泣ける、笑える、勇気がもらえる!『進撃の巨人』キャラ別名言集





新章に突入し、巨人の詳細も徐々に明かされてきた人気漫画『進撃の巨人』。作中に出てくる数々の名言に励まされたり、テンションが上がったりした方も多いのではないでしょうか。そのなかでも次に何が起こるのかワクワクさせてくれる、そんなシーンに登場する名言をピックアップして紹介していきます。

エレン・イェガーの名言6選


出典:アニメ「進撃の巨人」公式Twitter

「一生壁の中から出られなくても…メシ食って寝てりゃ生きていけるよ…でも…それじゃ…まるで家畜じゃないか…」

「一生壁の中から出られなくても…メシ食って寝てりゃ生きていけるよ…でも…それじゃ…まるで家畜じゃないか…」

1巻1話「二千年後の君へ」より引用

巨人の脅威にさらされなかった100年の間に、人々はその恐怖を忘れ何も考えず暮らしていた頃の、子供だったエレンの言葉です。これにハンネスは反応し、エレンが調査兵団に入りたいのではないかと考えます。確かに柵が壁になっただけで、人類はまるで家畜同然。子供の率直な疑問ですが、的を得たセリフですよね。

「駆逐してやる!!この世から…一匹…残らず!!」

「駆逐してやる!!この世から…一匹…残らず!!」

1巻2話「その日」より引用

母親のカルラが巨人化したダイナに食われ、同時に故郷も失ってしまったエレン。人間が弱いからなのか、ただ泣くことしかできないのかと自問自答した結果、この世から巨人を駆逐するという闘志を露にした瞬間です。この頃の人類は、平和な世界に慣れてしまっていたので、超大型巨人の出現に対応できていませんでした。それが惨劇を生む引き金になってしまったのです。

「いいから黙って、全部オレに投資しろ!!」

「いいから黙って、全部オレに投資しろ!!」

5巻20話「特別作戦班」より引用

エレンが大岩でウォールマリアの穴を塞いだ後、審議に掛けられることになります。エレンの今後の処遇を決めるための審議で、自分たちに都合のいいよう話を進める周りに対し、エレンが怒りをあらわにしたひとコマです。このあと、リヴァイから蹴り上げられボコボコにされますが、それもリヴァイの作戦のうちです。エレンを憲兵団に渡したら死しかありませんが、調査兵団に託されたことで、人類初の味方の巨人を手に入れました。

「お前らができるだけ苦しんで死ぬように努力するよ…」

「お前らができるだけ苦しんで死ぬように努力するよ…」

11巻46話「開口」より引用

エレンをさらったベルトルトとライナーでしたが、無知性巨人が動かなくなるまで木の上で待機していたシーン。以前、自分の母カルラが巨人の犠牲になったことをライナーとベルトルトに話したことがあります。それを聞いてどう思ったかというエレンの問いに、気の毒だと思ったというベルトルトの一言に、お前らはただの人殺しだとののしるエレン。もう仲間でも何でもない彼らへの復讐心が言葉になって現れた瞬間です。

「故郷があった場所だ 取り返してやるお前らをぶっ殺して お前らに奪われたすべてを」

「故郷があった場所だ 取り返してやるお前らをぶっ殺して お前らに奪われたすべてを」

19巻75話「二つの戦局」より引用

ウォール・マリア奪還計画が実行され、エレンが巨人化し鎧の巨人(ライナー)との対峙のシーンです。貴重な馬を移動させるため、エレンが囮となったわけですが、ライナーたちへの怒りが溢れ出しています。もはや仲間だったという感情は持っていないようですね。エレンが躊躇することなく戦いに挑んだときの名言です。

