漫画『キングダム』で一番強いのは!?最強ランキングTOP20男編!





昨今の漫画の中で群を抜いて面白いと言われている、原泰久の漫画『キングダム』。バトルシーンでは、力v.s.力の対決はもちろん、知略による闘いもまた秀逸。今回は、そんな『キングダム』の最強ランキング男編をお届けします。一体、誰が一番強いのでしょうか!?

3000万部突破!超人気作『キングダム』


キングダム 46(出典:Amazon)

まずは、漫画『キングダム』の概略をおさえます。新人作家だった原泰久が2006年に『週刊ヤングジャンプ』内で連載を開始。漫画家なら誰もが喉から手が出るほどほしいと言われる、手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞しています。

中国の春秋戦国時代に活躍した後の始皇帝・政と、その腹心・信の活躍をメインに描いたバトルあり、知略あり、下剋上あり、涙あり、友情あり…の物語。近年の漫画の中で最も面白いとの声も多数聞かれ、芸能人のファンも多く、2015年に『アメトーーク』でコスプレしたケンコバやこじるりなどが漫画を紹介すると一気に人気に火が付いたという過去も。

2017年5月現在、既刊46巻で、コミック累計発行部数は3000万部を超えています。「一度読み始めたらハマる」との呼び声高く、巻を追うごとに初版最高部数更新中!もちろん、筆者も毎回予約するぐらいの勢いでコミックスを購入しています。

絵が上手いだけじゃない!画力のスゴい漫画家9人を本気で選んでみた【2017年版】

2017-05-25

『キングダム』の最強ランキング男編!


キングダム 公式ガイドブック 覇道列紀(出典:Amazon)

漫画『キングダム』では、無名の少年・信が後の始皇帝となる政の掲げる「中華統一」という目標に向かい、共に戦う姿を描いています。中華統一という大義を成し遂げるにあたり、信が歩むは大将軍への道。その過程では敵・味方ともに、偉大な武将たちの姿があります。今回は、そんな武将たちをクローズアップ!一体誰が中華最強の男なのかを検証します。

ちなみに、今回は「武力+指揮力+知力」という3つの観点からの総合得点にて勝手にランキングさせてもらいました。漫画の中で回想シーンのみという武将は省きます。(※参照『キングダム公式ガイドブック覇道列紀』)

20位:蒙驁(もうごう)& 紀彗(きすい)266点

20位は同率で蒙驁と紀彗。これは偶然?二人とも人情味あふれる人間臭い武将ですね。蒙驁(武力85・指揮力90・知力91)は他の武将と違い、温厚。最期もなんとちゃんと天寿を全うするんです。
紀彗(武力86・指揮力90・知力90)は趙国の武将。離眼愛が深すぎて、他国からは無名ながらも、頭を使った戦術が得意!部下からも慕われているので指揮力も抜群!

18位:姜燕(きょうえん)267点

魏国の将軍・姜燕(武力90・指揮力89・知力88)。廉頗の下におり、弓の名手です。山陽ではあの王翦と戦うなど、武力・知力・指揮力すべてに及第点を獲得できる力の持ち主。まあ、でも…廉頗の下にいるので、亡命しちゃいます。

16位:介子坊(かいしぼう)&蒙恬(もうてん)268点

介子坊(武力91・指揮力89・知力88)は、魏国将軍で廉頗四天王筆頭。正面突破が得意な武将。

16位はこっちが重要!イケメン(もしかして女なのでは説ありの)蒙恬(武力89・指揮力88・知力91)です。イケメンなのに、蒙武の息子という驚きの事実…。普段は飄々としている蒙恬ですが、父ちゃんがピンチのときには体を張って援護に行くなど、人間味あふれる一面もまた魅力!

15位:慶舎(けいしゃ)269点

趙国の将軍である慶舎(武力88・指揮力90・知力91)。網にかかった獲物がもがき苦しんで死んでいく様子を楽しむのが趣味(?)で、知略に長けています。異名は、沈黙の狩人。

合従軍戦では慶舎の鮮やかな策が光り、「嫌なやつ…」という印象でしたが、黒羊丘戦では、ちょっと人間臭いところも見られ、結局、信に首を取られます。戦争孤児という点では信と一緒という、意外と奥の深い人物。

13位:王賁(おうほん)&介億(かいおく)270点

出ました!王賁(武力93・指揮力88・知力89)!イケメン堅物キャラ。ちなみに、王賁はあの王翦の息子です。王翦よりは、将軍らしいというか、血が通っているように思います。父の王翦が絡んでくると平静を保てないというところもいいですね~。信とともにこれからの活躍が期待される槍使いです。

介億(武力85・指揮力92・知力93)はイケメンではありませんね。昌平君の副官で、昌平君への忠誠度はめっちゃ高いです。46巻では鄴攻略に向けて動き出しますが、その戦略を一生懸命考えた素晴らしい軍師です。

12位:紫伯(しはく)272点

魏国大将軍で槍が武器という紫伯(武力96・指揮力90・知力86)。槍使いの名手ですが、なんせ…幸薄感がスゴイんです。まず、生まれは紫家という名門ですが、先代紫伯と血のつながりが無いため冷遇され、この世で唯一愛していた妹の紫季歌は、他の男に嫁がされ、挙句その夫に殺害されてしまいます。

ゆえに、これだけの槍使い力を備えておきながらも生に執着がなく、同じ槍使いの玉鳳に打たれてしまいます。う~ん、何だか可哀そうですよね。

11位:オルド273点

燕国の大将軍であるオルド(武力93・指揮力95・知力85)が11位です。オルドは、北の山民族を束ねており、山間部での戦いが得意!……のはずだったんですが、なんと合従軍戦では王翦の知略を前にあっさり敗北。

46巻では秦軍が動いたことに便乗し、趙を攻めようと進軍しますが、またもや趙の司馬尚に阻まれそうです。司馬尚とは、かつて趙の三大天に推薦されたこともある武将。またもや反省の日々が待っているのでしょうか!?

10位:蒙武(もうぶ)277点

「10位!? 蒙武、10位!?」と思った方も多いかも。秦国の中で圧倒的な武力を誇る蒙武(武力99・指揮力92・知力86)。もちろん武力では圧勝!その強さは他国まで轟いており、秦国の顔として活躍しています。全力を出し尽くした汗明との一騎打ちは、鳥肌ものでした。

8位:嬴政(えいせい)& 汗明(かんめい)278点

意外や意外。秦王・嬴政(武力82・指揮力98・知力92)は総合力高いんですね。なんせ嬴政は中華統一という大義を成し遂げようとしている偉大なる王。今後、ダークサイドに降りないのか…が気になるところですが、46巻現在、その気配はなし!漫画の中では信との友情を貫いてほしいですね。

秦王と同レベルと判断されるのが楚国の大将軍・汗明(武力99・指揮力91・知力88)です。なんと蒙武と闘うまでは全戦全勝という輝かしい記録保持者。でっかい体にでっかい武器が印象的です。蒙武との闘いで死亡しますが、お互いの腕を粉砕してしまうという凄まじい戦いぶりでした。