熱い!JAZZ漫画『BLUE GIANT』は心動かされ勇気をもらえること必至!





山岳救助を描いた漫画『岳』の作者・石塚真一が2013年から連載している漫画『BLUE GIANT』。今回はJazzがテーマ!迫力ある画で「音楽が聴こえてくる漫画」として認められ、主人公が努力して大成するサクセスストーリーで評価も高く、各漫画賞を受賞!主人公の姿に心打たれ、「自分も頑張ろう」と思えるようになること必至!

面白すぎる漫画『BLUE GIANT』とは?


BLUE GIANT 1(出典:Amazon)

漫画『岳』では2008年に第一回マンガ大賞を受賞し、実写映画化されるなど、新人漫画家であるにも関わらず、作品の評価がすこぶる高い石塚真一。その石塚が2013年より『ビックコミック』にて連載している漫画が『BLUE GIANT』。『BLUE GIANT』もマンガ大賞2016で3位に食い込み、第62回「小学館漫画賞」を受賞。さらに第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞するなど、評価が高い作品です。

テーマはJazz!主人公の仙台の高校生・宮本大がJazzに打たれ、経験も無いのにサックスを吹き始めるところから物語は始まります。大はそれまでバスケ部だったので、もちろん音符も読めず、音楽もましてやJazzに関する知識なんてゼロ!普通なら三日坊主で終わるような展開ですが、大は1年のうち365日毎日練習し続けます。

既刊10巻で、高校編+東京編で物語は一度幕を下ろします。東京での経験を経て、大は新たに世界へと旅立ちますが、その物語は『BLUE GIANT SUPREME』としてあらたに2016年より同じく『ビックコミック』で連載中!こちらは2017年7月現在、既刊2巻。

漫画『BLUE GIANT』の魅力を徹底解剖!

それではここからは、漫画『BLUE GIANT』をまだ読んだことが無いという方のために、その魅力を徹底解剖していきます。漫画『BLUE GIANT』がファンたちの心をつかんで離さない理由はここにあり!

『アメトーーク!』でも絶賛!漫画から音が聴こえてくる!


BLUE GIANT 8(出典:Amazon)

2017年6月29日放送のテレビ朝日系列『アメトーーク!』にて、『BLUE GIANT』が絶賛されていました。やはり「紙から音が聴こえてくる」と石塚の画力の高さを評価。この漫画は、演奏シーンに本当に力を入れています。

例えば、第8巻。大とトリオを組んでいるピアニストの雪祈は、自分のソロプレイが単調であることに悩んでいます。一晩かけて徹夜して、ピアノを弾き続ける雪祈。その悩みに気づいた大は、翌日のお客の前でのパフォーマンス時に、雪祈にソロを促します。第60話のソロ演奏シーンですが、なんと、16ページにわたって描かれます。そこでト書きやセリフはごく一部。ほとんど雪祈がピアノを激しく奏でる画です。

圧巻のそのシーンからは、雪祈が苦しみの末に何かをつかんだことが伝わってきます。『BLUE GIANT』には、そんな演奏シーンがたくさんあり、ほぼ1話を大迫力の鬼気迫る画のみで伝えてくることも。漫画で音楽を描くというのは、難しいことですが、こういった手法によって、読者は聞こえないはずの音が紙から聴こえてくるという体験を得ることになります。

1巻は我慢!2巻以降加速度的に面白くなる!


BLUE GIANT 2(出典:Amazon)

筆者が『BLUE GIANT』と出会ったのは、2015年でした。きっかけはマンガ大賞。2015年のマンガ大賞にも『BLUE GIANT』はノミネートされており、5位でした。その時点で既に7巻まで発刊されており、1巻から読み始めたのですが…。感想は「ん?これ面白い?なんかアホな主人公の青春漫画?失敗?」でした。

1巻がイマイチ…という評価は筆者だけでなく、やはりままあり…。でもマンガ大賞で評価されているんだからと読み進めていくと、2巻以降は加速度的に面白くなります!3巻以降になると画も安定し、画面から音が聴こえる現象が!そして、東京編に入り、トリオ「ジャス」を組むころには、もう続きが気になってしょうがない展開に!とにかく、最初の1巻を過ぎれば、あとはもう読むしかなくなりますので、ご注意を!