原作ファンも唸らせる『アヒルと鴨のコインロッカー』の感想と考察





伊坂幸太郎の人気小説『アヒルと鴨のコインロッカー』を中村義洋監督により映像化した今作は、原作ファンも唸らせるほどの仕上がりになっています。原作の根底にあるものはそのままに、しかし映画ならではの表現方法で感動を与えてくれます。今回はそんな今作を、感想を交えつつ考察したいと思います。

映像化不可能と言われていた小説『アヒルと鴨のコインロッカー』


アヒルと鴨のコインロッカー [DVD](出典:Amazon)

映像技術が発達し、映画の表現の幅が広がった現代においても、「映像化不可能」と言われる小説は数多くあります。それは映像的な意味ではなく、文章でしか成立しない・表現できないものがあるからです。今作『アヒルと鴨のコインロッカー』も、伏線や仕掛けが巧妙で、原作者自身が「この作品を映画にするのは極めて難しいと思っていた」と語ったほどです。

ではなぜ、今作は映像化に成功したのか。それは、中村義洋監督の、小説が持つ世界観を映像に昇華させる腕が群を抜いて高いからだと考えています。伊坂幸太郎作品の映像化をこれまで何度か行ってきた中村監督ですが、その中で初めて挑んだ作品が今作でした。監督業とともに脚本も務めた中村監督は、原作が持つ世界観や根底にある哲学をしっかりと把握し、それを見事に映像として表現しているように感じます。

原作モノの映像化に際して、なまじの出来ではすぐに批判の対象となる昨今、ここまで原作ファンを納得させる完成度を見せてくれる監督は多くはない気がします。

単なる派手などんでん返しでは終わらせない、不思議な魅力を持った今作に、より興味を持っていただけたら幸いです。

ネタバレ注意!ラストに待つ“どんでん返し”と“悲しい真実”

独特の雰囲気とスピードで進む物語の先にある“どんでん返し”

どんでん返しといえば、それまで観客が持っていた考えや予測からは想像もできないような方向に物語が進んでいくことを言い、サスペンスやミステリーといったジャンルでよく使われています。これまで多くの作品で使われてきたため、目の肥えた観客は結末がすぐに分かって飽きてしまうという欠点もあるこの手法ですが、今作も恐らくどんでん返しのくくりに入るのではないでしょうか。

しかしこの『アヒルと鴨のコインロッカー』、他の作品とは違うものを感じます。登場人物たちや画面全体から醸し出される独特の雰囲気といい、ミステリーでは珍しいゆる~く進む物語のスピードといい、中盤まで何の物語なのかがハッキリと分からず、その全様が掴めません。しかしだからと言って飽きるわけでもなく、その不思議な魅力にズイズイと引き込まれていきます。

そして今作を語るうえで欠かせないどんでん返しの部分。「ボブ・ディランは神様」「隣の隣のブータン人」「広辞苑を盗むために本屋を襲撃」「ペットショップの店長には気をつけろ」といったキーワードが伏線となり、それまでのスピード感を保ったまま終盤にかけて畳みかけるような展開が待っています。冒頭からの雰囲気を保ちつつ、冒頭とは全く違う印象を与えるストーリー構成には本当に驚かされました。

青春群像劇の側面を見せる物語の中にある“悲しい真実”

今作はどんでん返しの部分に注目が集まりがちですが、青春群像劇の側面も見どころです。大学進学にあわせて仙台のアパートに越した椎名(濱田岳)と謎めいた隣人・河崎(瑛太)の間に友情が芽生え、迷いを抱えていた二人がそれぞれの道を見いだしていく様が、ミステリー要素とうまく絡んでいます。

隣の隣に住むブータン人の話を聞かされ、彼のために本屋を襲撃して広辞苑を盗むという意味不明な計画に加担させられる椎名。しかし、物語が進むにつれ、河崎の正体と真の目的が明らかになっていきます。河崎の隣の隣、つまり自分の隣の住人がブータン人だと思い込んでいた椎名ですが、最後に明かされたのは、「隣(椎名)の隣(折り返して河崎)」という、河崎の正体が実は恋人を失ったブータン人・ドルジであったという真実。そして本屋を襲撃したのは、恋人を殺した人物を拉致して復讐を果たすためという真実。「ペットショップの店長には気をつけろ」というドルジの忠告も、真実を知る彼女と椎名を接触させないためでした。

真実を知ってもなおその関係性が変わることのない二人の間には不思議な空気感があり、ドルジの悲しい真実だけでなく、二人のこの関係性にも涙腺が緩みます。そして椎名は実家に戻り、ドルジは何かを決意してそれぞれの道へと踏み出します。ラスト、犬を助けるために車道に飛び出たドルジがどうなってしまったかは分かりませんが、あのシーンにもドルジの変わらない優しさが溢れていて良かったです。