『キングダム』羌瘣は信と結婚するの?新・六将内定についても予想してみた





2015年5月『アメトーーク』番組内でこじるりがコスプレ姿を披露したり、10周年企画の実写版でも存在感抜群だった羌瘣。羌瘣は『キングダム』の中でカッコいい女剣士として群を抜いて人気がありますね。そこで今回は、かわいい羌瘣が今後六将になれるのか、また、信との結婚はどうなるのかを大胆予想!

とにかくかわいい!漫画『キングダム』に登場する羌瘣とは?


キングダム 11(出典:Amazon)

まずは漫画『キングダム』に登場する羌瘣の概略をまとめます。

羌瘣は、刺客一族「蚩尤」の生まれであり、緑穂(りょくすい)という剣を扱う女剣士。蚩尤に伝わる呼吸を扱う巫舞で敵を一掃できる強さがあり、巫舞を使った羌瘣は武神・龐煖とさえも互角と戦うなど、ほぼ無敵。

しかし、物語の前半では、羌瘣の行動は謎の多いものでした。というのも、羌瘣は姉と慕っていた羌象を汚い手口で殺され、復讐の鬼となっていたからです。復讐相手である連が趙にいるという情報を得て、羌瘣は秦国の部隊に紛れ込み、信と出会います。復讐完了後は、再び信のもとに戻り、飛信隊の副長として活躍。その強さと可愛らしさから、『キングダム』の中では女性剣士として圧倒的な存在感を放ちます。

1位はだれ?漫画『キングダム』の可愛い!妖艶!魅惑的な女性キャラBEST14

2017-07-22

羌瘣という名の武将は実在する?史実は?


キングダム 6(出典:Amazon)

漫画『キングダム』では春秋戦国時代の中国のことを描いているため、とかく話題になるのが史実にその名が存在するのかということ。作者の原先生ももちろん、かなり史実を意識して漫画『キングダム』の製作を進めているようですが、やはり脚色もかなり多いよう。

で、羌瘣という武将が実在したのかということですが、これは「実在した」ということで間違いないよう。ただし、こんなにかわいい羌瘣ですが、史実では「男」だったそう!王翦とともに趙を滅ぼすために攻め込むという記載があるそうです。

漫画『キングダム』での羌瘣の活躍まとめ

史実の中では男だったという羌瘣ですが、漫画『キングダム』の中では頼れる美人副将として活躍しています!そこで、漫画『キングダム』の中での羌瘣の主な活躍をまとめます。

初登場!対魏国戦

初登場時の羌瘣は、ほんと暗くて口数も少なく、やたら強いという謎の少女でした。小さいくせに呼吸を整えて舞い始めるとバッタバッタと敵を鮮やかになぎ倒すという剣術を持っており、その様子は味方であれば百人力ですが、かなり謎めいていて恐ろしいという印象。歩兵であった信と同じ伍に入り、戦いました。

趙との闘いでは飛信隊副長

その後、政暗殺のため王宮に忍び込むなど、一時は信と敵対した関係となりますが、趙との闘いでは再び飛信隊の副長として活躍します。羌瘣の巫舞を用いた剣術ももちろんですが、いまいち頭の切れない信に戦術面でも助け船を出します。ここの時点で大きいのは、羌瘣自身が信たちや隊員らに心を開くようになったということ。居場所がなくさまよっていた羌瘣にとって、飛信隊が居場所となったということですね。

象姉の仇討ち!羌瘣大ピンチ!死をも覚悟

信らとともに、飛信隊の中でなくてはならない存在となりつつあった羌瘣。しかし羌瘣の心の奥底にあるのは、やはり象姉への想い。この先へと夢を見るには、いったん、自分の中で象姉の件にケリをつける必要があるということで、仇討ちの旅に出ます。

結果、見事仇討ちを果たし、スッキリとした表情の羌瘣は再び飛信隊へと。この詳しい経緯は、33巻・34巻にありますが、もちろんすんなりと仇討ち完了となったわけではなく、なんとあの羌瘣が死をも覚悟するという瞬間があります。

羌瘣の仇討ちの相手は実の妹を手に掛け、巫舞で邪魔となる情の部分を完全排除できた幽連。に対し、情を排除することなどできず、情のために仇討ちをしようとしている羌瘣は、叶うはずもなかったのです…。羌瘣最大のピンチを救ったのが、何だったのかは、ぜひ本巻で確認を!泣けますよ~!

飛信隊へ帰還!新たな目標 ①将軍 ②信の嫁

無事、仇討ちを果たし、392日ぶりに飛信隊へ帰還した羌瘣。飛信隊の面々は大喜びです。仇討ち後の羌瘣は、今までの影が薄れ、スッキリ!飛信隊へ戻った後の目標を立てます。その目標は二つ。一つは「信と同様に将軍になる」ということ。もう一つは「信の子どもを産む」ということ。爆弾発言!

羌瘣発案の剛力も!華々しい活躍でついに三千人将へ!

飛信隊へ帰還した羌瘣は、それまで以上に華々しい活躍を遂げます。いまいち頭の働かない信のもとには軍師・河了貂がついてはいますが、羌瘣も剣術のみならず、一部隊を率いる将として、様々な戦術案も考え出します。

その一つが剛力!剛力とは、伍を瞬時に10人編成に組み直し、10人全員が盾を構えて敵からの攻撃を退けるというもの。守りに徹した戦術ではありますが、この強固な守りが攻めのチャンスを生み出し、飛信隊を勝利に導きます。