のにおいがプンプンする」というパワーワードが取りざたされがちですが、後半のディオ評こそ的を射た名言です。

クズの父親を毒殺したのは情状酌量の余地がありました。甘ったれのお坊ちゃんを出し抜いて財産を手に入れようとするのも、貧しい幼少期のせいだといわれれば理解できる範囲の悪事です。しかしその後何年間も世話になった恩人に感謝するどころか毒を盛るというのは、彼の心根がある意味まっすぐに根差した悪だという証明ではないでしょうか。「No.1が好きだ」というかつての価値観も微塵も変わらず、ディオは表面的なやり方を変えただけで、依然純粋な悪なのです。

ジョナサンの守る覚悟「ぼくには指4本など失ってもいい理由がある!」

「ぼくには指4本など失ってもいい理由がある!
それは父を守るため!
ジョースター家を守るため!
君らとは闘う「動機」の格が違うんだ!」

出典:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』文庫版第1巻186ページ

「ぼくは……父のためにここに来た……
(中略)
君の父親が悲しむことはしたくないッ!」