意外と批判も多い?『パッセンジャー』を観た感想と賛否の理由を考察





公開前は「宇宙版タイタニック」という売り文句や期待に胸踊る予告で注目を集めていた今作。でも蓋を開けてみると、ストーリー展開や主人公の行動に対する批判が意外と多かったり・・・。今回は、そんな批判の的になっている要素を踏まえつつ、実際に観た感想をまとめていきます。

人生に潜む岐路を広大な宇宙で描く


出典:ソニー・ピクチャーズ‏公式Twitter

今作の舞台設定は、移住可能な惑星が発見された近未来(今からおよそ400年後とのこと)。
120年をかけて移住先に向かう宇宙船の中で、主人公のジムだけが人工冬眠ポッドの故障で90年も早く目覚めてしまう・・・という物語。他の乗客が目覚めるのは90年後、つまりジムは永遠の孤独を味わうことになるのですが、この映画の見所はこの後のジムの行動です。

絶望の淵に立った時、人はどのような行動を取るのかという部分がしっかりと描かれているように感じました(劇中ではガスが「溺れる者は誰かの手にすがりたくなる」なんて表現をしていました)。

広大な宇宙を舞台にしながらも、人生の岐路に立たされた人間の葛藤にフォーカスするという、悪く言えばハリウッドの常套手段、良く言えば物語構成のお手本のような作品でした。

その後もジムは数々の選択を迫られることになるわけですが、その度に彼は成長していきます。あの宇宙船アヴァロン号の中に人生を凝縮させて描いています。それはヒロインであるオーロラに関しても同じです。ジムによって強制的に起こされてしまった彼女(最初はその事実を知らない)もまた、数々の選択を迫られ、その度に抗い、受け入れ、成長していきます。

2人の男女がどのように運命と向き合うのか。それこそが今作の最大のテーマではないでしょうか。

高く評価された造形美と批判の的になったジムの行動

美術監督によるこだわりのデザインがSF好きにはたまらない


出典:ソニー・ピクチャーズ‏公式Twitter

今作では冒頭から宇宙船の洗練された造形に目を惹かれます。重力を生み出しつつも美しさを損なわないあの構造。SFモノがすきな方にはたまらないはずです。

美術監督を務めたのは、『インセプション』でアカデミー賞にノミネートされた経験を持つガイ・ヘンドリックス・ディアス。今作では400年先の美学を想定して挑んだとのことですが、400年先の美学・・・とても想像が及びません。

船内も、物語や登場人物の感情に沿った造りにしているそうで、孤独感が際立つものとなっています。また、流線型や円を積極的に用いていて、観客が常に視線を動かす仕組みになっているそうです。無機質でありながらも、シーンが変わるごとに違った印象を与える美術セットはまさに製作陣の作戦勝ち。

あの空間でたまに出てくる草木や花も、地球が持つ生命力を感じさせ、閉塞感と開放感を同時に味わえる不思議な体験ができました。

ジムの行動を正否だけで判断できるか?


出典:ソニー・ピクチャーズ‏公式Twitter

さて、この話題を避けては『パッセンジャー』を語れません。何よりも否定派の批判の的になっているジムの行動です。

宇宙船の中で孤独に死を迎えなければいけないことを知った彼は、人工冬眠ポッドで眠るオーロラ(『眠れる森の美女』のオーロラ姫から引用するという強引技!)に一目惚れ。恐らく、一目惚れのレベルだったらまだ我慢できたはずなんです、ジムも。でも、乗客に向けて撮影していた、オーロラの自己紹介を含めたインタビュー映像を見てしまい、あまりに魅力的な彼女にどんどん惚れていく。

他にやることのない彼はオーロラのことが頭から離れなくなり、さらには人工冬眠ポッドをいじれば強制的に起こすことができると知ってしまいます(このあたりから技術者という設定が活きてくる)。

ここで筆者は、自分の立場に置き換えて考えました。いえ考えさせられました。1年以上をたった一人で過ごし、これから先も孤独に耐えながら死を迎えなければならないという状況下で理想の女性を見つけてしまったらどうするか?

・・・起こすという結論に達しました。しかしこれはあくまで筆者の主観で、「ジム最低!」「倫理的に間違っていて感情移入できない」という方もたくさんいたようです。

しかし、自分がその状況に立たされた時、本当に正否だけで判断できるのか?という疑問は捨てきれません。主人公が欲望に負ける姿をあえて描き、その後の展開や成長に焦点を当てていたのは印象が良かったです。