人生にガツンと来る!漫画家・安野モヨコの作品ならこれを読めTOP10





ドラマ化・映画化・アニメ化された作品もある有名漫画家のひとり・安野モヨコ。しかしそんなメディアミックスで彼女を知った気になっていてはいけません! 彼女の作品の本当の魅力は、彼女にしか描けない強いエネルギーなのです! 男も女も、今こそ安野漫画にパワーをもらってはいかがでしょうか?

第1位『ハッピーマニア』シゲカヨ旋風を起こした恋愛漫画革命


ハッピー・マニア 1巻 (FEEL COMICS)(出典:Amazon)

超恋愛体質で彼氏がいないと生きる意味すら見失う25歳のダメ女・重田加代子。しかし彼女の恋愛道は、二股にストーカー、勘違い男といつだってトラブルばかり! その最大の原因はシゲタの「男はとりあえずヤッてみないと!」という短絡的なところにあるのですが、それでも彼女は停まることはありません。ほしいのはただひとつ、心が震えるほどの幸せな愛…! それだけを求め、恋の暴走列車シゲタは今日もゆく!

少女漫画誌出身の安野モヨコが、活動の場を本格的に女性誌へと移して大ブレイクした金字塔的作品。それまでの恋愛漫画のタブーを超えた「まずはセックス!」という恋愛観が、主に20代女性の共感を集め一世を風靡しました。愛の台詞もギャグもキレッキレで、最高に脂ののっていた時代の安野モヨコ作品です。ぜひ20代のうちに読んでみてください。

第2位『さくらん』破天荒な花魁・きよ葉の強さと哀しさ


さくらん (イブニングコミックス)(出典:Amazon)

身寄りを亡くし幼いうちに遊郭へと売られた少女・きよ葉。彼女を待っていたのは一番人気で気の強い姉女郎や、逃亡を図るたびに折檻する女主人と男衆、そして遊び慣れた狸爺といった、いずれも偽りの色恋の世界でしか生きていけない人間たち。花魁の才能を持ったきよ葉は、傷つくたびに強くなり、望まぬうちに花魁街道を上りつめることとなるのでした。

蜷川実花によって映画化されましたが、むしろ映画版(特にラスト)が嫌いだという人にこそ原作を読んでほしい作品。この作品に描かれているのは夢物語のような美しさと安易なハッピーエンドではありません。あきらめたはずの幸せを何度も夢見ては裏切られ、そのたびに強くなるしかなかった女の人生です。作画も構成も無駄がなく、安野モヨコの漫画家としての底力を堪能できます。現在第1部完までが単行本化。

第3位『脂肪という名の服を着て』ダイエットに取りつかれた女!


脂肪と言う名の服を着て-完全版(出典:Amazon)

OLの“のこ”は幼少期からストレスを過食で発散し続けたためかなりの肥満で、暗い性格も相まって職場でもつまはじきにされていました。しかしそんなのこにもエリートの彼氏・斉藤は優しく、彼女にとっては唯一の安らげる相手です。しかしその斎藤を美人の同僚マユミに奪われたことから、のこはある考えに取りつかれます。「痩せれば幸せになれる」と。そんな彼女はテレクラで出会った謎の老人・藤本にもらった大金で、やせて生まれ変わることを決意しますが…。

女の美容、ことダイエットへの“執念”を描き切った怪作。ファッションや女性の美しさに強いこだわりを見せてきたそれまでの安野作品のイメージをぶち壊すような、現代の怪談です。全く美しくない主人公、造形は美しくとも心根の醜さがにじみ出た主人公の天敵、温和なエリートのはずが一変して心の闇をさらけ出す彼氏。どれもが生々しく恐ろしいのに、一度読み始めたら決して途中でやめられない中毒性があります。怖い! でも止まらない! それはまるで過食と嘔吐のように…。

第4位『花とみつばち』進め!悩め!モテたい男子よ!!


花とみつばち(1) (ヤングマガジンコミックス)(出典:Amazon)

ある日、超カワイイ女の子のりこに一目ぼれした小松ですが、彼は学校でも地味系に分類されるモテない男子。しかしモテたい気持ちは人一倍! ついに非モテを脱却しようと奮闘を始めますが、メンズエステでは美人のオニ姉妹のおもちゃにされ、クラスのイケてる女子サクラには冷静にツッコまれと、モテ道は予想以上に険しい様子。はたして小松の進む先に“モテ”はあるのでしょうか…?

『ハッピーマニア』の男版と言ってしまえばそれまでですが、実は女よりも難しいのが男のモテ道。「好き」と「モテたい」の違いすらわからないまま暴走し、いつも壁にぶち当たる小松に、心当たりのある男子も多いのでは? 女性誌から青年誌へ移ったことでギャグとスピード感がパワーアップしていて、その場その場の勢いとノリならピカイチの作品です。女子にもおすすめ。