ラストや翔のその後は?『借りぐらしのアリエッティ』の気になる部分を考察





2010年公開のジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』は、2017夏公開映画『メアリと魔女の花』で話題の米林宏昌初監督作品。ジブリ作品にありがちな謎も多く、「翔とアリエッティのその後が気になる」「アリエッティの正体って実は…」など感想や都市伝説が流布。みんなの感想から気になるアレやコレについて考察!

米林監督の初監督作!『借りぐらしのアリエッティ』とは?


借りぐらしのアリエッティ(出典:Amazon)

米林監督が初めてジブリでメガホンをとった作品『借りぐらしのアリエッティ』。2010年の作品で、原作は1952年にカーネギー賞を受賞しているイギリスの作家・メアリー・ノートンの『床下の小人たち』です。

主人公は14歳の少女アリエッティ。人間に姿を見られたらいけない掟のもと両親と暮らす小人です。準主人公は12歳の少年・翔。翔は人間ですが、心臓を患い、手術までの短い期間、祖母の家を訪れているという設定です。翔の両親は離婚しており、母親に引き取られてはいますが、病に侵された息子よりも仕事を優先させているような親。

この二人の声を務めたのが、演技派で名を馳せている志田未来と神木隆之介でした。

『借りぐらしのアリエッティ』の感想

それではまず、『借りぐらしのアリエッティ』を観た人たちの主な感想を拾っていきたいと思います。みんな、どんなことが気になったんでしょうか?

感想①小人目線での描写が素敵!

アリエッティからの目線で描かれる様々なモノ。どれも私たちの周りに普通に存在するものばかりですが、アリエッティの目線から観ると、どれもキラキラと輝き、本当に素敵です。米林監督は、もともと生粋のアニメーター。絵の伝え方は、監督の才能をそのまま生かし、ジブリ作品の中でも群を抜いているとの高評価。

また、音の感じ方も、小さきものたちになるとこんなにも大きく低く響くんだということが体感でき、小人になった気分を味わえます。

感想②志田未来&神木隆之介の声がハマり過ぎ!

真の髄からのアニメ好きという神木隆之介に対し、志田未来はアニメにはあまり親しみはなく、アフレコも本作が初。それでもアリエッティの凛とした表情を声にしっかりと込められており、こちらも高評価。また、神木隆之介に関しては、作画の段階から翔=神木隆之介にということで、スタッフたちは、神木隆之介の写真を見ながら製作を続けていたということで、ハマらないわけがないという完成度の高さです。『君の名は。』の瀧役で一世風靡した神木隆之介のイケボに注目!

感想③アリエッティが超キュート♡

『借りぐらしのアリエッティ』の米林監督は、元はジブリのナンバー1アニメーター。アニメーターとしては、宮崎監督の右腕とも言っていいほどの実力者です。その米林監督の趣味が出ているな~と感じるのが、アリエッティのキュートな造形。可愛いだけじゃなく、いざ狩りに出かけるという日にはキュッと髪の毛を洗濯ばさみでポニーテールに束ねる仕草など、何だかちょっと色気を感じるんです!

感想④アリエッティのお父さんの懐の大きさに惚れる!

アリエッティのお父さんもかなり魅力的な人物。ジブリと言えば…『となりのトトロ』のお父さんのようにちょっと頼りない感じだったり、そもそも父親の存在すら危うい作品もたくさん。そんなジブリの作品の中において、『借りぐらしのアリエッティ』のお父さんは、かなり異色!

アリエッティが失敗して人間に姿を見られ、家を見つけなければならない…となったときも、取り乱す母親に対し、父親は沈着冷静。決してアリエッティを責めることなく、どうすれば自分たちが生き延びられるのかを考え行動します。

不測の事態が起こっても「ドン」と構えて動じない…こんなお父さんがいたらいいなぁと思う理想の父親像がここに!

感想⑤伝えたいことがイマイチ分かりづらい

上記のようなプラスイメージの感想がある中、やはりマイナスイメージの感想も。代表的なものが「何を伝えたかったのかが、分からない」というもの。『借りぐらしのアリエッティ』では、「小人と人間」「繁栄と滅亡」という対比を描くことによって、人間が自然から搾取して繁栄を遂げていることに対し、一つの問いかけを投げかけているように思います。

小人と人間、果たしてどちらが滅びゆくものなのか…映画の中で問いかけられていますが、アリエッティに出会う前の翔を人間の代表とみるなら、間違いなく、人間が滅びゆくものという結論でしょう。なぜなら、翔は、家族の愛を受けられずに育ち、自分が生きている意味さえも見いだせずに心臓の病に倒れようとしている者だからです。