RADWIMPSの劇中歌4曲が『君の名は。』の物語を牽引!その魅力に迫る





新海誠監督作品『君の名は。』は、今までにないアニメーション映画として注目されました。その唯一無二ぶりは、劇中で使われる音楽にもあらわれています。本作の主題歌・劇中歌は全てRADWIMPSが担当していますが、RADの楽曲は既存の“劇中歌”という概念にとらわれない、画期的な使われ方をしているのです!

新海監督がRADに楽曲を依頼したタイミングが鍵!


出典:映画『君の名は。』公式Twitter

『君の名は。』の主題歌と映画内で使われる劇中歌は全てRADWIMPSが担当しています。まずは、どういう経緯でRADが本作の劇中歌のオファーを受けるに至ったのかをまとめます。

新海監督がRADの大ファンだった!

昔から新海監督はRADのファンだったそうで、劇中歌を誰にお願いするかとなったときに監督が真っ先に名前を挙げたのがRADだったそう。監督自身もまさか実現するとは思わなかったという奇跡のコラボ!2016年秋公開の『君の名は。』ですが、2014年秋には既にRADに主題歌のオファーをかけていたそうです。

新海監督がRADを最大限に利用!?

公開2年前に主題歌を依頼とは、ちょっと早すぎるタイミング。なぜこんなに早いタイミングでの依頼になったのかというと、監督の中に、RADの歌詞を映画の中に取り入れていこうという意図があったからとのこと。

つまり、『君の名は。』の世界観は、新海監督のみが作り上げたものではなく、RADの野田洋次郎が作り上げる歌詞の世界観が多いに反映されたもの、ということなのです!

そこで今回は、RADが『君の名は。』に提供した主題歌を含む劇中歌4曲の歌詞に注目して内容を考察していきます。

劇中歌1┃主題歌『前前前世』

前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

「君の前前前世から僕は君を探し始めたよ」という力強い歌詞が印象的な主題歌『前前前世』から考察していきます!

『前前前世』歌詞の世界観=『君の名は。』

歌詞の中には、すれ違う二人がお互いのことを探し求める姿や、「光年」「宇宙」「時」「銀河」などティアマト彗星を彷彿とさせる内容や、「君は僕から諦め方を奪い取ったの」など瀧が三葉のことをあきらめずに救出する姿とリンクするような内容があります。

もうこれは、『君の名は。』の主軸と『前前前世』の世界観がリンクしまくっています。リンクというよりイコールといったほうがいいかもしれませんね。

サントラ歌詞と映画内で流れる歌詞が違う!?


君の名は。(通常盤)(出典:Amazon)

『君の名は。』にはサウンドトラックが出ています。筆者ももちろん購入済みですが、『前前前世』は映画の中で使われていた歌詞(original ver.)とこのサントラに入っている歌詞(movie ver.)とが微妙に異なります。実は映画の中で使われた方は下記の歌詞が追加されています。

【映画内の歌詞original ver.】

私たち越えれるかな この先の未来数えきれぬ困難を
言ったろう 二人なら 笑って返り討ちにきっと出来るさ
君以外の武器は他にはいらないんだ

(RADWIMPS / 『前前前世 original ver.』より歌詞引用)

この歌詞、映画の中ではかなり目立つ場面で使われています。しかしサントラでは、映画内で使われていた上記の歌詞が全く存在しません。そのため、映画を観た後サントラを購入した人たちから「歌詞が違う!」と話題になりました。

もともと、この歌詞は映画に入る予定ではなく、RADが自分たちのアルバム用にと歌詞を書き足したのを新海監督が目ざとく見つけ、「ぜひ映画の中で使用したい」ということで使われることになったというのが事の顛末のようです。

つまり、2016年11月に発売されたRADのアルバム『人間開花』に収められている『前前前世original ver.』では映画内で使われていた歌詞が存在するということです!気になる方はぜひ聴いてみてください!


人間開花(通常盤)(出典:Amazon)