徹底検証!マンガ大賞2017受賞作『響~小説家になる方法~』は面白くない!?





出版社のしがらみにとらわれず、ホントに面白い作品が選ばれると毎年話題のマンガ大賞。今年は、数々の話題作をおさえて『ビッグコミックスペリオール』で連載中の柳本光晴による『響~小説家になる方法~』が大賞受賞!でも、Twitter上には「面白くない」との声も…!? 果たして『響』は面白いのか、面白くないのか検証してみました。

漫画『響~小説家になる方法~』とは?


出典:響公式Twitter

まずは、漫画『響~小説家になる方法~』とはいったい誰が描いたもので、どんな内容の漫画なのかをおさえておきましょう。

漫画『響~小説家になる方法~』を描いたのはほぼほぼ新人漫画家!

『響~小説家になる方法~』は、2014年から小学館『ビッグコミックスぺリール』にて連載されている漫画で、作者は柳本光晴。柳本は、同人誌出身の漫画家であり、短期連載集中作品『女の子が死ぬ話』で有名ですが、本格的な連載漫画は本作が初。

しかし、その才能に惚れ込んだ小学館『ビッグコミックスペリオール』の編集担当者が、口説き落として『響~小説家になる方法~』の連載が開始されることになったのだそう。

漫画『響~小説家になる方法~』の内容は?

気になる内容ですが、一言でいうと「文学界に彗星のごとく登場した圧倒的な天才」を描いた作品。主人公の響は高校1年生ですが、他の誰にも真似できない、それこそ数十年に一人というレベルの文才を持つという設定です。

そんな響は、天才ゆえに…なのか、周囲に同調することなく、長いものに巻かれることなど決してなく、自分なりの尺度を持ち、周囲と関わっていきます。その姿は私たちの目に、ある時は狂気に映り、ある時は痛快に映ります。

2017マンガ大賞を獲る!

『響~小説家になる方法~』は、2017年4月現在6巻まで刊行されています。マンガ大賞にノミネートされた時点では5巻まで刊行されていました。その他にノミネートされていたのは、東村アキコ『東京タラレバ娘』、九井 諒子『ダンジョン飯』、小林有吾『アオアシ』、沙村広明『波よ聞いてくれ』など計13作品。有力作品が多数ある中、受賞したのは『響~小説家になる方法~』でした。

2017マンガ大賞を獲った『響』みんなの反応は?


響~小説家になる方法~ 1 (出典:Amazon)

マンガ大賞は、「友達に勧めたくなる漫画を選ぶこと」をコンセプトとしており、そこには出版社の変なしがらみや大人の思惑が絡まず、読者にとって「本当におもしろい漫画」を大賞に選ぶことから、注目度の高い漫画賞。筆者も毎年、かなり楽しみに結果を待っているクチで、ノミネート作もなるべく全部読んでみようと思うほど。

2008年の第1回から2016年の第9回まで、大賞受賞作の中で「面白くない」作品は一つもない思います。しかし!2017年の『響~小説家になる方法~』に関しては、「受賞は意外」とする声がチラホラと聞かれます。

たまたま筆者は受賞前から何となく気になってツタヤレンタルで読んでいましたが、まさか受賞するとは思っていませんでした。どちらかと言えば、マイナーな漫画という印象が強く…。なんせ、『響』はレンタル本もうちの近所のツタヤでは1冊ずつしか置いていないという低評価。ちなみに近所のゲオには1冊も置いていなかった…という…。

面白くない派の意見をまとめてみた


響~小説家になる方法~ 2 (出典:Amazon)

それではここからいよいよ、漫画『響~小説家になる方法~』はホントに面白くないのか、をみんなの声から検証したいと思います。ちなみに、筆者の判定は「まあ、面白い…というか、だんだん面白くなってきてる!?」です。なので、面白くない派の意見を真っ向から否定していきたいと思います!

面白くない派意見①天才っぷりが伝わってこない


響~小説家になる方法~ 3 (出典:Amazon)

今回はTwitterから意見を挙げていますが、例えばAmazonなどのレビューを読むと、けっこう辛辣な意見もあります(※2017年4月現在、1巻のレビューで63名回答の☆3.1)。マンガ大賞を獲った作品にしては、評価低すぎ…と思うのですが、その第一の理由がコレッ!

「主人公・響の天才っぷりがあまり伝わってこないけど…!?」

本作の中で主人公・響は、高校一年生でありながら芥川賞と直木賞をW受賞しちゃうぐらいの圧倒的な文才を持っている少女として描かれています。が!肝心の響が書いたとされる小説『御伽の庭』の内容が不明なまま、物語が進んでいくのです。

響の小説が漫画の中に全く登場しないため、周辺のキャラが「響ってスゴイ・天才」という評価を下す場面を読んで、「響ってすごいんだね。天才なんだね」と読者は理解するわけです。それは例えば、『のだめカンタービレ』や『ピアノの森』、『四月は君の嘘』、『BLUE GIANT』などの音楽漫画などで、音が聴こえてこないのに、まるで聴こえてくるような感覚を覚えるのと似ているでしょうか。