新感覚フェミニズムムービー!映画『10クローバーフィールド・レーン』を考察





2016年公開の映画『10クローバーフィールド・レーン』は予告編などのイメージと全く違う内容が話題となりました。日本語版キャッチコピー「奴らはあらゆるフォームでやってくる」の意味を考えるために、フェミニズムの観点から今作を読み解いていきたいと思います。

『クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編…?

『クローバーフィールド』シリーズとは?


10 クローバーフィールド・レーン [Blu-ray](出典:Amazon)

2007年夏、謎の映画の予告編が全米を驚かせた。NYのホームパーティをハンディカメラで撮影していると思しき映像だったが、NY全体が「何者か」からの襲撃を受ける。逃げ惑う彼らが目の当たりにしたのは、破壊された自由の女神の頭部だった…。

映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』は予告編のインパクトと、徹底した情報規制によるプロモーションで人々の好奇心を煽り、有名俳優が全く出演していないにも関わらず大ヒットを記録しました。

そして今回取り上げる『10クローバーフィールド・レーン』は、公開前の時点では前作の続編と言われていました。しかし、実際に鑑賞して分かったことは、物語的には前作と全く関係がないことです。

「ハリウッドのホラ吹き男」J・J・エイブラムスに気をつけろ!

そもそも、前作と今作とのつながりを示唆していたのは、今作では製作を担当した『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の監督、J・J・エイブラムスですが、この人は簡単に嘘をつくことで有名です。

スター・ウォーズの監督を引き受ける前、『スター・トレック』の監督を担当したエイブラムスは「僕はトレッキーだ」と発言するも(「トレッキー」とはスター・トレックの熱狂的なファンのことで、特にスター・ウォーズに敵対心を抱いていることで有名)、後にスター・ウォーズの監督を担当。更に「僕はどちらかと言うとスター・ウォーズのファンなんだ」という発言をして大バッシングを受けた過去があります。

彼はハリウッド随一のヒットメーカーですが、その発言は真に受けない方が良いでしょう。

SF映画と思いきや…緊迫のサスペンス!

SF+監禁!?新感覚サスペンス!


出典:10 クローバーフィールド・レーン公式Twitter

予告編だけ観てから鑑賞した人は違和感を覚えるかもしれません。今作の予告編やポスターのイメージでは、謎の地球外生命体が人類を襲ってきた、というような、よくありがちなSF映画の印象を受けますが、この映画ははっきり言って全編サスペンスになっています。

映画の冒頭、婚約者の元から逃げるようにして出て行ったミシェルが、交通事故に遭い、目を覚ますと密室に監禁されている状態でこの映画は始まります。謎の場所に主人公が閉じ込められるところから映画が始まるという点で、『ソウ』や『キューブ』など、一昔前の謎解き系映画のような雰囲気もあるのですが、今作が新しいのは主人公のミシェルが自力で自分に課せられている障害を解消していくところです。

アグレッシブな主人公ミシェルに注目!

主人公のミシェルは、点滴を吊るしてある竿を使って自分のスマホを取り戻したり、自身を監禁したハワードを襲うために松葉杖を尖らせたりなど、自分の道を切り開くためにありとあらゆる試行錯誤を行います。これまでのハリウッド映画においてありがちなヒロインは、主人公である男性の行動の動機になるような受動的な女性でしたが、今作はその真っ向から逆を行く女性の描き方になっています。

各シーンに垣間見える高度な演出力!

傷を縫うシーンの意味とは?

斬新な設定と新しいヒロイン像は提示されました。肝心なのは映画の中身ですが、今作の映画の演出はかなり丁寧に練り込まれている印象を受けます。具体的なシーンを取り上げて今作の演出力を見ていきましょう。

ミシェルは夕食中にハワードを攻撃してシェルターから逃げ出そうとするも、外の世界の被害者を見た彼女はシェルターの中で生活することを決意します。その後のミシェルとハワードが和解する場面ですが、ハワードがミシェルに目の上の傷を針で縫ってくれるようお願いします。このハワードの傷は、夕食時にミシェルが攻撃した時に出来た傷です。傷を縫うという行為には治療という表面的な意味だけでなく、ミシェルとハワードの関係に出来た亀裂を縫い合わせる、という意味も込められています。

また、先ほど攻撃してきた相手に針を渡すということも、ミシェルを完全に信頼していないと出来ることではありません。ハワードはミシェルを信頼して針を渡し、彼女もその信頼の証を受け取って傷を縫い、2人の関係は完全に修復された、ということを明確に表すシーンとなっています。また、ミシェルがハワードの娘のTシャツを着ているということも、2人の関係の変化を表しています。さりげない一連の演出ですが、3重にも意味が重なる見事なシーンです。