“上田無双”って!?声優・上田麗奈の実力が新人のレベルじゃない!





「女性声優なんかみんな同じ声」なんて思っている人に、是非知ってほしいのが上田麗奈です。新人だとどうしても美少女役ばかりが求められがちな女性声優ですが、上田麗奈はひと味違います! どんな役でもなり切って視聴者を圧倒する、超実力派声優・上田麗奈を知ってください!

上田麗奈のプロフィール・特色

プロフィール


出典:上田麗奈公式Twitter

  • 名前:上田麗奈(うえだ れいな)
  • 愛称:うえしゃま など
  • 生年月日:1994年1月17日
  • 出身:富山県富山市出身
  • 身長: 157 cm / 血液型:A型
  • 所属:81プロデュース
  • 特技・趣味:絵、散歩、クラスカラーを考える
  • 苦手なもの:辛い食べもの、幽霊 など
  • 公式サイト

『ポケモン』マオや“上田無双”で知られる演技力抜群の新人


出典:『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!‏』公式Twitter

『ポケットモンスターサン&ムーン』のマオ役などを演じる女性声優。2012年デビューの新人ながら多種多様な役を演じ分けることに定評があり、2016年からは歌手としても活動中。

彼女の名を一躍アニメ界に知らしめたのが、デビューの翌年に出演した『てさぐれ!部活もの』シリーズでの多数の兼ね役でした。上田はこの作品で20人以上のモブキャラを演じたことにより、エンディングクレジットが「上田麗奈」の名で埋め尽くされるという通称“上田無双”という伝説を打ち立てたのです。かつ次回予告でも彼女のハイテンションなアドリブ力が披露され、同時期の代表作『ハナヤマタ』(関谷なる)とは全くイメージの異なっていたことから、幅広い役が彼女に割り振られるようになりました。

1作品でいくつもの役を兼任することも多く、新人ながらすでに戦力として頼りにされている実力派声優です。

『ポケモン サン&ムーン』アローラのヒロイン3人が可愛い!その魅力とは?

2017-07-30

演技・歌・ダンスすべてが圧倒的な実力派声優

普通の少女から奇人、女神にまで“なりきる”憑依型演技


出典:上田麗奈公式Twitter

最近では声優なら歌えて当たり前、女性であればルックスも良くなくては目立てないという傾向にありますが、そんな中、演技だけで他を圧倒することができるのが上田麗奈です。甲高い声からリアルな女性声や低音まで使い分ける技術と、そのキャラクターに完全になり切る演技力もあります。

これまで上田が演じてきたのは、夢見がちで気の弱い女子高生(『ハナヤマタ』関谷なる)、天然でポンコツだけど心優しいロボット(『Dimension W』百合崎ミラ)、聞き取れないほどの甲高い声と早口の変人(『プリパラ』黄木あじみ)、赤ちゃん(同、ジュルル)、ミステリアスなカリスマ性で人を惹きつける少女(『ハーモニー』御冷ミァハ)など、知らなくては同じ人間が演じているとは思えないほどどれも強い個性のある役です。それらを声や口調だけでなく、全く違う人間として生かせる声優が、上田麗奈なのです。

なりきるのは声だけじゃない!歌もダンスもやばすぎる!


出典:アニメ「プリパラ」公式Twitter

上田麗奈は演技だけでなく、歌もダンスも超人レベルです。初主演作『ハナヤマタ』からキャラソンを担当していて、当時から歌唱力の高さには定評がありました。しかし当時はまだ特別な個性もなく、いわゆる普通の声優キャラソンでした。

しかしそれは、担当キャラの関口なるが内気な少女だったためです。2015年出演のアイドルアニメ『プリパラ』にて、彼女は歌でも注目を浴びることとなります。この作品で上田が担当したのは、黄木あじみという奇声を発し画面いっぱいに飛び回るハイテンション&早口のキャラクター。キャラソンも同じテイストの迷曲なのですが、上田はその歌を歌い上げただけでなく、イベントではダンスまで完全再現したのです。憑依型声優は、何においてもやはり憑依型のようです。

そのインパクトの大きさからか、2016年にはミニアルバム『RefRain』をリリースして歌手デビュー。こちらも上田麗奈らしくかつ完成度が高いので、興味のある方はどうぞ。

素顔はかわいいポンコツ?独特のセンスと才能も

高3の時のオーディションからデビュー。声優の友達も多い

上田のデビューのきっかけは、高校3年生の時に応募した現在の所属事務所主催の「第5回81オーディション」です。そこで準グランプリを受賞して「81プロデュース」に所属が決まり、2012年に端役でアニメデビューを果たしました。その後『てさぐれ!部活もの』、『ハナヤマタ』と順調にキャリアを積んでいきました。

養成所に通わずにデビューというのはやや異色ですが、上田は小学校時代から演劇を続けていたので、すでに演者としての資質が育まれていたのかもしれませんね。

また共演者たちとはユニット活動をすることも多く、長い付き合いの高橋李依をはじめ、同じ事務所で共演の多い茜屋日美香や芹澤優、『ハナヤマタ』で一緒にラジオパーソナリティを務めた田中美海と奥野香耶らと仲がいいようです。