ネタバレ注意!高い評価を得る『フィッシュストーリー』の感想と考察





人気作家・伊坂幸太郎の同名短編小説を映像化した今作は、その完成度の高さから映画ファン、原作ファンの間で高い評価を得ています。メガホンを取ったのは、日本映画界で今もっとも勢いのある中村義洋監督。今回はそんな今作を、感想を交えつつ考察したいと思います。未鑑賞の方はネタバレ注意です。

伊坂幸太郎原作の短編小説を見事に映像化


フィッシュストーリー [DVD](出典:Amazon)

数々の作品を世に送り出し、今や絶大な人気を誇る作家・伊坂幸太郎。彼の小説の多くが映像化されていますが、原作の世界観を踏襲しつつ映画として「面白い!」と思わせる作品は、正直あまりありません。中村義洋監督作品を除いては。

中村義洋監督は今作を含め、これまでに4つの伊坂幸太郎作品を映像化してきました。そしてそのどれもが、素直に面白いと思えるものになっています。短編集の中の一つであるこの短い話を二時間弱の一本の映画として完成させるあたり、脚本を務めた林民夫もさることながら、映像として見事に表現した中村義洋監督の手腕には本当に驚かされます。

原作を読んだ時に感じた、ゾワゾワゾワと鳥肌が立つ感覚を映画を観た時にも感じましたが、それに加えて、感動でも悲しみでもない、人間の生命力や見えない繋がりに触れたような不思議な感覚を味わい、涙が自然にあふれて止まりませんでした。

彗星衝突が迫り、地球滅亡まで残り数時間となった世界。そんな中、平然と営業を続ける小さなレコードショップでは、無名のパンクバンド「逆鱗」のレコードをかけながら、店長である男がこんなことを呟きます。「正義の味方が世界を救う」。

ここから、一見すると無関係な4つのストーリーを軸に物語が進んでいき、そしてそのすべてが繋がった時、世界の危機を救う奇跡が起こるのです。作中では時系列がバラバラに進んでいきますが、今回はあえて時系列順にご紹介します。

高良健吾の歌声と濱田岳の決意にハートを掴まれる!

1975年:早すぎたパンクバンド「逆鱗」の届かぬ想い

今作の要とも言える、「逆鱗」の物語。劇中では4つのストーリーの中で最後に描かれ、「フィッシュストーリー」の曲中に1分間の無音が生まれた原因が明らかになります。

1975年、「セックス・ピストルズ」がデビューする一年前。日本でまだ認知されていないパンク・ロックを掲げるバンド「逆鱗」は、自分たちの曲が誰にも受け入れられないもどかしさを感じながら活動を続けていました。この、彼らの想いや叫びが誰にも届かない、という部分が今作を形成するうえで重要なポイントになっています。

なぜ誰にも響かないのか?なぜ誰にも届かないのか?という葛藤を抱えたまま彼らは解散することになりますが、最後の曲である「フィッシュストーリー」のレコーディング中に、高良健吾演じるボーカルの五郎が、その想いを爆発させます。

結局、その想いは無音加工され誰にも届かないままとなりますが、時を経て、思いもよらない形で世界中の人々に届くのです。何が良いって、想いが届いたことに本人たちを含め誰も気づいていないところです。ここで先述のポイントが活きてきます。「あんたたちの想いは届いたんだよ!」と教えたくなるような、胸が熱くなる感じ。たまりません。

この「逆鱗」、実は斉藤和義プロデュースにより実際にデビューもしているのですが、曲自体も素晴らしく、そして何よりも高良健吾の歌声が本当に魅力的で惚れそうになります。いや惚れます。ただ歌が上手いだけでなく、そこに込められた五郎の想いがひしひしと伝わってきます。

この彼の想いが、この無名バンドの曲が、どのようにして世界の危機を救う結末へと繋がっていくのか。次の物語へと進みます。

1982年:いつか世界を救うと予言された気弱な大学生

濱田岳演じる雅史は、言いたいことをハッキリ言えず、何かに立ち向かったこともない、気弱な大学生。そんな彼が運転手として連れて行かれたコンパの席で、ある女の子に「いつか世界を救う男」と予言をされます。こんな気弱な大学生がどうやって世界を救うんだろう?2012年の地球滅亡の日にどう繋がっていくんだろう?という疑問を持ったまま、物語は進んでいきます。

帰り道、雅史が一人で車を走らせていると、入ったままだったカセットテープが再生されて止まらなくなります。そのカセットテープに入っている曲こそ、1分間の無音の間に女の悲鳴が聞こえるという都市伝説を持つ「フィッシュストーリー」。五郎の想いは無音となり、そしてありがちな都市伝説となってしまったのです。しかし、雅史は本当に女の悲鳴を聞いてしまいます。その悲鳴が車外から聞こえたことに気づいた雅史は、女性が暴漢に襲われている現場を目撃。