堀越二郎の声優はなぜ庵野秀明なのか?映画『風立ちぬ』を解説【後編】





『風立ちぬ』公開時最も話題となったのが、主役の声を庵野秀明が担当したということでした。なぜこのようなキャスティングになったのか、他のキャラクターの声優も紹介とともに解説していきます。ぜひ劇中の数々のシーンを思い出しながら読んでみてください。

『風立ちぬ』声優陣紹介

「タレント声優」のキャスティングが多いジブリアニメ


風立ちぬ [DVD](出典:Amazon)

普通、アニメのキャラクターの声は「声のプロ」である声優が担当するのが一般的だと考えられています。しかし、ジブリアニメに多いのは声優ではない有名人、いわゆる「タレント声優」の起用です。

有名なところで言うと、『となりのトトロ』のお父さん役にコピーライターの糸井重里、『もののけ姫』のモロ役と『ハウルの動く城』の荒地の魔女役に歌手・俳優の美輪明宏、同じく『ハウルの動く城』のハウル役にアイドルの木村拓哉、『千と千尋の神隠し』の湯婆婆・銭婆に女優の夏木マリなど、多様な有名人をキャスティングしてきました。

『風立ちぬ』の声優陣も主要キャラクターはほぼ「タレント声優」です。それでは主要キャラクターの担当を見ていきましょう。

瀧本美織(里見菜穂子役)


瀧本美織PhotoBook「いっしょに走ろっ! ! 」 (写真集)(出典:Amazon)

オーディションでヒロイン役を勝ち取ったと言われていますが、ヒロインの声優探しが難航していた際に、高畑勲が彼女を推薦した時点で、宮崎駿の中では彼女でほぼ決まっていました。オーディションでセリフを読んだ後、宮崎駿が「オッケー、これからよろしく」と即決したので、彼女は嬉しくて泣いてしまったそうです。

劇中の菜穂子は繊細でありながらも、しっかりとした芯のある女性でしたが、彼女の声の力によって菜穂子の実在感がより増していることは間違いありません。収録を終えた後、宮崎駿は「美織さんと出会えて本当に運が良かった」と言っていたそうです。

西島秀俊(本庄役)


MEN’S EX (メンズ・イーエックス) 2017年 5月号 [雑誌](出典:Amazon)

今作における「イケメン担当」、本庄役を演じたのは俳優の西島秀俊。イケメンでありながらもどこか無機質な雰囲気もある役者ですが、飛行機作りに対して熱い情熱を持っている本庄を見事に演じていました。

スティーブン・アルパート(カストルプ役)

ジブリアニメの声を俳優が担当することはよくありますが、謎のスパイ・カストルプ役に至っては完全に素人のスティーブン・アルパートが担当しました。彼はかつてスタジオジブリ海外事業部取締役を務め、ジブリ作品を海外に広めることに尽力した人物です。宮崎駿が海外に行く際には必ず同行し、いつしか2人の間には深い絆ができたそうです。

2011年に彼がジブリを退社する際に、宮崎駿は彼の似顔絵を描こうとしたのですが、完成が間に合わず、似顔絵を受け取ることなく彼は帰国してしまいます。当時果たせなかった約束を、今作中の「カストルプ」というキャラクターで登場させることによって果たし、声もアルパート本人が担当しました。

劇中でもカストルプは軽井沢で二郎と親しくなりながらも、唐突に彼の元を去っていきます。

野村萬斎(カプローニ役)

狂言師としてのみならず、俳優としても評価の高い野村萬斎が演じるのは、物語の鍵となる人物カプローニ。前回の解説で「カプローニはメフィストフェレス(悪魔)」と書きましたが、飛行機作りの素晴らしさを二郎に吹き込むように、高揚感に満ちた声でカプローニの悪魔性を表現していました。

野村萬斎は、2010年に蜷川幸雄演出の舞台『ファウストの悲劇』で主演のファウスト博士を演じており、メフィストフェレスに対する理解があった上でのキャスティングのようにも考えられます。

野村萬斎と言えば、昨年は『シン・ゴジラ』でのモーションアクターとしてのゴジラの演技が話題になりました。陰陽師に悪魔に怪獣と、人ならざるものの役が多い気が…。

堀越二郎役はなぜ庵野秀明なのか?

庵野秀明(堀越二郎役)

劇中、もっとも謎だったのは主人公の声を庵野秀明が演じているということではないでしょうか。実際、筆者も初見時にはこのキャスティングがノイズになって映画の内容が頭に入ってこなかったです。なぜ声優としての演技経験が全くない庵野秀明がキャスティングされたのでしょうか?