『BLUE GIANT SUPREME』の舞台はドイツ!海外編も今後の展開に期待が高まる





石塚真一の漫画『BLUE GIANT』は、全10巻で仙台編・東京編を終えました。その後、大は明確な意思「世界一のサックスプレーヤーになる」をもって、ドイツのミュンヘンへ。漫画『BLUE GIANT SUPREME』は、大の海外での活躍を描きます。大はいかにして世界一に登りつめていくのでしょうか!? 2巻までの内容から見どころを紹介します。

漫画『BLUE GIANT SUPREME』とは?


BLUE GIANT SUPREME 1(出典:Amazon)

漫画『BLUE GIANT SUPREME』は、全10巻で一応の結末を迎えた『BLUE GIANT』の続編です。2016年より『ビックコミック』にて好評連載中。2017年7月現在、既刊2巻。『BLUE GIANT』10巻でトリオ「ジャス」の活動を終え、衝撃的な結末を迎えた大。様々な出来事を通し、海外を回っていろんな音楽に触れることで世界一を目指すことに。

『BLUE GIANT SUPREME』で大はまずドイツ・ミュンヘンに降り立ちます。果たして大の音楽はドイツでどのように響き、どのように受け入れられ、そしてどのように世界一になっていくのでしょうか。

熱い!JAZZ漫画『BLUE GIANT』は心動かされ勇気をもらえること必至!

2017-07-09

舞台はドイツ!見どころも名言も満載

漫画『BLUE GIANT SUPREME 』は2017年7月現在既刊2巻。まだまだこれから物語が展開していくという序章も序章…。ということで、まずは見どころを探っていきたいと思います。

なぜドイツ!? 日本人=マイノリティ

『BLUE GIANT』10巻でも由井が語っていましたが、Jazzの本場はアメリカ。大は敢えてそのアメリカを外し、他の国の音楽に触れてみたいということで由井におすすめの国を聞き出します。そして、選ばれたのは、なんとドイツ!ドイツといえば、クラシックの本場。クラシックとJAZZ…。全く違うジャンルになります。一体、どうしてドイツを選んだのでしょうか?

おそらく、ここは作者・石塚が、大に試練を与えたかったからなのかと。1巻で大はドイツ・ミュンヘンに降り立ちます。着いたその日にサックスを吹くと決めていたものの、ドイツで大は信じられないほどのマイノリティーでした。警察に職質されたり、バーで演奏したいと申し出ても「アジア人だから」という理由で断られたり…。そんな状態が3話後半まで続きます。

欲しかったのはこの暗さではないか、と思うのです。例えば、音楽に開けた国、他国の文化にも鷹揚な国であるとするなら、東京である程度実力をつけ認められつつあった大にとっては何の試練にもならないのではないでしょうか。実力があろうがなかろうが、アジア人は否、と言い切ってしまう、この国の手詰まり感が物語をより面白くしています。

ドイツでも大は大!基本を繰り返す・続ける!

『BLUE GIANT』の物語に説得力を持たせているのは、主人公の大がどんな時もひたむきに音楽と向き合う姿です。継続の大切さは、世の大成した人たち皆が口を揃えて唱えていますね。

『BLUE GIANT SUPREME』でも、様々な新たな出来事が起こりつつも、大がひたむきに練習を続ける姿が描かれています。この大の練習の描写はきっと、『BLUE GIANT SUPREME』が最終章に入ったときにも描かれることと思います。きっとどんなに偉くなっても、世界一のサックスプレーヤーの称号を得たとしても!大は基本を繰り返し、続けているはず!

大の求心力!大成する人は人を集める!

1巻の4話以降、大に風が吹き始めます。それは留学生・クリスとの出会い。最初、クリスが出てきた感じがいかにも感がスゴクて、ちょっとご都合主義すぎなんでは?と懐疑的になってしまったんですが、読み進めていくと、然もありなん。これは、大の求心力が原因だと思えるように。