差別というテーマをSFで描く!?映画『第9地区』を考察





2009年製作の映画『第9地区』は南アフリカを舞台に、難民化してしまったエイリアンたちと人類の共存を描いた作品です。SF映画というルックスではありながら、「差別」というテーマの本質を浮かび上がらせるという、社会的な問題意識の込められた作品になっています。

新人監督が手がけた大ヒットSF映画

上空に突如、巨大UFOが出現!?


第9地区 (初回限定生産) [Blu-ray](出典:Amazon)

1982年、南アフリカ共和国のヨハネスブルグ上空に突然超巨大な宇宙船が出現する。人類は宇宙船に乗っていた瀕死状態のエイリアンたちを地上に難民として受け入れることを決定。以降28年間、人類とエイリアンの歪な共存関係が続く事になる…。

2009年に製作された映画『第9地区』は、当時全く無名の新人監督ニール・ブロムカンプが長編デビュー作として撮った作品です。今作は長編デビュー作にも関わらず、高い評価を得ることになり、以降彼は新時代のSF映画を担う存在として注目されています。

ブロムカンプ作品の魅力とは?

この監督の作品の大きな魅力は登場する兵器やロボットのデザインにあります。今作に登場するものとしては、映画のラストにヴィカスが搭乗して敵を粉砕するパワードスーツや、圧倒的な破壊力を持ったレーザー銃など、未だかつて見たことがない、でももし現実に存在するとしたらこの形だろうな、という説得力のあるデザインのメカたちが登場し、SFファンのオタク心をくすぐってくれます。

映画冒頭の見事な演出手法

客観視点から主観視点への鮮やかな移り変わり

映画の冒頭、ニュース番組らしき映像でこれまでの人類とエイリアンの共存への歩みが示されていきます。現代的なニュース映像によって、この共存の問題がまさに現実の世界で起こっているような感覚にさせられます。

このニュース映像は複数の人物のインタビュー映像から構成されており、その中の一人が今作の主人公であるヴィカスです。彼は一見、普通の人物として描かれていますが、カメラは彼の任務に同行するようになり、そしていつの間にかこの映画のカメラはヴィカスの主観と一致していきます。

エイリアン側の主人公であるクリストファー・ジョンソンも、最初はエイリアンの中の一匹として描かれていたのが、少しずつ彼がエイリアン側の主人公であることが分かるという流れになっています。

この客観的な映像から主観的な映像への移行は、初見時には境目に全く気づけないほどスムーズに行われます。さらにこの移行は後述しますが今作のテーマ性とも密接に関わっており、映画冒頭の一連の流れは、今作において最も構成が上手な部分と言えるでしょう。

エイリアンの造形の狙いとは?

エイリアン側の主人公、クリストファー・ジョンソンの登場まで、エイリアン側に共感できる存在がいないため、我々観客はこのエイリアンたちを完全なる「他者」として捉えることになります。更に、この他者感に拍車をかけているのがエイリアンの造形です。エビが二足歩行で歩いているような彼らの姿は正直気持ちが悪く、観客の嫌悪感を沸き立たせる造形になっています。

嫌悪感が起こる造形は、映画の作り手たちが意図的に狙ったものであり、これも映画のテーマと関わっています。この嫌悪感から発生する問題こそ「差別」です。映画『第9地区』は人類とエイリアンの共存というSF的なメタファーを用いて、「差別」という問題を描いています。

今作のテーマは「差別」

冒頭の映像が示す「差別」の残酷さ

映画の冒頭で、ヴィカスはMNUが行うエイリアン移住計画の代表者となり、彼は悪戦苦闘しながらもエイリアンをあの手この手で立ち退きの契約書にサインさせていきます。ヴィカス及び彼の周囲の人物たちはエイリアンたちを知能の低い存在として見ており、彼らを脅したり騙したりすることに全く抵抗を感じません。そして人間に逆らったエイリアンを銃殺したり、小屋で見つけたエイリアンの卵を火炎放射器で火炙りにしたりなど、一方的な支配関係にあることがわかります。

もし、ヴィカスたちが行っているこれらの行為が全て人間に向けられていたら、彼らの行為はとんでもないこととして非難されていたでしょう。しかし、今作では人類とエイリアンというフィクションのため、ヴィカスたちの行為が残虐な行為であることは全く観客には感じさせません。むしろ、エイリアンが放つ嫌悪感が相まって、ヴィカスたちの行為を肯定しやすい流れにもなっています。