絵が上手いだけじゃない!画力のスゴい漫画家9人を本気で選んでみた【2017年版】





単に絵が上手いのではなく、「画力」――読んで字のごとく「画(え)」の「力」で魅せる漫画家を、本気で選んでみました! 漫画という音のない平面の世界に読者を引き込むには、説得力と生命力のある絵が不可欠です。2017年現在、その力が抜きんでている漫画家はこちら!(※個人的な好みも入っています)

太田垣康男|人間もメカも宇宙も圧巻の迫力!


機動戦士ガンダム サンダーボルト(7)(出典:Amazon)

太田垣康男(おおたがき やすお)公式Twitter
1967年3月31日生まれ
出身:大阪府
代表作:『MOONLIGHT MILE』『機動戦士ガンダム サンダーボルト』

巨大ロボット物をコミカライズするにあたって、彼以上の適任はいないでしょう。漫画は紙面の大きさにどうしても限りがあり、コマを割って物語を表現するためにどうしても巨大なものをそう見えるように描くのは難しい媒体ですが、太田垣の画力はそれを実現します。彼の描くロボットは確かな質量をもって大きく、宇宙は生きているように濃密な漆黒です。

また大きさと広さの表現が達者ということは空間や立体の認識が優れているということなのか、彼の描くキャラクターも洋画のようにリアルかつ個性的。そんな彼の画力を堪能するのに最適なのが現在連載中の『機動戦士ガンダム サンダーボルト』です。アニメの高評価も、太田垣の表現力にガンダムのプロたちが応えたからではないでしょうか。個人的には、ガンダムシリーズ中唯一手塚治虫の匂いのするガンダムとして非常に気に入っています。大人の鑑賞に堪えうる傑作です。

野田サトル|何を描いても上手い変顔達人


出典:週刊ヤングジャンプ編集部公式Twitter

野田サトル(のだ サトル)公式Twitter公式ブログ
出身:北海道北広島市
代表作:『スピナマラダ!』『ゴールデンカムイ』

漫画好きの間で大人気の代表作『ゴールデンカムイ』。バトルあり料理あり変態あり変顔ありの時代もので読者を楽しませることができるのは、何でも描ける画力あってこそ。時代考証に則った武器や戦法、アイヌ文化についての描写も興味を引きますが、おそらく現在この作品以上に食欲をそそる漫画もないのでは。しかし作者はグルメ漫画が苦手だったというから驚きです。

また漫画であるからには、キャラクターの愛おしさはヒットの絶対条件であり、『ゴールデンカムイ』も例外ではありません。中でもヒロインたる美少女アシリパが見せる変顔のバリエーショの豊かさたるや。どんな男前や変態たちも、彼女の顔芸以上のインパクトはありませんよね? さらに乙女な男子や脳みそを食べるときの死んだ目なども秀逸。表情描写でキャラの魅力を引き出すのも彼の画の力です。

ところで写真のトレスにしか見えないリアルな背景は、一体どうやって描いているのか気になります!

坂本眞一|もっとも芸術に近い漫画家


イノサン Rouge ルージュ 3(出典:Amazon)

坂本眞一(さかもと しんいち)公式Twitter
1972年7月19日生まれ
出身:大阪府
代表作:『孤高の人』『イノサン』

研ぎ澄まされた描線でリアルに形作られる世界は美しく、芸術作品といって差し支えないでしょう。企画展「ルーヴルNo.9」への出展も、この人でなければいったい誰が!? というほどに妥当。上手いうえにいかにもフランス人好みの画風です。

しかし絵の上手さや芸術性を、テーマ性や漫画表現に生かしてこそ漫画家。坂本眞一はおそらく現在その類の漫画家のトップです。『イノサン』シリーズで描かれる王政フランスの処刑人の生き方や時代の大きなうねりは、彼の画力で描くにふさわしい題材。残酷も欲望も美しさも、緻密なタッチがあらわにします。特に物語の軸となる兄と妹の人生を対比するのに、アールヌーヴォー的な描写を多用するのが芸術的かつ効果的だと思うのですがいかがでしょうか。

しかし一部の隙もないような完璧な原稿を仕上げる人なので、できることならラフ画集を出してほしいと思うのは贅沢?

平田弘史|御年80歳記念の原画展で見せつける侍魂


血だるま剣法・おのれらに告ぐ(出典:Amazon)

平田弘史(ひらた ひろし)公式サイト
1937年2月9日生まれ
出身:東京都
代表作:『弓道士魂』『血だるま剣法・おのれらに告ぐ』

昭和33年のデビュー以降、1作を除いて時代劇画を描き続けてきた漫画家。時代と体制に翻弄されつつも抵抗する武士を好んで題材にし、貸本時代の若者たちから海外のマニアまで多くの人間を釘づけにしてきました。荒々しいタッチと緻密な描き込みを自在に操る彼の原稿は、魂のこもった芸術品です。漫画家にも平田ファンは多く、2017年開催の原画展には大友克洋や池上遼一、寺田克也らそうそうたる面々がお祝いコメントを寄せました。

ここ何年も漫画を描いていない彼を挙げるのは若干気が引けますが、生誕80周年・画業60年の節目を記念する原画展に足を運んだ人ならば、改めてその画力にうならされたのではないでしょうか。平田弘史以上の迫力ある絵を描ける漫画家は、やはり依然他には見当たらないのです。しかもまるで画力が衰えないのも凄い!

ちなみに書家としても評価されていて、『AKIRA』や『シグルイ』などのタイトル文字を担当しています。あなたも知らないうちに目にしているかも?

平本アキラ|遊びすぎ!漫画界の愉快犯


平本アキラ画集 GAMPUKU 眼福(出典:Amazon)

平本アキラ(ひらもと アキラ)
1976年生まれ
出身:沖縄県
代表作:『アゴなしゲンとオレ物語』『監獄学園』