吉田大八の最新作は異色のSF映画!?映画『美しい星』を考察してみた





映画『桐島、部活やめるってよ』で知られている吉田大八監督の最新作は、三島由紀夫の小説を原作とした異色のSF映画となっています。かなり難解な演出が多く、劇場で困惑する方も多かったと思いますので、劇中の様々な演出の意味を考察していきます。

今作の監督、吉田大八とは!?

傑作映画『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八最新作!


出典:映画『美しい星』公式Twitter

今作『美しい星』の監督である吉田大八の代表作と言えば、2012年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』が挙げられます。スクールカーストの頂点に君臨していた桐島がその座を捨てたことによって引き起こされる学校内の騒動を様々な視点から描いた傑作青春映画で、第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しました。

吉田大八作品の特徴は?


出典:映画『美しい星』公式Twitter

吉田大八作品が描いているのは常に「現実の世界ではないどこか別の世界を見ている人々」です。映画『桐島、部活やめるってよ』では、映画の舞台である学校が登場人物の現実の世界の全てとして描かれますが、主人公・前田は“学校ではないどこか”を夢見て自分たちの映画を撮影します。

映画『紙の月』も銀行員の梅澤は大学生・光太との盲目的な恋愛を続けるために、顧客の金を横領します。映画『クヒオ大佐』も嘘をつくことでしか自分を保てなくなった男と、その嘘に依存していく女たちを描いていました。

三島由紀夫作品を現代的に描く!

原作は三島由紀夫のSF小説


出典:映画『美しい星』公式Twitter

この映画の原作は三島由紀夫が1962年に発表した三島作品の中でも異色のSF小説です。原作の時代設定にもなっている1962年と言えば、アメリカとソ連が核戦争の一歩手前まで行き着いた「キューバ危機」が起こった年でもあります。

人類が愚かな核戦争によって滅んでしまうことを危惧した三島由紀夫はこのSF小説の中で、人類に失望したある一家が宇宙人として目覚める、という奇抜な設定を持ち込むことで、1962年における人類の危機的状況を客観的に描いています。

主人公となる大杉家の設定

映画に登場する大杉家も原作と同じ家族構成になっています。父の重一郎は火星人として目覚め、長男の一雄は水星人、長女の暁子は金星人として目覚めます。母の伊余子は原作では木星人でしたが、映画では地球人のままでした。それぞれの星の意味は登場人物の設定にも関わっています。

水星は英語でマーキュリー(Mercury)です。これは水星が太陽系の惑星の中で最も公転日数が少なく運行が速いため、ローマ神話における俊足の神メルクリウスの星とされたためです。一雄はメッセンジャーのアルバイトをしており、ロードバイクで都内を駆け巡り、黒木が乗った公用車を追いかけるシーンも映画には出てきます。

金星は英語でヴィーナス(Venus)。ローマ神話の愛と美の女神の名前が付けられています。金星人に目覚める暁子も、ヴィーナスの名に相応しいほどの美貌を備えており、それゆえ周囲の人間は暁子の容姿しか見ていません。暁子が金沢まで追いかける竹宮という人物も原作では美青年として登場します。

火星(Mars)は軍神マルスを意味していますが、広い意味で男性性の象徴でもありますので、大杉家の大黒柱である重一郎が目覚める星としてふさわしいのかもしれません。

効果的な現代的アレンジ

原作では核戦争を引き起こそうとしている人類に失望することで一家は宇宙人に目覚めるのですが、今作はひとまず核戦争の危機は過ぎ去った現在の世界における人類の愚行が、大杉家を宇宙人として目覚めさせていきます。映画ではこの人類の愚行は、地球温暖化のような大きな問題から、大学での息苦しさという個人的な問題まで現代的にアレンジされています。

父、長男、長女はそれぞれ宇宙人として目覚めるのはそれぞれの星を「美しい」と感じたためです。宇宙人として目覚めた彼らは周囲が何を言おうが気にしません。この彼らの姿はどこか狂信的なカルト宗教にはまってしまった様な印象を感じます。

これを強く印象づけるのが母・伊余子がマルチ商法にはまってしまうという展開です。自分は「美しい」と感じて行っていた行為が、その実態はそのような美しいものではない、ということを印象づけるために、母はあくまで地球人のままという設定になっており、これによって他の3人の行動も、我々観客は客観的に観ることが出来るようになっています。

様々な演出の意味とは?

オープニングの食事のシーンに込められた意味とは?

この映画で最初にスクリーンに映るものは煌びやかなシャンデリアの映像です。大杉家が一堂にレストランに会して重一郎の誕生日を祝う席で、彼はテーブルの真上で輝いているシャンデリアに見とれています。このシャンデリアは「美しさ」の象徴として捉えるべきでしょう。重一郎は家族のいる現実ではなく、美しいシャンデリアに見とれている、という構図は今作の後の展開を予兆させます。

実際、「美しさ」の虜になるのは重一郎だけではなく、大杉家全員です。彼らはここではないどこか別の「美しい」世界に想いを馳せた結果、宇宙人として目覚めますが、これは吉田大八がこれまで描いてきたテーマとも完全に一致します。

カメラワークによる演出の意図は?

シャンデリアの場面では、重一郎の他、伊余子と暁子も同じテーブルに座っているのですが、この場面では3人は個々でしかスクリーンに映し出されません。また、個々でカメラに映る際、カメラ全体がテーブルを中心とした円形の軌道を描いてゆっくりと水平移動しています。