幅広い層から絶賛!映画『この世界の片隅に』が人々の心を掴んだ理由





ミニシアター系の映画でありながら異例の大ヒットとなった『この世界の片隅に』。いったいこの作品の何が良かったのか、多くの人の心を掴んだのかについて、感想とともにまとめてみました。すでに観られた方は、同意や共感、あるいは新しい発見などしていただけると幸いです。ネタバレありですので、未見の方はご注意を。

映画『この世界の片隅に』とは

クラウドファンディングで制作された戦争もののアニメ映画


出典:『この世界の片隅に』公式Twitter

こうの史代原作、片淵須直監督(『BLACK LAGOON』、『マイマイ新子と千年の魔法』)によるアニメ映画。太平洋戦争中、広島の呉市に若くして嫁いだ少女・すずの日常を描いています。

映画制作の資金集めのめどが立たなかったため、クラウドファンディングで一般に出資を募ったところ、何と8日間で2000万円が集まりました。これは映画制作のクラウドファンディングとしては異例の大成功であり、『この世界の片隅に』のアニメ化を多くの人が町望んでいたということの証拠でもあります。その後、実質引退状態だった女優「のん」の復帰作であり声優業での初主演作ということでも話題を集め、多くの人に見守られながら映画は完成。2016年11月12日に公開されました。

口コミで広まり大ヒット&国内外で絶賛

公開後は口コミで面白さが広まり、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめとする多くの賞を受賞。興行収入25億円とミニシアター系の映画としてはけた違いの大ヒットとなりました。この大成功の理由は何だったのか。感想を交えつつ考察したいと思います。

原作|こうの史代独特の他の戦争ものにはない切り口

当時の普通の少女の普通の生活に多くの人間が共感


出典:『この世界の片隅に』公式Twitter

作品のヒットもクラウドファンディングの成功も、何よりまず原作の素晴らしさあってのことです。原作漫画は戦時中の広島(県)を舞台にしながら、悲劇性を強調せず全く別の切り口で人を感動させた異色作であり、だからこそ多くの人間の共感を得ました。

原作者こうのがこの作品でスポットを当てたのは、戦争中のひとりの普通の少女の暮らしです。主人公のすずがよくわからないまま広島市から呉市へ嫁ぎ、慣れない家事や小姑の嫌味に試行錯誤しつつ牧歌的に送る新婚生活。時代によって道具や方法に違いはあれ、それは多くの日本人に共感できるものでした。またすずの少しぼーっとした性格も好ましく、かつ戦争という大事にあまりピンとこない庶民の視点から描くのに最適だったと言えます。だからこそ、他の戦争ものとは違うリアリティをもって、読者や観客たちの心に迫ったのです。

徹底した時代考証に裏打ちされた日常描写が興味深い


出典:『この世界の片隅に』公式Twitter

とはいえ、あえて戦時中を舞台に選んでいるのですから、単なる若妻の新婚日記ではありません。戦時中は現代に比べれば物資も足りず不便なこともたくさんありました。それらを乗り切るための新米主婦なりの知恵と工夫は、知らない人間にとっては非常に興味深いものです。

こうの史代はこの作品を描くために、当時を知る人々に取材をしたのだそうです。もちろん文献もあさり、その結果漫画の中に当時の生活様式をリアルに再現しています。それらの描写は主人公と同世代の人間には懐かしくリアルに感じられるでしょうし、当時を知らない人にとってはキャラクター自体を身近に感じる手がかりとなりました。

こうののこういった作品作りの姿勢は、映画制作にも受け継がれます。

スタッフ|原作に惚れ込んだ片淵監督らのこだわり

「片隅」を表現するため「世界」にこだわった片淵須直監督


出典:『この世界の片隅に』公式Twitter

片淵須直監督は、原作とこうの史代の作品世界に惚れ込んで『この世界の片隅に』の映画化に着手したのだそうです。彼が原作に向き合いアニメ化を構想したとき、大事にすべきだと感じたのは、「世界」と「片隅」の関係だといいます。

戦争が起こっている「世界」があるからこそ、すずの生きる「片隅」がある。だから世界や戦争についても綿密な下調べをして描かなくてはならないと、片淵監督は考えたのだとか。もともと『BLACL LAGOON』で兵器オタクをうならせた彼のこと、『この世界~』では軍艦や軍用機、爆弾なども時代考証を徹底して再現しました。ほとんど背景としてしか描かれないのに、このこだわりは作品を大切にしているからこそです。こうのの作風からは考えられないこだわりポイントですが、それこそが片淵がメガホンをとった意義ではないでしょうか。

キャラクターの“生きた” 動きの秘密は夫婦の共同作業?

片淵監督がこだわったのは、軍事的な描写だけではありません。こうのが執筆時に調べた当時の風俗についても、映画で色を付け動かすにあたって納得するまで調べたのだそうです。その結果、すずらすべてのキャラクターはほんの些細な所作さえリアルで、つい見入ってしまうような愛らしさを得ました。これらを原作同様に何気なくさりげなく描き動かすのがまた、この作品のすごいところです。

もちろん、監督補と画面構成を務めた浦谷千恵の作画力もその魅力の多くを担っています。原作者のこうの曰く、つい絵の世界に入ってしまうすずのイメージに浦谷がピッタリなのだとか。初顔合わせにおいてはこうのの発言を受けて浦谷は即イメージを絵に落とし込み、かつすずの動きは半分以上を担当したということからも、その貢献度の高さは量れようというもの。しかも兵器や軍艦などの作画も得意とのことで、まさにこの人なくしてあの感動的な作画はなかったといえるでしょう。

ちなみに浦谷千恵は片淵須直の妻で、『この世界~』の映画の構想の段階から相談に乗って意見を交わしていたのだということです。