「自由のために戦った 名は 進撃の巨人」

「自由のために戦った 名は 進撃の巨人」

22巻88話「進撃の巨人」より引用

エレンが兵規違反で懲罰房に入れられたとき、亡き父グリシャと、フクロウと呼ばれたエレン・クルーガーの記憶を辿ります。自分が引き継いだ巨人化能力が”進撃の巨人”というものだと知ったエレンですが、そのときちょうど懲罰房を訪れていたハンジに、それは何かと尋ねられますが、エレンは無意識に語っていたというシーンのセリフです。

ミカサ・アッカーマンの名言5選


出典:アニメ「進撃の巨人」公式Twitter

「死体がどうやって喋るの?」

「死体がどうやって喋るの?」

2巻5話「絶望の中で鈍く光る」より引用

巨人に大穴をあけられ、壁の内側へと避難する人々でしたが思うように進まず何人もの兵士が犠牲になっていました。巨人を倒しながらやってきたミカサでしたが、避難が遅れているのはある男の強欲さが原因でした。その男が死ねば多くの人が助かるというミカサに、自分にはお前の進退を決める力があるという男。でも、死んだらどうやって上司に話すのか?という怖い意味のこもった名言です。

「そうだ…この世界は…残酷なんだ」

「そうだ…この世界は…残酷なんだ」

2巻6話「少女が見た世界」より引用

ミカサは、巨人との戦い=命のやりとりをしているというのに落ち着き払っている理由は過去の事件にあります。両親が殺されたときの回想シーンで、放心状態になっていたミカサの目を覚まさせてくれたのはエレンです。弱肉強食とう残酷な光景を、今まで何度も見てきたにも関わらず、目を逸らしていた自分に気がついたときの名言です。

「私は…強い…あなた達より強い…すごく強い!」

「私は…強い…あなた達より強い…すごく強い!」

2巻7話「小さな刃」より引用

エレンがアルミンを救うために犠牲になった知らせを受けたミカサでしたが、取り乱すわけではなく涙を流すわけでもなく、ただ淡々とすべての巨人を駆逐するといいます。ただエレンの側にいたいだけというミカサですが、エレンが犠牲になったショックのあまり、怒りと絶望感が満ちあふれ行動することで、動揺する気持ちを打ち消そうとしていたんですね。

「マフラーを巻いてくれてありがとう…」

「マフラーを巻いてくれてありがとう…」

12巻50話「叫び」より引用

ライナーとベルトルトにさらわれたエレン奪還に成功。、しかし、再びエレンを取り返そうとした鎧の巨人は、調査兵団に向かって無知性巨人を投げつけてきます。ちょうどエレンとミカサの乗る馬に命中し、放り出されたふたりのもとにカルライーターがやってきます。ハンネスが助けに入るも犠牲となり、諦めたミカサがエレンに伝えたかったという言葉です。両親が殺された時のミカサにとって、このことが何よりも嬉しかったことだったのでしょう。

「私には まるで別人に見えた」

「私には まるで別人に見えた」

19巻78話「光臨」より引用

ウォール・マリア奪還作戦決行中、ベルトルトに話あおうと提案するアルミン。誰も悪くないけど皆死ななくてはいけないと話すベルトルトの後ろをとり、攻撃したミカサでしたが、おとなしく攻撃的ではないと思われていたベルトルトが俊敏な動きでミカサの攻撃を交わします。ミカサに引けを取らない攻撃力が露になったシーンです。

リヴァイ・アッカーマンの名言4選


出典:アニメ「進撃の巨人」公式Twitter

「オイ…ガキ共…これは…どういう状況だ?」

「おい…ガキ共…これは…どういう状況だ?」

4巻14話「原初的欲求」より引用

この名言は、リヴァイ兵長が初登場した超カッコイイシーンのひとコマですね。エレンが巨人になって超大型巨人にあけられた穴を、大岩で塞ぐという大事な任務を完了した後。自由の翼のマントをくるりと翻し、入り込んだ巨人をスパッと駆逐する姿が何ともいえませんよね。

「こいつは まだ殺せない」

「こいつは まだ殺せない」

20巻81話「約束」より引用