エレン役での大ブレイクから成長中!声優・梶裕貴の進化する魅力





話題作の主人公をたくさんやっている声優・梶裕貴ってどんな人? 出演作や代表作、これまでの経歴にこれからの予定は? そんな疑問にお答えすべく、彼のすべてを徹底的に調べました! 知っている人も知らない人も、これを読んで彼への理解を深めてください♡

梶裕貴のプロフィール・代表作

プロフィール


出典:梶裕貴@staff‏公式Twitter

梶裕貴(かじ ゆうき)
愛称:梶きゅん、ゆうたん など
生年月日:1985年9月3日
東京都出身
身長:170 cm / 血液型:O型
家族構成:両親、9歳下の妹が1人
所属:アーツビジョン → ヴィムス
特技・趣味・好きなこと:サッカー、トランスフォーマーシリーズ

『進撃』『大罪』『ポケモンXY』などで活躍する少年役声優


出典:アニメ「進撃の巨人」公式Twitter

話題作『進撃の巨人』の主役エレン・イェーガーを演じて大ブレイクし、その後は次々と有名タイトルの主演やメインを務めています。その中でも特に有名な作品は、『七つの大罪』(メリオダス)、『ポケットモンスター XY』(シトロン)、『ワールドトリガー』(三雲修)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(広瀬康一)、『僕のヒーローアカデミア』(轟焦凍)など。深夜帯だけでなく全日帯のアニメにも多く出演していて、かつ最近では顔出し番組への出演も多いことから、広い層に声や顔を知られている声優のひとりです。

これまで演じてきた役は主に少年役で、特にデビューからしばらくは、いわゆるショタ役がほとんどでした。しかし最近では芯の強い十代後半の少年の役が増え、少年漫画作品の主人公を担当することが増えています。少しずつ演じる役の幅が広がっていて、まだまだ成長を見せてくれそうな有望株です。

かわいいうえにストイック!先輩たちにも好かれる魅力

作品に真摯に向かい、現場で役を完成させていく真面目さ

梶裕貴の声優としての魅力には、よく通る少年ボイスと豊かな感情表現があります。しかしそれらを支えているのは、役や作品への真摯な姿勢です。梶は、原作がある作品のオーディションにはちゃんと原作を読みキャラクターと自分を重ねてから臨むのだそうです。一概にどちらがいいとは言えませんが、事前にできることはやりきるという彼の真面目さの表れだといえるでしょう。しかし制作側の意向も大事なので、現場で与えられたスタッフの指示を受け止める余裕も用意しておいてキャラクターを完成させるのだとか。

そんな梶の演技は、原作を知っている人間にとっても予想を超える熱量がこめられています。特に近年の出演作ではその傾向が強く、マスコット的な役から感情を爆発させる役への移行は、彼の演技を引き立てる結果となったようです。

先輩たちにかわいがられる秘密はイベントでの気づかいに?


声優だって旅します VOL.3 梶裕貴・下野紘・森久保祥太郎/京都編(出典:Amazon)

梶は出世作『進撃の巨人』をはじめ、多くのアニメ関連のイベントや声優番組・DVDに出演しています。イベントではかわいいルックスからは想像できないような熱のこもった演技を生で味わえることも大きな魅力ですが、トークなどで垣間見える彼の人となりにも惹かれる人は多いのでは? 主演作でなければイベントでは脇に徹し、場を和やかにと務める生真面目さは、実に好感が持てます。生の梶裕貴は、かわいくも頼もしい男です。

そんな性格のせいか、先輩声優にもかわいがられている梶。尊敬している櫻井孝宏や森久保祥太郎らとの共演では下積み時代の話が飛び出したり、企画に真剣かつ楽しく興じたりする姿が見られます。また長くラジオ番組で共演した先輩声優・下野紘とは気の置けない仲のようで、敬意を払いつつも時には厳しいツッコミや本音トークを交わすことも。これから増えそうな後輩との共演では、これまでとは違った先輩らしさが見られるかも?

出演作数ダントツのイケボ声優・櫻井孝宏の魅力と代表作まとめ

2017-03-15

中学から声優一本!『進撃』でブレイクまでは長い下積みも

プロサッカー選手のスカウトよりも声優をとった理由とは

幼少期の梶は、その時その時でハマったものになりたがる夢多き少年でした。しかし中学で声優という夢を抱き始め、高校で入部した演劇部にも同じ夢を持つ仲間が多かったことから、目標として定まったといいます。高校時代には得意のサッカーでプロからのスカウトも来ていましたが、それでも声優を選んだ理由は、声優ならサッカー選手でもなんにでもなれるしどんな経験も生かせるからだと梶は語っています。

そして仲間に教わった声優養成所へ、高校と並行してレッスンを受け始めた梶。しかし養成所を卒業しても、ほぼ仕事のない日々が長く続きました。転機が訪れたのは2004年のデビューから3年後、TVアニメ『Over Drive』で主役を勝ち取った時でした。主役として現場に多く出ることで先輩たちから学べることも多く、細やかな演技指導も受けられるため、大きく成長できた作品だったようです。

『ギルティクラウン』に続いて『進撃』主演で大ブレイク


ギルティクラウン 1【完全生産限定版】(出典:Amazon)

『Over Drive』の翌年からは、『イナズマイレブン』(一之瀬一哉)、『黒執事』(フィニアン)、『デュラララ!!』(遊馬崎ウォーカー)など人気アニメへの出演も増え、かつ乙女ゲームなどでもかわいい少年を演じて主に女性ファンがつき始めました。続いて2011年には『NO.6』と『ギルティクラウン』で主演を務め、人気声優への道を上り始めます。そして大ブレイクのきっかけとなったのが、『進撃の巨人』の主人公エレン・イェーガー役です。