東村アキコ『雪花の虎』ってNHK大河の『直虎』と被ってる!? 違いを考察!





2017年1月、好評だった『真田丸』のあとを受けて始まったNHK大河ドラマ『直虎』。柴咲コウが主演を務め、女城主として頑張る話…ですが、この設定を聞いて筆者はムムムとなりました。なぜなら2015年から連載中の東村アキコの『雪花の虎』と設定が被り過ぎているから!! もしかして真似したとか(疑)!? 違いを考察してみます!

どっちが先!? NHK大河『直虎』と東村アキコ『雪花の虎』


雪花の虎 1 (ビッグコミックス)(出典:Amazon)

最初に筆者の歴女度を暴露してしまうと、ほぼゼロです。高校の日本史の授業では爆睡必至でしたし、センター日本史も確かスゴイ点数でした。でも、ドラマは好きなんです!ということで、とりあえず毎年、NHKの大河が始まると内容をチェックします。

そして始まった2017NHK大河ドラマ『女城主 直虎』。主演は『信長協奏曲』の帰蝶役が凛としてカッコよかった柴咲コウ。「これは期待大だわ~」と思って観ようとして…何だか変な既視感…。

そうそう!『雪花の虎』!『東京タラレバ娘』とか『かくかくしかじか』などで有名な漫画家・東村アキコが描いた漫画と設定がそっくりではないですか!!

「え!? 一体、どっちが先?どっちが先に企画を挙げたの?」とかなり気になったので、調べてみましたが、やはり…『雪花の虎』のほうが一歩先なのか…という気がします。NHKの制作発表が行われたのが2015年の8月。『雪花の虎』の連載開始は、2015年の4月。ただ、ここから着想を得て企画を挙げるには、ちと、時間が足りないように思うので、やはり二つは全く別物ということでしょう(…ということに…)。

ちなみに「女城主」という設定が被っていることによって、『直虎』の原作が『雪花の虎』だと思っている漫画ファンも健在するよう…。まあ、そもそも『直虎』=井伊直虎で、『雪花の虎』=長尾景虎(上杉謙信)なので、人物自体、違うんですが…。

NHK大河『直虎』は大コケってホント!?

東村アキコの『雪花の虎』は、はっきり言ってメチャクチャ面白いです。2017年4月現在、既刊4巻ですが、2017年マンガ大賞の1次選考にも入っていました。そもそも東村アキコ自身が歴史はからっきしダメとのことで、歴史が苦手な人でも読めるよう、ワープゾーンを設けてみたり、最初っから「これは物語だよ」と説明して話を面白く盛ったりしているので、単純に楽しめるんです。

その一方、好調だった『真田丸』から引き継いだ『直虎』は視聴率が微妙なんだとか。筆者はどちらも読んでいる(観ている)んですが、確かにどちらが面白いかと問われれば『雪花の虎』と即答します。この面白さの違いはどこから来るのか…を検証していきたいと思います。

東村アキコの『雪花の虎』v.s.NHK大河『直虎』


雪花の虎 2 (ビッグコミックススペシャル)(出典:Amazon)

東村アキコの『雪花の虎』とNHK大河『直虎』を比較し、どちらが面白いのかを検証します。…そもそも2次元のものと3次元のものを比べるなよ…というご意見はご容赦ください。

合戦に行かない直虎v.s.男子より強い景虎

NHK大河の直虎は、合戦シーンが少なくて視聴率が低迷しているんだとする意見があります。『雪花の虎』の景虎は、幼いころから武道も学問も兄よりも秀でており、合戦にも女子である象徴の長髪を隠して参戦します。

一方の直虎は、今川に申し開きに参上する折に、野盗に襲われますが、逃げ回るだけで、結局、家臣の腕のたつものに助けられるという始末…。ここは…口だけじゃなく、実際に何もかもが男子よりも勝っており、カッコいい景虎に軍配が上がって当然ですね。